弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。
では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポイントが隠されているのでしょうか?

そこで、お弁当をおしゃれに見せる盛り付け方の簡単にできるコツやおすすめなどお伝えしていきましょう。

コツを抑えればお弁当はおしゃれに美味しく盛り付けることができます。
ぜひ参考に早速お弁当をおしゃれに盛り付けてみましょう。

関連のおすすめ記事

唐揚げは冷凍保存がおすすめ、忙しい朝のお弁当作りの救世主に

お弁当のおかずでも人気が高い唐揚げですが、お弁当用にまとめて揚げて冷凍保存してはいかがでしょうか。...

弁当のご飯の冷まし方のコツ!簡単ですぐにできるおすすめな方法

忙しい朝はお弁当に入れるご飯をできるだけ早く冷ましたい。では、ご飯の冷まし方にはコツはあるのでし...

2歳児のお弁当に入れたい食べやすい野菜のおかずレシピ

幼稚園のプレ保育に、2歳から通っているというお子様も多いと思います。週に何度かあるお弁当の日には...

冷凍ご飯を自然解凍で美味しく食べるには?お弁当のご飯

冷凍ご飯を自然解凍してお弁当に入れたら、保冷剤のようになって丁度いいのでは?冷凍ご飯は自然解...

弁当に入れたい簡単副菜。冷凍できるおかずで時短弁当

お弁当に入れるおかずは、なるべく短時間に簡単に作りたいものです。メインのおかず以外に、副菜のおかずを...

豚肉を使ったお弁当向けレシピ!子供のお弁当に入れたいおかず

毎朝、子供のお弁当を作っているという方も多いと思います。毎日作っていると、おかずもワンパターンになり...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

舞茸でお弁当もレンジで!時短調理におすすめなおかずレシピ

舞茸を使ってお弁当のおかずを簡単に作るなら、電子レンジを使った調理法だと時短で作れておすすめです...

お弁当を手作りしよう!女子高校生が自分で作る時の基本の作り方

毎日のお弁当をお母さんに作ってもらっている女子高校生のあなたに、お弁当を自分で作ることのメリットや基...

豚ひき肉を使ったお弁当で人気のものについて知りたい

豚ひき肉は安くて美味しいのでお弁当の材料としても人気ですよね。しかし、自分の知っているレシピの数...

お弁当作りの時間を短縮!今日からすぐに始められるコツを紹介

お弁当作りの時間はいつもどのくらいかかっていますか?忙しい朝はできるだけお弁当も早く作ってしまいたい...

ひき肉で作るお弁当のおかずレシピと便利な冷凍活用術

使い勝手が良くコスパも良いひき肉は、若い一人暮らしの女性にとっても扱いやすく、家計にも優しい食材の一...

丼物弁当なら簡単美味しい!おすすめレシピや時短のコツを紹介

丼物のお弁当なら忙しい朝でも簡単に作ることができます。ご飯がすすむ具材をのせるだけでも丼物弁当は...

肉じゃがはお弁当で腐る!保存方法や安全にお弁当を作るコツ

残り物の肉じゃがを次の日のお弁当に入れたいあなた。その前に、肉じゃがはお弁当に入れると腐る危険が...

弁当【ハンバーグの詰め方】簡単にできて美味しく見せるコツとは

お弁当にハンバーグを詰めるときは詰め方に苦労していませんか?お弁当の詰め方や彩りに少し工夫するだ...

お弁当の盛り付けをおしゃれに見せるなら彩りがポイント

おしゃれに盛り付けられたお弁当を目にすると、食べるのも楽しくなりますよね。特にお子さんなら見た目のイメージ次第で食欲も違ってくることでしょう。おしゃれなお弁当はセンスの問題と考えて諦めてはいませんか?盛り付け方のコツをおさえておくだけで、いつものお弁当もワンランク上のおしゃれなお弁当に作り上げることができますよ。

弁当おかずはご飯がすすむようなおかずを詰めることが大切

人気のある唐揚げやエビフライ、ミートボールといったおかずは喜ばれますが、見た目が茶色一色のお弁当になってしまいますよね。

見た目をよくするには、彩りを工夫することが大切

人気のおかずを詰めても、サブとなるおかずの色合いを変えたり、葉物を加えるなど他の色をプラスするようにするだけで、色鮮やかなおしゃれなお弁当に仕上がります。

弁当箱に詰めるときの色バランスも大切

同じ色をかためて配置するのではなく、隣には違う色を持ってくるようにしてください。

例えば茶色の唐揚げの隣には黄色の卵焼き、茶色いウィンナーではなくて赤ウィンナーを使って詰め、その隣には緑色のブロッコリーを詰めます。

いろいろな色を混ぜて彩りをよくすることで、おしゃれなイメージにすることができます。

お弁当をおしゃれに盛り付けるにはおかずを立てて詰めること

お弁当に詰めるときにもコツがあります。お弁当箱からおかずがはみ出してしまうと蓋が閉まらないため、おかずは寝かせて平らな状態に詰めてしまいがちです。お弁当の中もお皿に盛り付ける料理と同じく立体感を出すようにすると、美味しそうでおしゃれな見た目に変わりますよ。

弁当箱に詰めるおかずは立てて詰めることを意識する

寝かせて詰めたり立てて詰めたりと、すべてのおかずを同じように詰めるのではなく、詰め方を変えるようにします。
エビフライやとんかつのような細長い形のおかずなら、他のおかずに立てかけるようにして斜めに詰めます。卵焼きを寝かせて詰めたら、その横に詰めるおかずは立てて詰めるようにします。ウィンナーなど立てて詰めてしまうとお弁当箱からはみ出してしまうものなら、切り口を斜めに半分に切ってみるなど、切り方も工夫をすると詰めやすくなります。

おかずを立てて詰めると、お弁当を持ち運んでいる間におかずが動きやすくなってしまいます。そのためにも小さなおかずも用意して、隙間がないように詰め込んでください。

食材の切り方でお弁当の盛り付けがおしゃれに見える

食材の切り方も工夫

食材に対してまっすぐに切るだけではつまらない見た目になってしまいます。斜めに切って切り口を見せた方がきれいな食材もあります。

例えば青菜を中心に入れて巻いて作った卵焼きなら、中の青菜を見えるように詰めたいですよね。お弁当箱の深さに合わせたサイズに切り、立てて詰めることできれいな2色を見せることができます。

食材によっては型抜きするのもおすすめ

にんじんを使っておかずを作るときは、にんじんの鮮やかなオレンジ色に合わせて花型に型抜きをしてみてください。煮物でも可愛い形の食材があるだけで、お子さんも楽しんで食べてくれます。

チーズは色が白っぽいので、おかずコーナーにちょっと添えるだけでおしゃれにすることができます。動物型やハート、星型にして、おかずの上に乗せておくだけでも違ってきますよ。

お弁当をおしゃれに見せる便利なアイテムを活用しましょう

お弁当の中身を彩りよく、立体的に盛り付けることができたら、ここでもうひと工夫してみましょう。

弁当用のかわいい小物を活用

たくさん市販されています。お気に入りの小物を使うことで、更におしゃれに仕上げることができます。

ミートボールを詰めるときは、ピックを使うと可愛く仕上がります。市販のピックにはいろいろなデザインのものがありますので、好みのものを選んでも良いですし、爪楊枝やシンプルなピックの先に手作りのフラッグをつけるのも楽しいですよ。マスキングテープを貼って三角形に切るだけでフラッグができあがります。
ミートボール1こと同じ大きさのチーズを1本のピックに刺すと、2種類の味が楽しめて色合いも良くできます。

仕切りやおかず入れを選ぶ

かわいいデザインのものがあります。

おかずとおかずの間を仕切りたいときはグリーンレタスなど食べられるものがおすすめですが、ところどころにかわいいデザインの仕切りやおかず入れも取り入れてみてください。色合いが偏ってしまいそうな時は市販の仕切りやおかず入れが便利です。水玉模様やチェック柄、動物のイラストがあるものなど、かわいいデザインのものが豊富にあります。

おかず入れは使い捨てタイプのものもありますが、シリコン製のものなら何度でも洗って使うことができます。おかずを入れて電子レンジにかけることもできるので便利ですよ。

おしゃれなお弁当箱にするだけでも美味しそうに見える

おしゃれに見えるように工夫して詰めてみても、なんとなく決まらない、冴えない感じがするのなら、お弁当箱を変えてみてはいかがでしょうか。お弁当箱によっては詰めにくいものや、安っぽく見えてしまうものもあります。また、長く使っているお弁当箱に飽きてしまいっている可能性もありますよね。

お弁当箱をおしゃれなデザインのものに変えるだけでイメージが全然違ってきます。同じおかずを同じように詰めていても、お弁当箱が白いプラスチックのものから木のぬくもりが感じられるわっぱのお弁当箱にすると、見た目のイメージも違ってきますよね。丼もののお弁当なら深さのある方が詰めやすく、美味しそうな見た目になります。なんとなく詰めにくいと感じるときも、もしかしたらお弁当箱に問題があるのかもしれません。

お弁当箱も俵型や正方形、丸形など形を変えたり、木製やホーロー製など素材を変えていくつか用意しておくと、毎日のお弁当作りも楽しくなりますよ。