キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

野菜で作るお弁当におすすめの簡単美味しい作り置きレシピ

毎日のお弁当作りのために、おかずを作り置きをしている方も多いと思います。どうしても茶色っぽくなりがちなお弁当には、鮮やかな野菜の色をプラスしてみましょう。
そこで、野菜を使ったお弁当におすすめの、簡単美味しい作り置きレシピをご紹介します。忙しい朝に、お弁当作りを少しでも楽にするために、いくつかの作り置きおかずがあると便利です。

関連のおすすめ記事

唐揚げを弁当に冷凍したまま入れていい?旨味をキープする方法

お弁当に手作りの唐揚げを入れたいけれど、朝から揚げ物をするのは大変です。作り置きをしておいて冷凍すれ...

丼もののお弁当レシピ!簡単・美味しい丼弁当の作り方とコツを

忙しい朝のお弁当作りはとっても大変。色々なおかずを作り、それを詰める工程に悪戦苦闘してる人もいるので...

豚丼弁当は満足感あり!作り方のコツやおすすめレシピを紹介

豚丼は時間がないときでも簡単に作れるのでお弁当にも最適です。 豚丼弁当なら満足感もあるので、お子様...

豚バラで作る簡単フライパンで炒めるだけの美味しいお弁当おかず

お弁当には、メインにお肉を使ったおかずを入れることも多いと思います。特にジューシーな豚バラは、食べご...

長芋をお弁当に冷凍して使うコツ!作り置きおかずや保存法を紹介

長芋はお弁当のおかずとして冷凍保存も可能な食材です。長芋を使ったおかずを作り置きして冷凍しておけば、...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。 し...

弁当におすすめの簡単レシピ。ガッツリ食べたい美味しい丼弁当

お腹がいつも空いている男子のお弁当は、ボリュームも大切。美味しいお弁当でも、ボリュームが足りないと、...

お弁当の詰め方に迷う人必見、おしゃれで美味しく見える詰め方

お弁当用の美味しいおかずができても詰め方がヘタで、いつも見栄えゼロのおしゃれとは程遠いお弁当に仕上が...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。 その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

丼のお弁当の中で、人気メニューのレシピをご紹介

丼は、ボリューム満点で、食べごたえもあり、男性からだけではなく、女性からも人気のものです。 そんな...

ナスが美味しい弁当レシピ。人気のレシピと作り置きや冷凍保存法

美味しいナスが安く出回ってきたら、つい買ってしまいませんか? ナスは新鮮なうちに食べたいですね...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

豚ひき肉でお弁当を子供向けに!人気おすすめや美味しいポイント

豚ひき肉を使ったお弁当おかずは子供も大好きなものばかりです。 子供のお弁当に豚ひき肉を使ったおかず...

冷凍食品の野菜を使ったお弁当に入れたい簡単おかずレシピ

冷凍食品はたまに買うことがあっても、冷凍野菜はあまり使ったことがないという方も多いのではないでしょう...

お弁当に野菜をプラス、作り置きできる簡単おかず

日持ちもして美味しいお弁当のおかずといえばきんぴらです。きんぴらごぼうは作る人も多いですが、たまにアレンジしてきんぴられんこんにするのもおすすめですよ。

作り方を紹介します。

  1. まずれんこんの皮を剥いて2~3mmの厚さの半月切りにします。大きいようならいちょう切りでも良いです。その後水にさらしましょう。
  2. 次ににんじんを細切りにします。
  3. ごま油を引いて温めたフライパンに、水気を切ったれんこんとにんじんを入れてよく炒めます。
  4. 大体火が通ったら、みりんと料理酒を入れて汁気がなくなるまで更に炒め合わせましょう。
  5. 多少汁気が残る程度まで水分を飛ばしたら、醤油を回し入れて絡めます。全体的に馴染んだ火を弱めて更にみりんを入れ、照りが出るまで炒め煮ます。
  6. 白ごまを振り、好みで輪切りした鷹の爪をかけて更に少し炒めて完成です。
冷蔵庫でも一週間は保存できますが、お弁当余にするならおかずカップに詰めて冷凍保存してもOKです。辛味があるので食欲増進にもなり、朝食に出してもご飯が進みます。

野菜のおかずを作り置き、お弁当に入れたいさつまいもの簡単レシピ

さつまいもは子供が食べやすい食材なので、お弁当を残してほしくないならぜひ入れてみましょう。

簡単なレシピを紹介します。

  1. 皮付きのままさつまいもをよく洗い、一口サイズよりも少し小さいくらいの角切りにしてしばらく水にさらします。
  2. 耐熱容器に水からあげたさつまいもを移し、みりんを大さじ3程度回しかけて良く混ぜ、ラップをして600wの電子レンジで3~5分加熱しましょう。
  3. ラップはふんわりかけるか隙間を少し空けてかけましょう。
  4. 温めたさつまいもをよく混ぜ、もう一度ラップをして同じ時間温めましょう。
  5. 温めたら、2倍濃縮のめんつゆ、塩少々、すりごまを入れて全体に絡めるようによく混ぜて出来上がりです。
大体冷蔵庫で3~4日保存できます。期限が短めなので早めに使い切ってください。

皮付きなので、お弁当に入れるときにランダムにしてもいいですし、皮面と中を交互に上にして並べて市松模様にしても可愛いですよ。

野菜の緑がお弁当の彩りに。ピーマンを使った作り置きおかず

緑が欲しい時に便利なものがピーマンかブロッコリーです。

ご飯によく合うピーマンのおかずを紹介します。

  1. まず、たねやヘタを取ったピーマンを千切りにしてください。
  2. 耐熱ボウルに入れてごま油を回しかけ、ピーマン全体によく馴染ませたら、軽くラップをかけて600wの電子レンジで2~3分温めてください。
  3. 温めたら熱いうちに中華だし、白ごま、かつお節、チューブにんにくを入れて、よく混ぜます。
  4. 味を見ながら調味料の量を調整してください。

これで完成です。とても簡単ですね。

冷蔵庫で約2~3日保存できます。

ご飯が進むので大量に作ってお弁当にも朝ごはんに使えて便利ですが、早めに消化するように気をつけてくださいね。

電子レンジを使った調理なので焦げてしまうことが無く、ピーマンのツヤがきれいな緑色のおかずになるので、肉や卵などで茶色くなりがちなお弁当にはとても重宝しますよ。

作り置きおかずを作る時の注意点

作り置きはとても便利なのですが、作る際には衛生面で注意しましょう。特に夏場などは食品が傷みやすく、菌が入りやすい時期です。

せっかく作った作り置きおかずがダメになってしまうこともあるので、以下の点には特に注意を払いましょう。

保存容器は使う直前に消毒する

洗って収納しておいた保存容器でも、その後菌が全く付いていないとは言い切れません。
保存容器は使う前に殺菌消毒してきれいな状態にしてから使いましょう。

耐熱容器であれば、沸騰させたお湯をかけて煮沸するのが確実で早いです。その後は付近ではなくキッチンペーパーで拭きましょう。

耐熱製でないものは、アルコール除菌スプレーを吹きかけてキッチンペーパーで拭き取るのでもOKです。

菜箸や取り分け用の箸は細かく使い分ける

複数のおかずを作るときは、同時進行で調理するなら菜箸を使い分け、順番に作るなら都度菜箸を洗って作りましょう。

生肉を炒めた菜箸などは特に他のおかずに触れさせないように気をつけてください。

お弁当作りがもっと楽になる冷凍保存のコツ

冷蔵庫で保存するよりも日持ちして便利なのが冷凍保存です。

しかし保存の方法を間違えると、冷凍焼けや空気に触れて固くなってしまい、美味しくなくなるものもあれば食べられなくなるものもあります。

食品は正しく保存して長持ちさせましょう

まず、冷凍庫に入れる際は食品が空気に触れる部分を極力減らします。

冷凍庫の中で食品が空気に触れると、そこが酸化して固まったり味が落ちます。

食感がパサパサになるものもあるので空気に触れないようにしっかり密封することが大事です。

このため空気に触れないようにしっかりラップをして保存するのが普通ですが、ラップした食品をさらにチャック付きの食品保存袋などに入れて二重保存するようにしましょう。

二重に包むことで隙間から空気が入ることはなくなりますし、冷凍庫の開閉で室内の温度に変化があっても、保存袋とラップの間に入った空気が壁になるので温度の変化の「影響を受けにくくなります。

コンパクトにするなら保存袋がおすすめですが、タッパーに入れて冷凍保存しても構いません。上手に使うと冷凍保存はとても強い味方になってくれるのでおすすめです。作り置きおかずも冷凍可能なものを作って朝の支度を楽にしましょう。