キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍保存もできるパスタレシピ!お弁当に便利な冷凍作り置き

お弁当にスパゲッティを入れたいという時には、朝にパスタを茹でる手順から始めるのは大変です。そんな時には、作り置きして冷凍ストックしておくのがおすすめです。
そこで、冷凍保存もできるお弁当に入れたい美味しいパスタレシピをご紹介します。小分けにして冷凍しておけば、朝はお弁当に詰めるだけ。お弁当のちょっとしたすき間に入れたい美味しいレシピです。

関連のおすすめ記事

ナスを使ったお弁当レシピ。レンジで簡単美味しいおかず

お弁当のおかずにもナスは大活躍。朝の忙しい時間にはレンジで調理できるおかずが助かります。 そこで、...

冷凍ご飯をお弁当にそのままは大丈夫?冷凍ご飯の解凍について

夏場はお弁当に傷みが気になります。そのために保冷剤をお弁当と一緒に持っていく方も、少なくはありません...

時短お弁当レシピと簡単時短なお弁当作りのコツ

毎朝のお弁当作りは、少しでも時短で作りたいものです。そこで、お弁当のおかずにおすすめの簡単レシピや、...

お弁当作りの時間を短縮!今日からすぐに始められるコツを紹介

お弁当作りの時間はいつもどのくらいかかっていますか?忙しい朝はできるだけお弁当も早く作ってしまいたい...

丼ものレシピはお弁当にもおすすめ!作り方を紹介します

お弁当にも入れることののできる丼ものレシピとは?忙しい朝はできるだけひとつの鍋で作ることのできる料理...

唐揚げは冷凍保存がおすすめ、忙しい朝のお弁当作りの救世主に

お弁当のおかずでも人気が高い唐揚げですが、お弁当用にまとめて揚げて冷凍保存してはいかがでしょうか。 ...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

豚肉をお弁当に入れると白く脂固まる!脂が固まりにくい調理法

豚肉をお弁当に入れると白く脂固まることがあります。豚肉が好きな方でも白く固まった、脂にまみれての豚肉...

豚バラを使って作り置き!お弁当に使える簡単料理を紹介します

お弁当に使いやすい豚バラは作り置きしておけば忙しい朝にも入れやすい!固くなりにくい豚バラですが油...

【お弁当箱の選び方】子供にアルミのお弁当がおすすめな理由

幼稚園や保育園の入園準備の一つに弁当箱選びあります。子供が好きなお弁当箱を選ぶのも良いですが、使...

冷凍ご飯でおにぎりを作るときのポイントお弁当に入れるならコレ

冷凍ご飯でおにぎりを作ってお弁当に入れたいけれど、ご飯の味が落ちてしまうのでは? そんなときは、こ...

大根をお弁当に子供も喜ぶ!簡単でおすすな大根レシピを紹介

大根を使ったおかずを子供のお弁当に入れるなら、子供が喜ぶおかずにすることが大切です。では、子供が喜ぶ...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。 その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

弁当を簡単に毎日続けられるコツ!今すぐ始められるおすすめ方法

お弁当が簡単にできたら毎日続けることもできるかも。 そんな毎日のお弁当作りに苦戦しているあなたのた...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

冷凍で作り置きしておけるお弁当におすすめのレシピ

毎日のお弁当作りを早起きして頑張っている人も多いでしょう。

私も、毎朝早く起きて息子と夫のお弁当作りをなんとか続けている一人です。

お弁当作りで大変なのは、なんと言ってもおかずの種類をいくつか用意しなければならないことですよね。

ご飯を詰めておかず1品詰めるだけなら楽ですが、全体のバランスを見ながら、彩りや栄養も考え、おかずを詰めていくことが美味しいお弁当を作るためのポイントだからです。

お弁当のおかず「パスタ」は彩りや栄養面から見ても便利なおかず

でも、お弁当のおかずとしてパスタを作る場合、少量のパスタを茹でて作るのは面倒・・・。

冷凍食品のパスタを利用することはあっても、自分で茹でて味付けしたパスタをお弁当のおかずにする人は少ないかもしれません。

冷凍食品のパスタはあまり使いたくないけれど、パスタをわざわざ作るのは…という方には、パスタを作り置きして、冷凍保存するという方法がおすすめです。

1人前や2人前のパスタをまとめて作って、味付けした物をお弁当の小分けケースに取り分け、保存用ケースにまとめて入れた状態で、冷凍します。

特に、ピーマンや玉ねぎと言った野菜が入ったナポリタンスパゲッティは、味付けがケチャップ味でしっかりしているので、冷凍保存に向いています。

彩りも赤で鮮やかなので、お弁当のおかずとしてもぴったりです。

作り置きしてお弁当作りを楽に!冷凍保存OKの和風パスタ

パスタは、冷凍保存しても解凍すれば美味しく食べられる料理です。

茹でたてのパスタに比べると味は多少劣るものの、お弁当のおかずとして食べる分には活躍するおかずです。

パスタの具材として、野菜や肉も一緒に食べられるのも嬉しいポイントですよね。

シンプルな味のパスタを冷凍する時のポイント

冷凍パスタをお弁当のおかずとして入れる場合、解凍した時に出る水分でパスタがやわらかく感じることもあります。

これを防ぐために、パスタを作る時は油分を気持ち多めにしてパスタをコーティングしましょう。

いつも通り、パスタを作り味付けをしたら、仕上げに少しのごま油を回しかけるだけです。

冷凍したパスタは、解凍すると水分だけではなく油分も飛ぶので、味付けは若干濃いめに仕上げた方が、お弁当のおかずとしては美味しくなります。

お弁当に入っていたら嬉しい作り置きパスタ、冷凍もできる明太子パスタ

クリーム系パスタもお弁当のおかずになる

パスタの中でも、たらこや明太子の味を活かしたパスタが好きという人も多いのではないでしょうか。

このようなクリーム系パスタも冷凍保存が出来ます。

コクのあるクリーム系パスタは、冷めても美味しく食べられるので、お弁当のおかずとしてもぴったりです。

たらこや明太子には、元々味が付いているので、調味料もそれほどいらず、作り方が簡単という点も嬉しいポイントですね。

たらこや明太子は身をほぐし、牛乳(豆乳でもOK)と溶かしバターを混ぜたソースの中に加えてよく混ぜます。

めんつゆを少し加えると、出汁の味が効いて味わいにコクが出ます。めんつゆ以外では、粉末状の昆布茶も昆布の出汁が効いておすすめです。

パスタをこの作ったソースに入れ、全体をよく混ぜたらお弁当の小分け容器に入れ、冷凍保存します。

お弁当に使う時には、刻み海苔や青ネギを加えるとさらに美味しそうなパスタになります。

茹でたパスタの上手な冷凍保存方法

茹でたパスタを冷凍する時は茹で時間がポイント

パスタを作る時、乾燥パスタを茹でることから始まるので、茹でる時間がかかるという点が面倒に感じる人も多いでしょう。

特にお弁当づくりでは、朝の1分が貴重です。茹でる時間が惜しいとも感じますよね。

このような時、すぐ使えるパスタがあれば便利に使えます。

茹でた状態のパスタを冷凍保存

使う分を解凍してすぐ調理に取り掛かることが出来るからです。

以前テレビで見たことがあるのですが、昔ながらの喫茶店で出てくるナポリタン・スパゲッティは、味をパスタに浸透させ、モチモチの食感にするために茹でたてのパスタではなく、茹でて一晩置いたパスタをあえて使っているお店もあるそうです。

茹でたパスタを冷凍する時のポイントとしては、パスタに水分を含ませたまま保存するので、パスタの茹で時間を1分程度短めにすることです。

解凍した時に、柔らかすぎず、パサパサしないちょうどよい食感のパスタになります。

覚えておきたいパスタの種類と特徴

パスタの種類「ロングパスタ」と「ショートパスタ」

「今日のご飯どこにする?」
「パスタ食べたいな」

というごく普通のありふれた会話ですが、日本人が想像するこのパスタと、パスタの本場であるイタリアの人が想像するパスタは同じ物ではないことがほとんどです。

私達日本人が「パスタ」を選ぶ時、ほとんどの人がロングパスタで作られたペペロンチーノやナポリタン・スパゲッティなどをはじめとする様々なメニューを指しますが、イタリアの人が言うパスタは、ロングパスタだけではなく、短いショートパスタを指すことがあります。

そのため、パスタの本場イタリアに旅行へ行き、ロングパスタをイメージしてパスタを注文したら、出てきた物がショートパスタだったということもあります。

イタリアに旅行する際には、地方によってもパスタの種類や味付けが違うパスタを充分に堪能することも楽しみのひとつですね。