キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍ご飯で作るおにぎりがかたい!お弁当を美味しくする解凍方法

冷凍ご飯を使用してお弁当のおにぎりを作ると、食べるときにおにぎりがかたいことにお悩みの人もいるのではないでしょうか。楽しみにしていたお昼ごはん。どうせなら美味しく食べたいと考えるものです。

ここでは、冷凍ご飯を美味しく解凍する方法についてお伝えします。正しいやり方で解凍をすることで、冷凍ご飯でも美味しいおにぎりを作ることができますよ。

また、冷凍するときのポイントや冷凍方法についてもご紹介しますので、こちらも併せて確認してみましょう。

冷凍ご飯で作るおにぎりのレシピや、おにぎりの冷凍方法もお伝えします。是非作ってみてください。

関連のおすすめ記事

唐揚げを弁当向けにアレンジするレシピをご紹介

唐揚げは大量に作っても、きちんと保存をして、温め直せば次の日も食べることが出来ます。 そのため、お...

大根で作る美味しい副菜。お弁当に入れたい大根レシピ

お弁当の副菜に、どんなおかずを入れようかと悩む方も多いと思います。大根がたくさんある時には、お弁当の...

冷凍ご飯でおにぎりを作るときのポイントお弁当に入れるならコレ

冷凍ご飯でおにぎりを作ってお弁当に入れたいけれど、ご飯の味が落ちてしまうのでは? そんなときは、こ...

唐揚げは冷凍保存がおすすめ、忙しい朝のお弁当作りの救世主に

お弁当のおかずでも人気が高い唐揚げですが、お弁当用にまとめて揚げて冷凍保存してはいかがでしょうか。 ...

豚ひき肉で作る美味しいつくね。お弁当用に冷凍保存もOK

毎日のお弁当作りは時間との戦いですよね。主婦の朝は、お弁当作りに朝食作り、子供のお世話に、自分の出勤...

冷凍ご飯を自然解凍で美味しく食べるには?お弁当のご飯

冷凍ご飯を自然解凍してお弁当に入れたら、保冷剤のようになって丁度いいのでは? 冷凍ご飯は自然解...

弁当おかずにおすすめのレシピ!卵料理をレンジで簡単に調理

弁当のおかずの定番メニューといえば、卵を使って作る料理ではないでしょうか。卵料理は弁当に彩りをプラス...

旦那のお弁当を節約して作るコツ!見た目や時短も満足感も叶う

旦那のお弁当を節約のために作っているけど、かえって逆に食費がかかっているのではと考える主婦も多いでし...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

時短お弁当レシピと簡単時短なお弁当作りのコツ

毎朝のお弁当作りは、少しでも時短で作りたいものです。そこで、お弁当のおかずにおすすめの簡単レシピや、...

丼のお弁当の中で、人気メニューのレシピをご紹介

丼は、ボリューム満点で、食べごたえもあり、男性からだけではなく、女性からも人気のものです。 そんな...

冷凍食品のお弁当の詰め方!美味しく見えるコツや簡単アレンジ

冷凍食品をうまく活用することでお弁当の詰め方もキレイに美味しく見せることができます。冷凍食品はそのま...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

お弁当の作り方【初心者向け】お弁当作りの基本の知識を紹介

これから毎日の昼食に手作りのお弁当を作って持参しようと考えている人の中には、お弁当の基本の作り方を知...

肉じゃがはお弁当にはNG?詰め方次第でお弁当に入れても大丈夫

肉じゃがはお弁当には向かない料理といわれています。特に夏場は傷みやすいので注意が必要です。 し...

冷凍ご飯でお弁当のおにぎりを作るとかたい!冷凍ご飯はお弁当に不向き

ご飯が美味しいと感じるのは、やはり炊きたてですよね。ふっくらツヤツヤなご飯が一番です。

では、このふっくらツヤツヤはどうして炊きたてだけなのかを考えてみましょう。

炊きたては水分がお米にしっかりと行き渡っている

ふっくらとしていて食べても美味しいと感じられます。

逆に炊きたてからご飯が冷めていく際に、水分はどんどん蒸発し抜けていきます。
冷凍ご飯も温め直しをした後は水分がご飯から抜けていき、お弁当を食べる頃にはパサパサのご飯になってしまうのです。

では温め直しをしなければいいのでは?

自然解凍なら水分がご飯から抜けていかないのでは?

と考えてしまいますが、ご飯は自然解凍が不向き!逆にベチャッとしたご飯になってしまいます。

そこでどうしたら冷凍ご飯を美味しくべられるか、お弁当に冷凍ご飯を持っていく場合のコツを次からご紹介をいたします。

冷凍ご飯のおにぎりがかたい!冷凍ご飯を美味しく解凍する方法

上記を踏まえると冷凍ご飯は、お弁当に不向きということになります。どんなご飯を持っていってもパサパサかベチャベチャになってしまいますよね。

しかし解凍方法によっては、お弁当に入れた冷凍ご飯も水分を保って、パサツキを防ぐことができます。

冷凍ご飯がパサつくのは、冷えると同時に水分が抜けてしまうことが原因でした。そこで温めた時に湯気となって蒸発する水分を、お弁当箱の中に閉じ込めて、ご飯がパサつくのを防ぎます。

冷凍ご飯をレンジで解凍、蒸気(水分)を逃さず温かいままお弁当箱の蓋をしてしまう

またおにぎりなら解凍後のご飯を熱々のまま握り、すぐにラップをして水分を閉じ込めてしまいましょう。

お弁当の場合、熱々が問題なのは一緒に入れるおかずも、水分を含んでしまうことです。この問題点を解決するために、冷凍ご飯をお弁当に持参する際には、おかずとご飯を別の入れ物に入れて持っていく方法をおすすめします。

これでお弁当の冷凍ご飯もパサパサになりません!

しかしご存知の通り、夏場は温かいものを冷まさずにお弁当に入れると、傷みが早くなってしまいます。夏場には不向きな方法なので注意をしてくださいね。

冷凍ご飯おにぎりがかたいのは冷凍方法のせい?美味しい冷凍方法

冷凍ご飯を美味しく解凍する方法について紹介をしましたが、冷凍をする際にも、冷凍ご飯を美味しく食べるコツがあるのをご存知でしょうか。

コツはやはり水分!炊きたてのふっくらと水分を含んだ状態のご飯がポイント

水分が抜ける前のご飯を冷凍することで、解凍後も美味しいご飯を食べることができます。

またどんな食材も、急速冷凍をすることで美味しさを逃さずに、閉じ込めることが可能になります。

ご飯も同じように出来るだけ早く冷凍することが大切

じわじわと凍っていくのではなく、急速がポイントとなるのです。

そこで温度の伝わりを早くする、金属プレートの上にのせて冷凍をし、ご飯は一膳分ずつラップに平らにして包んで、冷気の周りの早くする工夫を行いましょう。

炊きたてをあつあつのまま、ラップに潰さずに平らに、そして金属プレートの上にあげて急速冷凍!これが美味しい冷凍方法です。

冷凍ご飯で作ったおにぎりを美味しく食べたいときは焼きおにぎりにしよう

白いご飯のままだと、解凍をして冷めてしまった時に味や食感が気になりますが、味がついていると、ずいぶん違いがあります。

冷凍ご飯をおにぎりにしたいときは、味付き焼き目付きの、焼きおにぎりにしてはいかがでしょうか。

簡単美味しい焼きおにぎりの作り方

  • 冷凍ご飯をレンジで温めます。
  • ご飯をほぐして、だしの素、醤油、みりん、ごま油で味付けをします。
  • ご飯をしっかりと強めに握って、おにぎりにします。
  • 魚焼きグリルやオーブントースターに、アルミホイルを敷いて、味付けおにぎりをのせ、焦げ目が付くまで両面焼いたら出来上がりです。

コツは先に味付けをご飯にしてしまうことです。そうすることによって焼きの手間がへり、おにぎりを触る回数が少なくなるので、型崩れもしません。ぜひ冷凍ご飯が余っているときに試してみてください。

おにぎりにしてから冷凍する方法も!おにぎりの冷凍・解凍方法と賞味期限

冷凍ご飯を焼きおにぎりにすると、硬さなども気にせずに食べることができると上記しました。

しかし解凍をし、味付け、焼くという3つの手順が面倒だと感じる場合は、逆にご飯が余った時に焼きおにぎりにして冷凍するという方法をとってみては、いかがでしょうか。

解凍するという手順を後回しにすることができ、手間を分けることによって、手軽に感じられます。

ちなみにどんな食材も冷凍なら大丈夫かと言うと、そうではありません。

冷凍ご飯も美味しく食べられる期間があります

炊きたてのご飯を上手に冷凍をしても、一ヶ月が賞味期限となり、それをすぎると廃棄をした方が無難です。

また美味しさをそのままという点からいうと賞味期限はもっと早くなり、一週間をすぎるとだんだん美味しさが減少していってしまいます。

冷凍したから大丈夫!と、冷凍庫に入れたままにしておかず、できるだけ早く消費をしてくださいね。

また焼きおにぎりにして冷凍をする際も、同じく一ヶ月を目安に食べきりましょう。おにぎりを作る際はなるべく、ラップの上から握る、使い捨てのビニール手袋(食品用)を使用するなど、菌を付着させないような工夫をすると良いですよ。

ご飯は冷凍すると美味しくなくなる。お弁当には不向き、と言われる理由や対処方法をご紹介してきました。冷凍や解凍の仕方に工夫をすると、解凍後も美味しく食べられるようになります。ぜひ記事を参考にして、試してみてください。