キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚バラを使ったお弁当作りがラクになる、作り置きできるレシピ

ガッツリ食べたい男子は脂がのった豚バラを好みます。しかしお弁当には、不向きな感じがしませんか?

また作り置きとしても脂が白くかたまり、こちらも向いていない感じがします。しかし調理の仕方によっては、お弁当にもピッタリ合う作り置きおかずに変身させることも可能です。

ここではそんな豚バラを使った作り置きおかずをご紹介いたします。

関連のおすすめ記事

肉じゃがをアレンジしてお弁当に入れよう!おすすめレシピを紹介

前日の残り物の肉じゃがを別の料理にアレンジしてお弁当に入れることはできないかと考えることもあるのでは...

野菜で作るお弁当におすすめの簡単美味しい作り置きレシピ

毎日のお弁当作りのために、おかずを作り置きをしている方も多いと思います。どうしても茶色っぽくなりがち...

弁当の盛り付けをおしゃれに!簡単にできるコツやおすすめを紹介

お弁当は盛り付け次第で美味しそうに見せることができます。 では、おしゃれに見えるお弁当にはどんなポ...

冷凍食品のお弁当の詰め方!美味しく見えるコツや簡単アレンジ

冷凍食品をうまく活用することでお弁当の詰め方もキレイに美味しく見せることができます。冷凍食品はそのま...

弁当代を節約!作り置きおかずで簡単・節約になる弁当を作ろう

毎日のお昼ごはんにかかるお金を、手作り弁当を作ることで節約しようと考えている人もいるのではないで...

お弁当の詰め方に迷う人必見、おしゃれで美味しく見える詰め方

お弁当用の美味しいおかずができても詰め方がヘタで、いつも見栄えゼロのおしゃれとは程遠いお弁当に仕上が...

時短お弁当レシピと簡単時短なお弁当作りのコツ

毎朝のお弁当作りは、少しでも時短で作りたいものです。そこで、お弁当のおかずにおすすめの簡単レシピや、...

弁当のご飯の量はどのくらいが適量?ちょうどいい量について

弁当に入れるご飯の量はどのくらいが適量なのでしょうか?子供の年齢によってや性別によってご飯の適量は違...

ナスで作る美味しいお弁当レシピ!子供が喜ぶお弁当の作り方

幼稚園に通うお子さんをお持ちのお母さんたちは、毎日お子さんのお弁当レシピに頭を悩ませているかもしれま...

丼のお弁当の中で、人気メニューのレシピをご紹介

丼は、ボリューム満点で、食べごたえもあり、男性からだけではなく、女性からも人気のものです。 そんな...

冷凍ご飯をお弁当に活用!チャーハンが向いている理由と注意点

ご飯が余るともったいないと冷凍庫へ。そんな冷凍ご飯の在庫が増え、余ってしまうことありますよね。しかし...

冷凍できるお弁当の作り置きおかずについて、注意点やコツも紹介

忙しい朝のお弁当作りは時間との戦い。揚げ物や焼き物などガスコンロやIHもフル回転です。 そこで...

茄子の作り置きできる冷凍おかずレシピ。お弁当に入れたいおかず

作り置きできるおかずが話題になっていますが、お弁当のことを考えると、冷凍もできるおかずがあると、朝の...

【お弁当のおかず】ハムの可愛い飾りや切り方のアイデアまとめ

子どものお弁当のおかずの隙間を埋めるのに便利なハム。 簡単にクルクルと巻いて入れるだけでも良いので...

弁当の野菜は冷凍保存が便利!時短を叶えるおすすめ方法を紹介

お弁当に野菜を使ったおかずを入れると色のバランスが良くなります。野菜を冷凍保存しておけば、お弁当作り...

ガッツリ系ならこれで決まり!お弁当の作り置き豚バラレシピ

豚バラは脂がたっぷりで我が家ではバーベキューの時に欠かせません。バーベキューでは焼き立てを食べることができるので、ただ塩コショウを振るだけで最高に美味しいものです。しかし、お弁当に入れると冷めた状態で食べる事になるのでバーベーキューの場合とはちょっと違ってきます。

豚バラをお弁当に入れるにはただ焼くだけではなく味付けをしっかりとすると美味しくなります。

我が家では昆布の佃煮を使用して味付けた豚バラがお弁当人気メニューとなっています。
油を敷いたフライパンにニンニクのみじん切りと豚バラを入れて料理酒をかけて脂が出るまで炒めます。昆布の佃煮を多めに入れて全体に絡めます。
ニンニクと昆布の佃煮の出汁と甘みがとってもジューシーなお味に仕上がります。

ポイントは昆布の佃煮を多めに入れて味をしっかりとつけることです。そうすると冷めても美味しくお弁当に合います。食卓で熱々のうちに食べる場合には昆布の佃煮を少なめにするとよいでしょう。

定番豚バラ大根をお弁当の作り置きおかずに

豚バラは脂がたっぷりなのであっさりとした大根と一緒に煮るととても合います。

あっさりとして味気ないと感じられる大根が豚バラの脂でジューシーに変身させられるのです。しょう油とみりんを入れて煮るだけでも美味しいのですが、洋ナシを入れると甘みが出て味がまろやかになります。洋ナシのフルーティーなジューシーさがプラスされて爽やかなお味となり家族に好評です。
大根と洋ナシの切り方は好みでどの様に切ってもよいのですが、私は最近乱切りにするのが気に入っています。味が浸み易いように、少し小さめの乱切りにします。
豚バラを炒めて大根と洋ナシを入れてみりん、しょう油を回しかけて蓋をして煮るだけです。大根が軟らかくなったらできあがりです。
冷めたら食品保存袋に入れて平らにして冷凍します。豚バラと大根、洋ナシが凍ったまま折り分けられるように沢山重ならないようにして袋に入れておきましょう。

豚バラのプルコギもお弁当におすすめ

豚バラでプルコギを作ってみましょう。

朝鮮半島で昔から愛されてきた料理で、しょう油味の甘いお肉料理です。
正統派のプルコギをちょっと和風に仕上げてみました。甘口のしょうゆ味を昆布の佃煮を利用して作ってみました。実は昆布の佃煮を自分で作ってみたのですが、圧力鍋で大量に作ったのでそのままでは食べきれず、様々な料理に活用しています。怪我の功名とでもいうのでしょうか、昆布の佃煮が様々な料理を更に美味しくしてくれるのです。もちろんわざわざ昆布の佃煮まで自分で作らなくても市販の昆布の佃煮を使用して大丈夫です。

中華鍋をよく加熱して油を敷き、豚バラを入れて周囲の色が変わったら細切りにしたチンゲン菜と人参、エリンギを入れます。野菜類がしんなりとしてきたら昆布の佃煮をほぐして全体に散らし、しょう油とコチュジャンを少し入れて全体に絡めます。
昆布の佃煮が固まっていると味に偏りができてしまうので、ほぐして散らすようにして入れるのがポイントです。
冷ましてから食品保存袋に入れて冷凍します。

豚バラをお弁当に入れる場合のポイント

豚バラはとにかく脂が多いです。パックに入っているものを購入して表面に見えている部分は赤みがあっても、内部に9割がた脂身の切り身が入っていることがよくあります。
いくら脂身がジューシーで美味しいとはいえ「これは単なる脂身でしょ…」とげんなりしてしまうことがよくあります。
脂身は焼いて直ぐ食べる分にはまだジューシーと言えますが、冷えると透明感が消えて白くかたまり、とても美味しいとはいえない状態になります。
特に茹でた後に冷えると脂が真っ白にかたまります。油を敷いて焼いて調理をするとこれを軽減することができます。

お弁当に入れる場合には豚バラ全体に油が絡むように調理をすると美味しく食べることができます。

また、食卓で食べる場合には具材を大きめに切ると噛み応えがあり素材の味が感じられて美味しいのですが、お弁当で同じ大きさのおかずを入れるとおさまりが悪く味も薄く感じられます。

お弁当用にする場合には具材を少し小さめに切ると味がしっかりと付いて弁当箱の中でのおさまりもよくなります。夕食のおかずと一緒に作って取り分ける場合には弁当用に小さめに切ったものを一緒に入れて調理し、お皿に盛る時に小さい具材を取り分けています。

作り置きおかずを作る際の注意点

料理を作って食品保存袋に入れる場合には、袋に料理の名前と作った日付を記入しておきましょう。

そのときには何の料理か分かっているのですが冷凍してしまうと思っている以上に、見ても何か分からなくなります。また、月日が過ぎるのは早いもので「まだ作ってからそう日が経っていないだろう」と思っていても実は3ヶ月、半年と経過している場合があります。どのくらい経過したのかわからなくなると使用する気がしないので、必ず日付を記入しておきましょう。

結局いつ作ったのか分からなくなり霜が付いたような料理は私がお昼にひとりで食べるか、処分することになってしまいます。電子レンジで温めてすぐに食べると、かなり月日が経過したおかずでもまだお腹を壊した事はありません。しかし、私のお腹はかなり丈夫なようなので長期間経過した料理は冷凍しているとはいえ食べない方がよいでしょう。