キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚ひき肉を使ったお弁当で人気のものについて知りたい

豚ひき肉は安くて美味しいのでお弁当の材料としても人気ですよね。
しかし、自分の知っているレシピの数が少ないと、いつも同じになってしまいます。
そんな時はさまざまな調理パターンと、合わせる食材の種類を知るとレシピの幅を広げるのに大いに役立ちます。
ここではお弁当のおかずになる人気の豚ひき肉料理についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

冷凍おかずでお弁当作りを簡単に!野菜を使ったおかずのレシピ

忙しい朝のお弁当作りに毎日悪戦苦闘している人もいるのではないでしょうか。朝からバタバタするのではなく...

野菜で作るお弁当におすすめの簡単美味しい作り置きレシピ

毎日のお弁当作りのために、おかずを作り置きをしている方も多いと思います。どうしても茶色っぽくなりがち...

唐揚げを弁当向けにアレンジするレシピをご紹介

唐揚げは大量に作っても、きちんと保存をして、温め直せば次の日も食べることが出来ます。 そのため、お...

肉じゃがをお弁当のおかずに!前日の肉じゃがを入れるコツ

前日に作った肉じゃがを、翌朝のお弁当のおかずの一品にしてみませんか? お弁当のおかずとして使いたい...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

なすの美味しいお弁当おかず!簡単にできるなす料理をご紹介

毎日の食事の献立に加えて、お弁当のおかず!いつも同じになってしまわないように注意はするものの、ついつ...

冷凍保存もできるパスタレシピ!お弁当に便利な冷凍作り置き

お弁当にスパゲッティを入れたいという時には、朝にパスタを茹でる手順から始めるのは大変です。そんな時に...

弁当におすすめの副菜・簡単にできるメニューと副菜作りのコツ

毎日の弁当作りで困ることの一つに、「メニューを考える」というものがあります。メインのメニューはすぐに...

唐揚げは丼弁当がおすすめ!簡単アレンジのコツやレシピを紹介

唐揚げを丼にしたお弁当はボリュームもあって、子供にも大人にも人気があります。 揚げた唐揚げを乗っけ...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

豚肉とピーマンを使ったお弁当におすすめの簡単メニューをご紹介

豚肉とピーマンは相性抜群ですが、お弁当のおかずにするとなると味付けをどうしようか悩んでしまう人もいる...

豚ひき肉のお弁当簡単レシピ!時短で美味しいおかず

豚ひき肉は、お弁当作りにとても便利な食材です。火の通りが早いので、朝の忙しい時間にも調理をしやすく、...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

冷凍を便利に活用!卵焼きを美味しく冷凍・解凍してお弁当にイン

忙しい朝のお弁当作りにストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。お弁当の定番メニューの卵焼き...

豚ひき肉を使った人気のお弁当のおかずと言えばハンバーグ

豚肉をミンチ状にした豚ひき肉は、料理に加えるとボリュームや旨味も出て、なおかつリーズナブルに買えるというのは、嬉しいメリットですよね。

たくさんの種類の中でも豚肉は、様々な調理方法があり、扱いやすく癖のない味が特徴で幅広い年代の人が好きなお肉のひとつではないでしょうか。

人気のハンバーグをお子さんのお弁当に

豚ひき肉を使ったおかずの中でも人気が高いのは、「ハンバーグ」です。

ハンバーグは、牛と豚の合挽き肉を使って作る方法もメジャーですが、豚ひき肉だけでも旨味のあるハンバーグになります。

ハンバーグと言えば、中に入る野菜には玉ねぎが一般的ですが、この他にも人参や椎茸、ひじきなども豚ひき肉によく合うので、野菜が苦手なお子さんのお弁当には栄養バランスを考えて入れてあげたいところですね。

豚ひき肉で作るつくねのお弁当も人気です

甘辛いタレで焼いたつくねは、子供から大人まで好きな人の多いおかずではないでしょうか。

ご飯も進み、食べやすい大きさも人気の理由です。

食べやすいつくねはお弁当の主役になるおかず

豚ひき肉に、卵と片栗粉、調味料を混ぜ合わせ、一口大に丸めて焼くだけなので、びっくりするほど簡単に作れてしまいます。

材料を混ぜ合わせる時は、ビニール袋を使ってその中で混ぜるようにすれば、手も調理器具も汚すことなく作れます。
生姜のすりおろしを加えると豚ひき肉の臭みが消えます。

つくねは味噌味や醤油味も良いがおすすめは「照り焼き味」

甘辛ダレで味付けすることで、ご飯が進むおかずになりますよ。

お子さんのお弁当のおかずとして入れる時には、一口くらいで食べられる大きさにして、可愛いピックなどで飾り付けると、インパクトのあるメインおかずになります。

お弁当に入れやすくて人気な豚ひき肉のミートボール

ソースで煮込むミートボールもお弁当におすすめ

甘めのタレで煮込んだミートボールも、おかずの中で大好物というお子さんも多いものです。

つくねとミートボールの作り方はほぼ同じですが、しいて言えばつくねが和風でミートボールが洋風と言ったところでしょうか。

つくねは、フライパンで焼いて仕上げます
が、ミートボールはソースで煮込むという方法で作るという違いもあります。

ミートボールは、ケチャップやウスターソースを使って甘めのソースを作り、そのソースでじっくり煮込むことで、中まで味が染み込んだ美味しいミートボールになります。

お弁当に入れる際にミートボールの汁気が気になるという人は、片栗粉をソースに入れてあん状にしたり、あえてソースで煮込まずにミートボールを焼いてからケチャップなどをかけるという方法もおすすめです。

ミートボールを多めに作っておき、晩ごはんの材料にすれば作りすぎても無駄にならず、便利です。

簡単で美味しいお弁当の人気者、豚ひき肉のそぼろ

豚ひき肉を使ったそぼろもアレンジ自在で人気

そぼろご飯が大好きというお子さんもたくさんいるでしょう。

我が家の5歳の子供も、そぼろご飯だとおかわりをするくらい、大好物のおかずです。

鶏ひき肉を使ったあっさり味のそぼろも良いですが、豚ひき肉を使ってもコクや旨味のあるそぼろが作れます。

豚肉の脂身が気になるという場合は、豚ひき肉に熱湯を回しかけて水切りすると、余分な脂身を取ってヘルシーに作ることが出来ますよ。

醤油やみりん、料理酒でオーソドックスなそぼろになりますし、カレー粉を使えばカレー風味のそぼろになります。

卵やほうれんそう、枝豆と合わせて、栄養バランスの取れた彩りの良いお弁当にしてあげたいですね。

豚ひき肉と野菜の相性バッチリなお弁当のおかず

野菜の形を使って、中にひき肉を詰めて調理する作り方も、肉と野菜を同時に摂れるので、お弁当には入れたいおかずのひとつです。

野菜にひき肉を詰めた栄養たっぷりおかず

作りやすい野菜の代表が「ピーマン」です。

ピーマンは、半分に切り、中のタネを取れば、皮が容器代わりになるスグレモノです。

ピーマンにはビタミンなどの栄養素が豊富ですし、肉を入れることでピーマンが苦手でも単体で食べるよりすんなり食べられるというメリットもあります。

同じように、椎茸も傘の部分にひき肉を詰めて焼くことが出来ます。

タレで味付けすることで、お子さんでも美味しく食べることが出来ますね。

豚ひき肉のはさみ揚げでボリュームたっぷりのおかず

豚ひき肉は、そのままでも美味しく食べることが出来ますが、他のおかずと合わせることによってその素材の味を引き出したりも出来るなど、メイン・サブの使い分けができる材料です。

リーズナブルで手に入るというのも、家計を握る主婦にとっては強い味方になります。

ナスやれんこんなどを厚めに切り、真ん中あたりに切り込みを入れ、そこに豚ひき肉を入れて油で揚げるとボリューム満点の豚ひき肉はさみ揚げのおかずになります。

お弁当のおかずばかりではなく、食卓のおかずとしても美味しい豚ひき肉のはさみ揚げ。
味付けによって、バリエーションを楽しんでみるのもおすすめです。