キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

離乳食に使用する野菜の冷凍について期限や解凍についてもご紹介

離乳食は当たり前ですが、大人と比べて必要な量は毎日少しだけです。また最初のうちはスプーンいっぱいから始まります。少量の離乳食を毎日手作りするのは意外と大変、そこで離乳食をまとめて冷凍する方も多いのではないでしょうか。

ここでは離乳食の冷凍に注目し、冷凍の期限について、野菜やお粥はいつまでに消費するのが良いのか、ご紹介いたします。

また離乳食の冷凍方法や、解凍方法についてもご紹介をいたしますので、離乳食作りにお役立てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷凍保存が可能、知って得する焼きそばの麺の冷凍方法とコツ

焼きそばの麺が冷凍保存できるって知っていましたか? スーパーで焼きそばの麺が安売りしていると思...

【冷凍のお餅を使ったレシピ】ちょっと変わったお餅料理をご紹介

買いすぎてしまったお餅や、つきすぎてしまったお餅を冷凍保存している方もいらっしゃいますよね。 ...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

豆苗ナムルで日持ちも可能!美味しい簡単レシピやおすすめを紹介

豆苗は節約の強い味方。そんな豆苗はナムルにするのが日持ちできるのでおすすめです。豆苗で作るナムルは電...

冷凍したカレーの解凍方法とは?保存カレーの美味しい食べ方

冷凍したカレーはどのような解凍方法が一番いいのでしょうか。お手軽なのはレンジですが、なかなか解凍でき...

冷凍食パンでパン粉を簡単手作り!ポイントやおすすめレシピ

パン粉が家になくて困ったときは食パンで代用できます。 特に。冷凍した食パンを使えばパン粉の作り方は...

冷凍パイシートの解凍方法とポイント、美味しく焼き上げるコツ

我が家は冷凍パイシートを常備していますが、以前解凍方法を間違えてしまい、せっかくのサクサク感がなくな...

冷凍したステーキの賞味期限は?美味しさを逃さない冷凍や解凍法

美味しそうなステーキ肉があっても、何らかの理由ですぐには食べられない場合もあります。そんな時は冷凍保...

冷凍したものの賞味期限は、肉ならどのくらいなのか

冷凍保存は、通常よりも賞味期限を長くすることが出来ます。 その賞味期限は、食材によってまちまちです...

豚肉を冷凍した場合の賞味期限は?賞味期限を延ばすコツもご紹介

売出しや週末のまとめ買いなどで豚肉を沢山買った場合、保存はどうしていますか?冷蔵保存で消費期限内に使...

冷凍した肉の保存期間は種類や形状で違う!冷凍保存のポイント

特売で安く売られていたお肉を購入したあとは、その肉を冷凍保存することで長い期間保存することができます...

冷凍した鶏肉の賞味期限と解凍後の賞味期限・冷凍のコツを解説

冷凍した鶏肉の賞味期限がどのくらいなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。賞味期限がわからないと...

米の保存方法は冷蔵庫がおすすめ。米を入れる密封容器や保存場所

お米の保存はどこでしていますか? 毎日食べるお米は実は鮮度がとても大事なのです。ですので冷蔵庫で保...

冷凍したカレーパンの解凍方法と美味しい温め方と復活のコツ

買い過ぎてしまったカレーパン、食べ切れなかったカレーパンは冷凍保存が出来ます。 冷凍したカレー...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

スポンサーリンク

離乳食の野菜の冷凍期限について

お子さんが離乳食の時期に何を食べますか?野菜なんて食べたりもしますよね?この時期、野菜を食べたりします。

どうやって、調理したら、この野菜を離乳食のために使えると思いますか?

野菜の離乳食の中には、水分が沢山含まれています。

水分が入っているため、冷凍期限は、1週間を目処にして下さい。

そして、大人が食べるものではないので、対象相手が子供なことも忘れないで下さい。それも冷凍期限が1週間になる理由です。

野菜が含まれている部分、早めに食べなくてはいけません。1週間で食べなくてはいけない理由です。中に入っているものは、野菜ですし、水分も含まれていますからね。

食べる相手も子供ですからね。その点は、わきまえながら、野菜の離乳食を子供に与えて下さい。子供が食べるんですから、安全性は守って下さいね。

離乳食の野菜の冷凍は期限と同じく解凍方法も重要

離乳食の冷凍食品は、子供に食べさせる前に、解凍させなくてはいけません。どの冷凍食品を解凍するにしろ、自然解凍は避けて下さい。

というのも、冷凍解凍を自然解凍しただけで中に入っている物に菌が発生して、食べること事態が、もう危険です。

ですから、食べる時は、絶対に自然解凍はしないで下さい。それだけで、お子さんに食べるものとしては、ふさわしくありません。他の解凍方法で、冷凍食品を解凍して下さい。
熱湯のお湯を使って、子供に与える野菜の冷凍食品を解凍して下さい。その方が絶対、安全に食べられます。

もしくは、電子レンジを使って、野菜の冷凍食品を解凍して下さい。電子レンジを使った解凍の方が安全かつ、衛生的に冷凍食品を食べさせることができます。 どちらかというと、電子レンジで解凍した方が楽だと思います。お湯で解凍するよりは、電子レンジで解凍した方が早いし、安全性も高まります。 お湯でやるのもいいですが、電子レンジの方が早く出来上がると思います。大体の方は、電子レンジをお持ちですから、大丈夫だとは思いますが。

野菜ペーストなどの離乳食の冷凍保存の仕方

離乳食で子供に与える、野菜でペースト上のものを与える時は、冷凍保存のものを解凍しますよね?それを冷凍する時に、食べやすいと思うので、一食分に小分けして、冷凍して下さい。

冷凍をする際は、絶対に、しっかりと空気に触れさせない形で、密封して、保存して下さい。冷凍保存する際は、空気に触れさせないで下さい。それだけで、野菜ペーストは、腐ってしまいます。ですから、空気には触れさせない状態で、冷凍保存して下さい。

また、どのくらい冷凍保存するかもわかるように、日付は書くようにして下さい。そうでないと、どのくらいの期間、冷凍をしているのか、わかりますから。

小分けしたものは、保存した方が使いやすいんです。冷凍したあとに、空気は触れさせないで、あとは、どのくらい冷凍したのか、期間がわかるように、日付も書くようにして下さい。

生野菜は冷凍NG、離乳食に使用する冷凍が向かない食材

生野菜は冷凍で保存してはいけません。離乳食に使用する乳製品は、冷凍には実は向きません

例えば、ヨーグルトがそれに当たります。乳製品は、当たり前かもしれませんが、冷凍にはむきません。

まぁ、言われたらわかると思いますが、乳製品は冷凍はできないんです。

当たり前ですよね。乳製品は冷凍食品にはできません

だって、乳製品は、普通、冷蔵庫に入れますよね。それが、冷凍庫に行くなんて、想像もつかないと思います。

考えたら当たり前だとは思いますが、ヨーグルトは冷凍にはむきません。ですから、どの食品をどこに冷凍したり、冷蔵するかは、適切に判断して下さい。

あとは、じゃがいもです。驚くかもしれませんが、じゃがいもは冷凍することはできません。その当たりも考えながら、じゃがいも適切な場所に保存して下さい。じゃがいもですから、野菜室に入れたらいいんじゃないんでしょうか。

離乳食の主食であるおかゆも冷凍期限は1週間

離乳食の主食は、おかゆですよね?その冷凍期限は、1週間です。

どうしてかというと、野菜の時も、上記で説明しましたが、水分が含まれているため、賞味期限は1週間ですよね。

それと同じで、おかゆも1週間です。どうしてかというと、同じ水分が含まれているからです。ですので、おかゆも賞味期限は、1週間です。その点にも注意して、食べて下さい。賞味期限は1週間として下さいね。それが原則になります。

水分が入っているので、その点は理解できるとは思いますが、賞味期限は、野菜もおかゆも1週間です。その点は、忘れないで下さいね。その点にも気をつけながら、冷凍食品を買い、食べきって下さい。1週間という期限を忘れないで下さい。おかゆはあまり食べないかもしれませんが、どちらにしろ、1週間という期限を忘れずにいて下さいね。大丈夫です。その期限さえ守っていれば、安全に食べることができます。