キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍食品の野菜を使ったお弁当に入れたい簡単おかずレシピ

冷凍食品はたまに買うことがあっても、冷凍野菜はあまり使ったことがないという方も多いのではないでしょうか?実は冷凍野菜は、忙しい朝のお弁当作りに、とっても便利な食材なんです。
そこで、冷凍食品の野菜を使った、お弁当におすすめの簡単おかずレシピをご紹介します。お弁当作りは、少しでも短時間で作りたいと思うもの。冷凍野菜をお弁当作りに上手に取り入れて、忙しい朝を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

豚肉で作るお弁当に入れたいおかず。簡単美味しいパパっとレシピ

毎日のお弁当作りは、ついついおかずも似たようなものになってしまいます。忙しい朝の時間には、なるべ...

豚バラを使って作り置き!お弁当に使える簡単料理を紹介します

お弁当に使いやすい豚バラは作り置きしておけば忙しい朝にも入れやすい!固くなりにくい豚バラですが油...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。 し...

弁当に入れたい作り置き野菜・常備菜のおいしいレシピを紹介

弁当を作っていると、あと一品に悩むこともあります。「この隙間を埋めるには何を入れれば良いのだろう」そ...

お弁当の詰め方に迷う人必見、おしゃれで美味しく見える詰め方

お弁当用の美味しいおかずができても詰め方がヘタで、いつも見栄えゼロのおしゃれとは程遠いお弁当に仕上が...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。 その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

弁当は「丼」がおすすめ!丼のメリットと簡単・美味しい作り方

毎朝の弁当作りに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。忙しい朝のお弁当作りを時短したい人にお...

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか? お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだ...

冷凍ご飯をお弁当に活用!チャーハンが向いている理由と注意点

ご飯が余るともったいないと冷凍庫へ。そんな冷凍ご飯の在庫が増え、余ってしまうことありますよね。しかし...

野菜の作り置きおかず。お弁当に入れたい彩り野菜おかずレシピ

毎日のお弁当作りのために、早起きをしている方も多いと思います。忙しい朝は、お弁当作りもなるべく短...

豚ひき肉のお弁当簡単レシピ!時短で美味しいおかず

豚ひき肉は、お弁当作りにとても便利な食材です。火の通りが早いので、朝の忙しい時間にも調理をしやすく、...

ナスのチーズ焼きはお弁当にピッタリ!アレンジ方法を紹介

ナスのチーズ焼きをお弁当に入れたい!レンジやトースターでも簡単に作ることのできるので忙しい朝にもピッ...

お弁当の作り方【初心者向け】お弁当作りの基本の知識を紹介

これから毎日の昼食に手作りのお弁当を作って持参しようと考えている人の中には、お弁当の基本の作り方を知...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

スポンサーリンク

お弁当に冷凍食品の野菜を使うメリット

お弁当は少しずつたくさんの品数が必要なので、毎日作るのはとても大変ですよね。
そんな時に役立てて欲しいのが、冷凍食品の野菜です。お弁当用に冷凍食品を買う方は結構いらっしゃると思いますが、唐揚げやハンバーグ、コロッケやちくわの磯辺揚げ、和風の煮物など、すでに出来上がっているメインや副菜の冷凍食品を買うことが多いのではありませんか?

これらの冷凍食品はとても便利ですが、メインや副菜の冷凍食品だけでお弁当を作るのは高くついてしまいますし、野菜のメニューが少ないのも気になるところです。

手頃な値段や使いまわしを優先するなら、野菜の冷凍食品がおすすめですよ。

いろいろなメニューに使えますし、栄養バランスや彩りも良くなります。

また、冷凍されているので生の野菜よりも長く保存できますし、カット済みなので調理の時短につながるところも主婦にとっては嬉しいメリットですよね。

冷凍食品の野菜で作る簡単お弁当おかず

冷凍食品の野菜の定番と言えば、ほうれん草

解凍しておひたしとして使っている方も多いと思います。もちろんそのままでもOKですが、少し手を加えると更に美味しくなりますよ。

簡単にアレンジするなら、ナムルがおすすめです。

解凍したほうれん草に、鶏ガラスープの素とごま油を少量まぶすだけで完成です。
塩気はお好みで塩や醤油で調整してくださいね。
白ごまをふってお弁当に詰めれば、彩りもぐっと良くなりますよ。

ナムルだけでは物足りないという時には、缶詰のツナを少し追加するのものおすすめです。
ツナが加わることで一気に食べごたえのある副菜になりますよ。

また、この味付けはほうれん草以外の野菜でも美味しくいただける、万能な味付けです。
ブロッコリーやいんげんなどでも美味しいので、是非試してくださいね。

冷凍食品の野菜はお弁当の彩りもプラス、簡単レシピ

冷凍食品の野菜を弁当に使う時には、簡単に作れるレシピであることはもちろん大切ですが、彩りも大切ですよね。

「緑」はお弁当ではとても重宝する色ですから、先程ご紹介したほうれん草やいんげん、ブロッコリーはとてもおすすめです。

さて、緑以外の色合いも欲しいと思った時におすすめなのが、かぼちゃやナスです。
これらも冷凍食品コーナーでよく見かけますよね。
かぼちゃはカットされているだけの状態で、ナスは揚げナスになっていることが多いです。

かぼちゃは電子レンジを使うと簡単に火を通すことができますよ。
そのままでは少し大きめなので、炒めものならもう少し小さくカットして使うのがおすすめです。
ウィンナーと炒めてソースで味付けする副菜は、我が家で人気のおかずです。

ナスは揚げナスになっているものを使えば、温めるだけOKなのでとても手軽です。
いんげんやほうれん草のように和えるだけで一品が完成しますよ。

お弁当はいろいろな色が入っている方が美味しそうに見えますし、栄養バランスも良くなりますから、手軽に作れる副菜を使って色鮮やかに仕上げましょう。

冷凍ポテトを使ったお弁当に入れたいおかずレシピ

冷凍食品の野菜としては見逃されがちなのが、冷凍ポテトです。

冷凍ポテトはフライドポテト用に買う方が多いのですが、実はいろいろな料理使える万能な冷凍食品です。

  • じゃがいものメニューとしてはメジャーなジャーマンポテトも、冷凍ポテトを使うとカットの手間を省けるのでとても簡単ですよ。
  • 焼かずに野菜とマヨネーズで崩しながら和えればポテトサラダも作れますし、お肉をまいて焼けばメインおかずにもなります。
  • 温めた冷凍ポテトにケチャップととろけるチーズを乗せて焼くだけでも、子供の喜ぶ一品が完成しますよ。
  • とにかく手軽に短時間で作りたいなら、温めた冷凍ポテトに塩と青のりをまぶすのがおすすめです。
    のり塩味のおいしいポテトになりますよ。
    溶かしバターを少し絡めると、更に美味しくなります。
冷凍ポテトはフライドポテト用という固定概念がありますが、カット済みのじゃがいもと思えば、いろいろな料理に使えることがすぐに想像できると思います。
時間の無いお弁当作りこそ、時短できる食材を積極的に使うのがおすすめです。

冷凍食品の野菜はお弁当作りの強い味方

冷凍食品の野菜は弁当づくりにはとても便利です。

電子レンジで加熱して味付けするだけ一品が完成しますし、炒めたり煮たりといろいろな調理で使うことができますよね。

冷凍食品として市販はされていませんが、あると便利なのがきのこです。
きのこはカットして冷凍庫に入れるだけで手軽に冷凍できるので、自分で作ってストックしておくのがおすすめですよ。

冷凍したきのこは電子レンジで加熱して、塩昆布とあえるのがおすすめです。
あっという間に和風の副菜が完成します。

バターと一緒に炒めたり、カレー粉で味付けしたりといろいろな味付けで楽しめる食材ですし、他の食材との相性も良いので炒めものなどにも重宝します。

安い時にはぜひ、冷凍してストックしておきましょう。
困った時に隙間を埋める一品になりますよ。