唐揚げ弁当の詰め方!美味しく見えるバランスや彩りのコツを紹介

唐揚げをお弁当に詰めるとバランスが取れず、茶色い印象になってしまうというあなた。
詰め方を工夫するだけで唐揚げ弁当はもっと美味しく見せることができます。

そこで、唐揚げ弁当をより美味しく見せる詰め方のコツについてお伝えしていきましょう。

隙間を埋めるおかずにひと手間加えるだけでもより華やかな印象にもなります。
子供が大好きな唐揚げをお弁当に入れるときはぜひ参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

弁当を簡単に毎日続けられるコツ!今すぐ始められるおすすめ方法

お弁当が簡単にできたら毎日続けることもできるかも。そんな毎日のお弁当作りに苦戦しているあなたのた...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

【ナスのおかず】弁当レシピにぴったりレンジで作る簡単おかず

毎日のお弁当作りには、いつもどれくらいの時間を掛けていますか?朝の忙しい時間には、お弁当作りを少しで...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

長芋をお弁当に冷凍して使うコツ!作り置きおかずや保存法を紹介

長芋はお弁当のおかずとして冷凍保存も可能な食材です。長芋を使ったおかずを作り置きして冷凍しておけば、...

弁当に入れたい簡単副菜。冷凍できるおかずで時短弁当

お弁当に入れるおかずは、なるべく短時間に簡単に作りたいものです。メインのおかず以外に、副菜のおかずを...

豚丼弁当は満足感あり!作り方のコツやおすすめレシピを紹介

豚丼は時間がないときでも簡単に作れるのでお弁当にも最適です。豚丼弁当なら満足感もあるので、お子様...

ナスを使ったお弁当におすすめの作り置きメニューをご紹介します

夕飯だけではなく、お弁当のおかずとしても大活躍のナス。しかし、お弁当に入れるとなると汁気が気になる人...

ナスを使ったお弁当レシピ。レンジで簡単美味しいおかず

お弁当のおかずにもナスは大活躍。朝の忙しい時間にはレンジで調理できるおかずが助かります。そこで、...

冷凍ぶどうをお弁当に!お弁当に向いている果物や理由をご紹介

様々な種類の冷凍フルーツを、スーパーなどでよく見かけます。しかし冷凍フルーツは、解凍されると同時に水...

No Image

豚肉で作るお弁当に入れたいおかず。簡単美味しいパパっとレシピ

毎日のお弁当作りは、ついついおかずも似たようなものになってしまいます。忙しい朝の時間には、なるべ...

冷凍食品のお弁当の詰め方!美味しく見えるコツや簡単アレンジ

冷凍食品をうまく活用することでお弁当の詰め方もキレイに美味しく見せることができます。冷凍食品はそのま...

豚肉をお弁当に入れると白く脂固まる!脂が固まりにくい調理法

豚肉をお弁当に入れると白く脂固まることがあります。豚肉が好きな方でも白く固まった、脂にまみれての豚肉...

冷凍ご飯を自然解凍で美味しく食べるには?お弁当のご飯

冷凍ご飯を自然解凍してお弁当に入れたら、保冷剤のようになって丁度いいのでは?冷凍ご飯は自然解...

挽肉をお弁当に使おう、レシピ人気の高いものをご紹介

挽肉は、色んな料理だけではなく、お弁当にも使いやすい食材です。しかし、具体的にはどういったも...

唐揚げのお弁当の詰め方で気をつけたいのは大きさ

お弁当の大きさに合った唐揚げを使う

大人用、子ども用、お弁当の容量がそれぞれ違う場合は、お弁当の大きさに合わせて唐揚げを選びましょう。例えばごろんとしたダイナミックで大きな唐揚げを幼稚園生用の300~400mlのお弁当に詰めたら不釣合いですし、大人用の大きい弁当に小さい唐揚げも同様です。
唐揚げは大きさ別に合わせて分けてから詰めるようにすると、バランスが取れてお弁当の見栄えが良くなります。

前日の夕食に作ったら、鶏皮などででこぼこしていてお弁当に入れづらそうなものは夕食に食べちゃって、形がきれいで一定なものをお弁当用に残すようにすると良いでしょう。

お弁当の唐揚げの下には何か敷く

唐揚げは油が出るので、他のおかずに移ったり、お弁当がべとべとで洗いにくくなるのを防ぐためにもワックスペーパーなどを使って唐上げの下に何か敷くようにしましょう。夏場でなければ、レタスや千切りキャベツなども良いです。

唐揚げのお弁当の詰め方は立てかけるように丁寧にすること

お弁当の唐揚げは全体のバランスを見ながら詰める

お弁当の唐揚げはメインおかずになることが多いと思うので、一番目立つ存在です。入れ方によっては見栄えが悪くただ詰めただけのような見た目になってしまうので、バランスを見ながら詰めていくよう気をつけましょう。

詰めた時にきれいでも食べる頃には隙間があらわれたりすることがあるので、しっかり隙間なく詰めることが重要です。

唐揚げを3~4個入れるなら、まずは半量入れてみましょう。そしたら一度唐揚げは置いて、別のおかずを詰める作業に移りましょう。

そうするとどうバランスをとればいいかが見えてくるはずです。追加の唐揚げを入れることを考えて、立てて詰め直したり、方向を揃えたり、バランスを見ながらお箸で微調整してください。立てかけるように入れれば食べる時にもバランスが崩れにくいです。

一度に全部入れようとせず、まず半分つめて、他のおかずもつめてから、他の唐揚げも詰めて最終調整というやり方がおすすめです。

唐揚げ弁当をより美味しく見せる詰め方のコツ

唐揚げが茶色いので、他のおかずも茶色にすると地味なお弁当になりがちですね。
そんな時は可愛いお弁当デコグッズを活用したり、カラフルなおかずで工夫しましょう。

カラフルなデコグッズ

ピック、仕切り、おかずカップ、その他丸いころころしたおにぎりやキャラクターおにぎりを作れるグッズなどをふんだんに活用して彩ります。朝の忙しい時間帯でもピックやおかずカップを使うだけなら、あまり負担かからずあっという間にできますよ。

彩り良いおすすめお弁当おかず

  • にんじんしりしり …千切りにしたにんじんを火を通して、砂糖や醤油、ごま油で味付け、仕上げに白ごまを振ったもの。常備菜にもなります。
  • パプリカの肉詰め …緑のピーマン、赤パプリカや黄パプリカを使った肉詰めは、鮮やかな色が目を引き茶色くなりがちな唐揚げ弁当にもぴったりです。
  • ほうれん草卵焼き …卵焼きの黄色もあると唐揚げ弁当の魅力アップ。さらにほうれん草やニラを混ぜてアレンジするとさらに彩り良くなります。完熟ゆで卵でもOK。

子供も大好きな唐揚げはアレンジしてお弁当にするのも良し

前日の夕食に作った唐揚げをアレンジしてお弁当に入れるのもおすすめです。

  • 照り焼きのタレでアレンジ
    フライパンに醤油、砂糖、みりんを1:1:1で煮詰め、とろっとしてきたら余った唐揚げを入れて、絡めたらあっという間に照り焼き風に。ご飯にはもちろん、パンで挟んでもおいしそうな濃厚照り焼き唐揚げの出来上がりです。いっそのことご飯の上に盛って照り焼き唐揚げ丼にしちゃってもOK。さらにマヨネーズをかけると大満足なお弁当になります。
  • ピリ辛コチュジャンでアレンジ
    フライパンに砂糖・マヨネーズ・ケチャップ・コチュジャンを溶かして、ピリ辛ソースを作ったら余った唐揚げを絡めましょう。新たな味付けをしつつ同時に温め直しができます。味が濃い目でお弁当おかずにぴったりなので、がっつり食べたい男性陣にも評判ですよ。仕上げに白ごまを振ると見栄えも良いです。

唐揚げの隙間を埋めるおかずを工夫するとお弁当が華やかになる

お弁当の隙間埋めにおすすめなおかずを紹介します。

  • 花ハム
    ハムを半分に折り、閉じている方に包丁で細かく切れ目を入れ込みます。あとはぐるぐる巻けばあっという間にお花のように咲き誇るハムが完成。ピンクで見た目も可愛く、隙間埋めにも大活躍します。清潔な手で作りましょう。
  • ブロッコリー
    塩で茹でて、隙間に突き刺すだけ。また鮮やかな緑が唐揚げを美味しそうに引き立ててくれます。ブロッコリーの大きさ自体も調節できるので、隙間埋めにとっても優秀な食材です。ブロッコリーだけで味気ない場合は、花ハムに包むのがおすすめ。
  • 卵ウィンナーブーケ
    花ハムの容量で、薄焼き卵もお花状にしましょう。そして短くカットしたウィンナーに格子状に切り込みを入れて、ウィンナーを花弁のようにして薄焼き卵で包めばひまわりのようなとっても可愛いおかずになります。