ナスの簡単お弁当レシピ!ナスが苦手な子供でも食べられるおかず

小さいお子様の中には、ナスがちょっと苦手…というお子様もいます。お弁当にナスを使いたい時には、上手にナス感をカモフラージュして、食べやすくするのがおすすめです。
そこで、子供も喜ぶナスを使った簡単お弁当レシピをご紹介します。お子様の好きな味付けや、好きな食材をプラスして食べやすくしてみました。
また、お子様のお弁当作りのポイントや、適切な量についてもご紹介していきます。

関連のおすすめ記事

豚バラを使ったお弁当に入れたいおかずレシピ【冷凍保存OK】

毎日のお弁当作りに、冷凍しておけるおかずがあると、お弁当作りが楽になります。育ち盛りのお子様や、...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

冷凍のエビピラフはお弁当に便利!使い方と合うおかずを紹介

冷凍のエビピラフをお弁当に入れるときに少しアレンジしたいと思ったらこんな方法はいかがでしょうか?...

ナスと豚バラ肉の最強レシピ集。作り置きやお弁当にもおすすめ

夏に美味しい野菜といえばナスがあります。価格も下がる時期なので手軽に食べたいですね。ナスと相...

野菜の副菜レシピ。お弁当に入れたい冷凍保存OKおかず

お弁当作りのために、毎日早起きをしているという方も多いと思います。お弁当用のおかずは、作って冷凍して...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

【お弁当箱の選び方】子供にアルミのお弁当がおすすめな理由

幼稚園や保育園の入園準備の一つに弁当箱選びあります。子供が好きなお弁当箱を選ぶのも良いですが、使...

丼物弁当なら簡単美味しい!おすすめレシピや時短のコツを紹介

丼物のお弁当なら忙しい朝でも簡単に作ることができます。ご飯がすすむ具材をのせるだけでも丼物弁当は...

冷凍ぶどうをお弁当に!お弁当に向いている果物や理由をご紹介

様々な種類の冷凍フルーツを、スーパーなどでよく見かけます。しかし冷凍フルーツは、解凍されると同時に水...

豚丼弁当は満足感あり!作り方のコツやおすすめレシピを紹介

豚丼は時間がないときでも簡単に作れるのでお弁当にも最適です。豚丼弁当なら満足感もあるので、お子様...

【ナスのおかず】弁当レシピにぴったりレンジで作る簡単おかず

毎日のお弁当作りには、いつもどれくらいの時間を掛けていますか?朝の忙しい時間には、お弁当作りを少しで...

お弁当の詰め方に迷う人必見、おしゃれで美味しく見える詰め方

お弁当用の美味しいおかずができても詰め方がヘタで、いつも見栄えゼロのおしゃれとは程遠いお弁当に仕上が...

丼もののお弁当レシピ!簡単・美味しい丼弁当の作り方とコツを

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変。色々なおかずを作り、それを詰める工程に悪戦苦闘してる人もいるので...

冷凍ご飯を自然解凍で美味しく食べるには?お弁当のご飯

冷凍ご飯を自然解凍してお弁当に入れたら、保冷剤のようになって丁度いいのでは?冷凍ご飯は自然解...

お弁当に子供も食べやすいケチャップ味のナスのチーズ焼き

子供が嫌いな野菜として、常に上位に名前が挙がってしまうのが「ナス」です。

ナスは食物繊維が豊富で体を冷やす効果もあるので、暑い夏などはナスを使った料理がおすすめです。

ナスが嫌いな子供でも喜んで食べてくれるようにするためには、子供が好きな食材とナスを組み合わせるのがおすすめです。

子供が大好きなチーズとケチャップを使って、お弁当に入れられるナス料理を作ってみましょう。

【ナスのケチャチーズ焼き】

【材料】

  • ナス 1本
  • ケチャップ 適量
  • とろけるチーズ 適量
  • オリーブオイル 大さじ1

【作り方】

  1. ナスはヘタをとってから輪切りにします。
  2. フライパンを熱しオリーブオイルをひいて、中火でナスを炒めます。
  3. ナスに焼き色が付いたら、ひっくり返して裏側も焼きます。
  4. 両面に焼き色が付いたら、お弁当用のアルミカップに3個ずつのせます。
  5. ナスの上にケチャップととろけるチーズをかけ、トースターに入れます。
  6. チーズがとろけるくらいまで焼いたら完成です。

子供の大好きな肉団子とナスを使ったお弁当のおかず

お弁当作りには、冷凍食品があると大変便利です。

冷凍の肉団子とナスを合わせて、美味しい甘酢あんかけを作ってみましょう。

甘くて食べやすく、ナスが嫌いな子供でも喜んで食べてもらえます。

【肉団子とナスの甘酢あんかけ】

【材料】

  • ナス 3本
  • 玉ネギ 2分の1個
  • 冷凍肉団子 250グラム
  • ごま油 大さじ1
  • ケチャップ 大さじ3
  • 砂糖 大さじ3
  • 酢 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 片栗粉 小さじ1

【作り方】

  1. ナスと玉ネギを大きめの一口大に切ります。
  2. ケチャップ、砂糖、酢、醤油、片栗粉を混ぜ合わせて甘酢あんかけの素を作っておきます。
  3. フライパンを中火で熱し、ごま油をひいたらナス、玉ネギ、冷凍肉団子を炒めます。
  4. 全体的に火が通ったら、火を弱めて甘酢あんかけの素を回し入れます。
  5. 全体に味がよく絡んでとろみが出たら完成です。

可愛いピックで子供も大喜び!お弁当におすすめナスのベーコン巻き

子供のお弁当を作る時、味も大切ですが見た目もとっても大切です。

可愛い見た目のお弁当は、子供の食欲を増進させ、たとえ嫌いな野菜でも張り切って食べてくれる事もあります。

お弁当用の可愛いピックを使って、ナスとベーコンの巻物を作ってみましょう。

【ナスとベーコンも巻物】

【材料】

  • ナス 1本
  • ベーコン 4枚
  • 大葉 2枚
  • プチトマト 4個
  • 枝豆 4粒

【作り方】

  1. ナスは5ミリ程度の厚さでななめ切りにして、水にさらしてアク抜きをします。
  2. フライパンを中火で熱し、薄く油をひいたらナスを両面焼いて取り出します。
  3. ナスを焼いたフライパンで、今度はベーコンを両面焼いて取り出します。
  4. ベーコン、ナス、半分に切った大葉の順番で乗せ、クルクルと巻いていきます。
  5. お弁当用のピックにプチトマトを刺し、次に4で作ったナスベーコンを刺し、最後に枝豆を1粒刺したら完成です。

子供のお弁当作りのポイント

幼稚園に通う子供がいる場合、毎日のお弁当作りが欠かせません。

幼稚園ではお弁当を食べる時間が決められていて、慣れない環境の中子供が一人で食べるので、普段よりも食べるのに時間がかかってしまう場合があります。

いつもたくさん食べるからとお弁当の量を多くしてしまうと、食べきれずに困ってしまうかもしれません。特にまだ幼稚園に通い始めたばかりで慣れていない場合は、いつもの食事よりも少ない量でお弁当を作ってあげましょう。

苦手な食材や食べ方の難しいものは避けるようにして、時間内で全部食べきれるようなお弁当を作ってあげる事が大切です。

箸やフォークをまだ上手に使えない事もあるので、おにぎりやサンドイッチなど主食は手づかみで食べれる物を入れてあげると良いでしょう。

おかずやおにぎりを小さめに作ってあげると、食べやすくて子供が喜びます。幼稚園に慣れてくると、お弁当を食べる量も増えてきて、帰ってきてから「おなかすいた」と言うようになるかもしれません。子供の様子を見ながら、お弁当の量を調節してあげると良いでしょう。

子供が喜ぶ彩りの良いお弁当を作るコツ

お弁当は、見た目の彩りがとても大切です。

彩が良ければ食欲が増し、子供も喜んで食べてくれるでしょう。

お弁当に彩を添えてくれるのが「野菜」ですが、野菜が苦手という子供も多いはず。

野菜が苦手な子供のお弁当に無理に野菜を入れてしまうと、お弁当が嫌いになり、幼稚園に行きたがらなくなってしまう可能性もあります。

好き嫌いをなくす事も大切ですが、まずは楽しくお弁当を食べて、楽しく幼稚園に通えるようになる事が大切です。野菜で彩が足せない場合は、カラフルなお弁当カップや可愛いお弁当ピックで見た目を華やかにしてあげましょう。

おにぎりを包むアルミホイルを可愛い柄付きのものにするだけでも、見た目が華やかになります。

リンゴやミカンなどの果物を入れる事でも彩がプラスされます。

野菜がどうしても食べられないという子供には、果物を入れてあげると体にも良いでしょう。

白いご飯にふりかけをかけるだけでも、カラフルに仕上げる事ができます。