豚ひき肉でお弁当を子供向けに!人気おすすめや美味しいポイント

豚ひき肉を使ったお弁当おかずは子供も大好きなものばかりです。
子供のお弁当に豚ひき肉を使ったおかずを作るなら、子供向けのお弁当として作るのがポイントです。

そこで、豚ひき肉を使って簡単に作れる子供に人気のお弁当おかずについて、おすすめや作り方のコツなどお伝えしていきましょう。

これで、子供の喜ぶお弁当おかずを簡単に作ることができるでしょう。きっと完食間違いなしです。料理があまり得意ではない人でも簡単にできますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

唐揚げを弁当向けにアレンジするレシピをご紹介

唐揚げは大量に作っても、きちんと保存をして、温め直せば次の日も食べることが出来ます。そのため、お...

弁当を簡単に毎日続けられるコツ!今すぐ始められるおすすめ方法

お弁当が簡単にできたら毎日続けることもできるかも。そんな毎日のお弁当作りに苦戦しているあなたのた...

【卵料理のおかず】お弁当に冷凍保存OK!子供が大好きレシピ

卵料理が大好きというお子様も多いと思います。幼稚園のお弁当のおかずには、いつも卵料理が欠かせない...

【冷凍保存OKレシピ】お弁当に入れたい美味しいおかず

毎朝、お弁当作りをしているという方も多いと思います。そんな大変なお弁当作りを、少しでも楽にするために...

冷凍保存もできるパスタレシピ!お弁当に便利な冷凍作り置き

お弁当にスパゲッティを入れたいという時には、朝にパスタを茹でる手順から始めるのは大変です。そんな時に...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポ...

弁当の作り置きは冷凍方法を正しく!美味しい時短弁当のコツ

お弁当はおかずを作り置きしておくだけで楽に作れるようになります。しかし、作り置きのおかずは冷凍方...

唐揚げを弁当に冷凍したまま入れていい?旨味をキープする方法

お弁当に手作りの唐揚げを入れたいけれど、朝から揚げ物をするのは大変です。作り置きをしておいて冷凍すれ...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

お弁当作りの時間を短縮!今日からすぐに始められるコツを紹介

お弁当作りの時間はいつもどのくらいかかっていますか?忙しい朝はできるだけお弁当も早く作ってしまいたい...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

豚バラで作る簡単フライパンで炒めるだけの美味しいお弁当おかず

お弁当には、メインにお肉を使ったおかずを入れることも多いと思います。特にジューシーな豚バラは、食べご...

唐揚げ弁当の詰め方!美味しく見えるバランスや彩りのコツを紹介

唐揚げをお弁当に詰めるとバランスが取れず、茶色い印象になってしまうというあなた。詰め方を工夫する...

野菜で作るお弁当におすすめの簡単美味しい作り置きレシピ

毎日のお弁当作りのために、おかずを作り置きをしている方も多いと思います。どうしても茶色っぽくなりがち...

豚ひき肉を使ったお弁当おかずは子供にも人気でおすすめ

お子様の好きなメニューはなんですか?

唐揚げ、カレーと同じくらい人気があるのがハンバーグではないでしょうか。
子供が好きなメニューを是非お弁当にも入れてあげたいですね。

では早速子供のお弁当に入れるハンバーグの作り方やポイントを紹介します。

子供が食べやすい「崩れにくいハンバーグ」

■材料豚ひき肉・・・約200グラム
タマネギ・・・半分くらい
タマゴ・・・半分
牛乳・・・大3
パン粉・・・大3塩コショウ・・・少々
ナツメグ(あれば)
■工程タマネギをみじん切りにします。なるべく細かく切ってください・そうすると食べる時に崩れにくくなります。

材料すべて混ぜ合わせます。この時ビニール袋に入れて混ぜると、しっかり混ざり洗い物も好きなくて済むので便利です。

  1. 混ぜた材料をお好みの大きさに成形します。
  2. フライパンを火にかけ、中火より少し小さめの火力で焼きつけます。
  3. 焼いているハンバーグの見た目が白っぽくなってきたのを確認したらひっくり返して裏面も焼きます。この時フタをしてください。

 

■仕上げかけるソースを作ります。トマトケチャップの酸味な苦手というお子様には酸味を飛ばすソースがおすすめです。

トマトケチャップ(大3)・中濃ソース(大3)・砂糖(小2)・塩こしょう(少々)を煮詰めで完成です。

 

豚ひき肉で作ったお弁当おかずなら簡単に作れて子供も喜ぶ

子供が喜ぶお弁当のおかずに、ナゲットもありますね。

ナゲットといえば普通はチキンですが、ここでは豚ひき肉でつくるナゲットの作り方を紹介します。

簡単豚肉ナゲット

■材料豚挽き肉・・・約200グラム
たまご・・・1こ
かたくり粉・・・大2
しおコショウ・・・適量薄力粉・・・大2
サラダ油・・・適量

■お好みで
にんにく(すりおろしたもの)・・・小半分

■作り方
  1. ボウルなどの容器に、豚挽き肉・たまご・かたくり粉を入れてしっかりと混ぜわせます。お好みでにんにくのすりおろしを入れると深い味わいになります。
  2. 混ぜ終わったらったら、食べやすい大きさに形を整えます。
  3. 薄力粉をまんべんなくまぶしてください。
  4. フライパンに油を入れます。油の量は1センチくらいで十分揚がります。
    もちろんたっぷりの油で揚げても大丈夫です。
  5. 油の温度が160度くらいになったら、ナゲットの元を揚げていきます。
  6. 色が変わったら取り出して、豚肉ナゲットの出来上りです。

お子様も大好きなケチャップをかけていただいてください。
小さなお子様場合は、シンプルに塩だけの味付けでも良いですし、ケチャップの他、オーロラソースも良くあいますよ。

子供の大好きな味付けで豚ひき肉のお弁当おかずは冷めても美味しいがポイント

お子様のお弁当には冷めてもおいしいおかずを入れてあげたいですね。

冷めても美味しい肉団子レシピ

4人分のレシピの材料と手順をみていきましょう。

■材料豚挽き肉・・・約400グラム
タマネギ・・・1こ○パン粉・・・大4
○たまご・・・2こ
○塩こしょう・・・適量

△ケチャップ・・・大4
△オイスターソース・・・小2
△醤油・・・大1
△水・・・・大2

△さとう・・・小2
△ガラスープの素・・・小半分

△油・・・少々
△かたくり粉・・・適量

■手順
  1. タマネギをみじん切りにします。
  2. ボウルに○印のパン粉・たまご・塩こしょうを入れて良く混ぜます。
    そこにみじん切りにしたタマネギ、豚挽き肉を入れてさらに混ぜます。
  3. 出来上がったタネを食べやすい大きさに丸めます。
  4. ビニール袋にかたくり粉を入れて、丸めたタネをいれ、まんべんなく粉をつけます。
  5. 耐熱容器に油を塗って、タネを並べてラップをふんわりかけてレンジで3分から4分ほど温めます。(レンジのワットが600ワットの場合)
■ソース△印の材料をフライパンに入れて、かき混ぜながら煮詰めていきます。とろみが付いてきたら、レンジで温めた肉団子を入れてグツグツしてきたら出来上がりです。

豚ひき肉を使えば簡単に美味しく作れて家計にも優しい

豚ひき肉を使った料理のレパートリーはどのくらいありますか?
スーパーで安売りをすることが多い豚ひき肉は、節約したい主婦にとってとても大きなアイテムなのです。

価格が安くだけではなく、色々なメニューに使えます。

豚ひき肉を使ったメニューといえば、どんなメニューが思いうかびますか?

みんな大好きハンバーグ、揚げるとメンチカツ、そのまま炒めて豚そぼろもおいしいですね。

ハンバーグの場合は入れる材料によって色々なハンバーグを作ることが出来ます。

にんにくを入れたり、ハーブを入れたりするとバリエーションが楽しめますね。

多めに作って次の日のお弁当に入れたり、冷凍して色々な料理に使いまわすことも出来ます。

豚ひき肉は子供が嬉しいレシピも!お弁当に使える作り置きもできる

つくねといえば鳥つくねでしょうか?豚ひき肉のつくねもおすすめです。
多めに作って、お弁当にも入れたいですね。

レシピを紹介します。

豚ひき肉のつくねレシピ(4個分)

材料豚ひき肉・・・120~150グラム
チューブ入りの生姜・・・約5センチ
塩・・・少々
麺つゆ・・・大さじ半分
水・・・大さじ2
かたくり粉・・・小さじ1/4
作り方
  1. 材料をざっくりと混ぜます。
  2. フライパンに適量の油を入れて、火にかけます。成形したつくねを入れ、くっつかないように焼きます。
  3. こんがり焼き色がついたら、もう片面も同じように焼いてください。
  4. タレをからめて照りが出てきたらおいしいつくねの出来上がりです。
タレボウルに麺つゆ・水・かたくり粉を入れて混ぜあわせてレンジで加熱します。

焼いたつくねは冷凍も出来ますので、忙しい夕飯の支度やお弁当にもおすすめです。