キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

米の保存方法は冷蔵庫がおすすめ。米を入れる密封容器や保存場所

お米の保存はどこでしていますか?
毎日食べるお米は実は鮮度がとても大事なのです。ですので冷蔵庫で保存するのがおすすめの方法。

ここでは冷蔵庫での米の保存方法を紹介します。
お米はなるべく空気にふれさせないように密封保存をしましょう。
ペットボトルやチャック付きの保存袋がおすすめです。冷蔵庫に入れる時の場所やポイントをご覧ください。

またお米をもらったり家族が多い家庭では10キロのお米を購入することもあるでしょう。

この場合もなるべく空気にふれさせないように保存したいものです。おすすめの保存方法を紹介します。

お米は鮮度で美味しさが違います。冷蔵庫でお米を保存して、毎日美味しくいただきましょう。

関連のおすすめ記事

茄子の保存の仕方は冷凍がおすすめ!冷凍方法やおすすめを紹介

茄子の保存の仕方では冷凍も可能なのでしょうか? 茄子を冷凍保存することができれば、食材を無駄にせず...

冷凍豆腐はまるでお肉の食感!冷凍豆腐を使ったステーキレシピ

豆腐は冷凍には向かない食材。そう思っている方は多いと思います。しかし、この豆腐を一度凍らせてから調理...

味噌を手作りしたらカビが…カビが生えやすい原因と対処法を解説

手作り味噌の蓋を開けたらカビが…身体に悪そうですし、カビた味噌を食べることができるのかどうかも不安に...

さんまを美味しく保存!冷蔵庫や冷凍での保存方法と解凍方法

安売りのさんまや一回の料理で食べ切れなかったさんまを冷蔵庫で保存するとき、どのような方法で保存をすれ...

冷凍ほうれん草は栄養豊富!上手な冷凍保存方法と活用のコツ

冷凍したほうれん草の栄養は生鮮の物と比べると落ちてしまうのか気になっていませんか?実は、ほうれん草は...

冷凍でストックさせる、野菜の保存方法などについてご紹介

冷凍でストックさせるものといえば、肉や魚、それから野菜があります。 野菜には、冷凍に向いているもの...

冷凍の焼きそば麺を解凍して美味しく食べる!やり方やコツを紹介

焼きそば麺はそのままでも冷凍することができます。冷凍した焼きそば麺は簡単に解凍ができて、美味しく調理...

豚バラを使った簡単ボリューム丼!ご飯の進む美味しいレシピ

食べざかりのお子様は、やはりお肉を使ったおかずが大好き。お子様に「何が食べたい?」と聞くと、決まって...

ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存すると...

ナスの保存法!常温・冷蔵・冷凍保存の方法と乾燥ナスの作り方

特売のナスをたくさん購入しても、一度でナスを使いきることができないこともあります。間違えた保存法で保...

お米の保存方法を知りたい、大量の場合でも対応できる方法は

みなさんはお米の保存方法をどのようにしているでしょうか、米びつに入れたり、袋のまま使うという人が多い...

冷凍ご飯の上手な解凍方法!レンジなしで解凍する方法とコツ

ご飯が余ったときや、一人暮らしの方などは、冷凍ご飯にして保存する方が多いのではないでしょうか?炊きた...

冷凍鶏肉の解凍後の賞味期限と傷んでいるかの見分け方・解凍方法

冷凍した鶏肉は、解凍後どのくらい保存することができるのでしょうか。解凍後の鶏肉の賞味期限について知り...

冷凍OKのオカズ作り・作り置きレシピと美味しい保存のコツ

毎日忙しく仕事をしている主婦の方は、なるべく時間をかけずに食事やお弁当を作りたいと考えるものです。 ...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

米の保存方法のポイント!冷蔵庫保存や常温保存の場合

お米は乾燥しているので特に期限はなく保管場所を特に気にしたことが無い方は多いと思います。しかし、お米は保管の環境により品質や味が変わってしまう鮮度の大切な食品です。美味しいお米を食べることにこだわり精米機を自宅に所有している方もいます。玄米を購入して、食べる分だけを精米して食べてるのです。お米は精米したてが一番美味しく、日がたつにつれて味が落ちてしまいます。

お米の鮮度を出来るだけ保ち美味しく食べるためには次のことに気をつけて保存しましょう。

【常温保存の場合】

  • 日の当たらない場所に置く。
    直射日光が当たるとお米が乾燥しすぎてひび割れてしまう場合があります。ひび割れると食味が悪くなります。
  • 温度の高い場所を避ける。
    温度が高いと米に虫が発生する場合があります。
  • 温度差の激しい場所に置かない。
    温度差が激しいと結露して米が湿気たりカビが生える原因になります。
  • 湿度の高い場所に置かない。
    湿度が高いとカビの原因になります。
  • 臭いの強いものの近くに置かない。
    お米は臭いを吸着します。石鹸やにんにくなど臭いのきつい野菜などを近くに置かないようにしましょう。

【冷蔵保存の場合】

  • 冷蔵庫では野菜室に入れる。
    お米は冷やす必要はありません。虫が活動しない程度に低温であれば充分なので冷蔵庫の中では一番温度の高い野菜室で充分です。
  • 冷蔵庫内の奥に入れる。
    冷蔵庫の開け閉めにより温度が変化するので、手前に入っているとその温度差の影響が大きくなってしまいます。温度差があると容器内で結露してお米が濡れてしまうので、なるべく奥の底に入れましょう。
  • 密閉する。
    他の食材の臭いが移らないように密閉できる容器に入れましょう。

冷蔵庫での米の保存方法はペットボトルが便利

米を冷蔵庫に保存する場合はペットボトルに入れると便利です。

密閉できてスペースに合わせて立てても寝かせても入れることができます。冷蔵庫内は食材が一杯でゆとりがない家庭が多いと思います。大きな容器に入れるとまとまったスペースが必要で、お米が減ってきてもその容器のスペース分占拠されてしまいます。ペットボトルに分けて入れると庫内の隙間に入れることができ、お米が減ってきたらペットボトルの本数も減らして保管することができます。
但し、ジュースなどのペットボトルは臭いがなかなか取れないので水のペットボトルがお勧めです。お米を入れる前に完全に乾かしておく事が重要です。

米の冷蔵庫での保存方法はチャック付き袋の小分け保存で美味しさアップ

米を密閉できるチャック付き袋に小分けして冷蔵庫に保存するのも便利です。

ペットボトルと違い形も柔軟に変えられるのでより効率的に入れることができます。上部をスライドさせて閉める袋は密閉にはならないので手で押さえて閉める袋を選びましょう。
チャック袋に入れた場合は冷蔵庫の野菜室の底に敷き詰めると良いですよ。底が少し高くなる程度で他の野菜等を入れるのに邪魔になりません。

たくさんあるお米の保存方法も空気にふれさせない事

お米を10kg袋で購入するうご家庭は多いと思います。お米が減ってきてならともかく10kg全てを冷蔵庫に入れられるほど空きがある家庭は少ないのではないでしょうか。その場合は冷蔵庫に入れるのは諦めて密閉できる袋に入れて常温で保存します。購入した時に入っている袋には中の空気が抜けるように小さな穴が開いています。

そのまま保管すると虫が入ってしまう可能性があります。また、袋が薄いので袋を食い破ってお米に侵入する虫もいます。
お勧めなのが布団用圧縮袋です。10kgのお米が全て入るくらい大きくて厚みがあり、丈夫で密閉することもできます。

米の保存期間とこまめな購入がおすすめ

お米は保存期間が長いほど鮮度が落ちて劣化してしまいます。できるだけお米を美味しい状態で食べられるように、一ヶ月で食べきれる量ずつ購入するようにしましょう。
安いからとまとめ買いをしてカビてしまったり虫が発生したら一大事です。

両親は私が子供の頃からお米を一年分まとめて購入していました。両親の実家はお米の農家なのですが遠方なので、何度もお米を買いに訪れるのは大変です。そのため秋の収穫が終わった頃に一年分のお米をまとめて購入していたのです。
しかし、一年間保管している間にお米には様々なトラブルが発生したことがあります。
お米を保管してある場所は地下だったので湿気てかびてしまった事があります。お米全体が何となく青っぽくなり、水を入れて洗うと水が青色になりました。青カビが発生してしまったのです。流石に色が付くほどカビたものは処分されました。しかし、色が付くまでは徐々にかび始めていて、見た目だけでは分からない状態の時期。その時期のお米は何となくかび臭くて美味しくない状態です。食欲減退しました。
コクゾウムシが発生するトラブルもありました。お米の中に小さくて黒い甲虫がチョロチョロと歩いています。お米の粒の中に入り込んでいる虫も居ます。外で新聞紙の上に広げてコクゾウムシを退去させてまたそのお米は米びつに戻されました。
これまたその後は食欲減退です。
そんな時は、実家がお米の農家ではなく普通にお店で買って来たお米を食べたいと思ったものです。
こまめに購入して新鮮なお米を食べましょう。