【冷凍のお餅を使ったレシピ】ちょっと変わったお餅料理をご紹介

買いすぎてしまったお餅や、つきすぎてしまったお餅を冷凍保存している方もいらっしゃいますよね。

ここでは、そんな冷凍したお餅を使ったレシピ、お餅料理に飽きてしまった方への、ちょっと変わったレシピをご紹介いたします。

またあわせて上手にお餅を解凍する方法や、冷凍の仕方についてもご紹介をしていますので、今後の参考になさってください。

関連のおすすめ記事

ドライトマトを天日干しで作る場合の気になる夜の保存方法

家庭菜園などで野菜が沢山収穫できたら、乾燥野菜にする方も少なくありませんよね。ミニトマトもドライトマ...

なすの保存方法!切った後は冷凍・干しなす・オイル漬けで保存

なすを切った後、料理に全て使いきれずに残ってしまうことがあります。切った後のナスはどのように保存すれ...

冷凍した食品の保存期間【魚編】保存方法とコツ・解答方法を解説

魚をたくさん購入したときなど、一度に食べきれない場合は冷凍して保存すると冷蔵よりも長く保存することが...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

冷凍豆腐はまるでお肉の食感!冷凍豆腐を使ったステーキレシピ

豆腐は冷凍には向かない食材。そう思っている方は多いと思います。しかし、この豆腐を一度凍らせてから調理...

冷凍鶏肉の解凍後の賞味期限と傷んでいるかの見分け方・解凍方法

冷凍した鶏肉は、解凍後どのくらい保存することができるのでしょうか。解凍後の鶏肉の賞味期限について知り...

お米の保存方法を知りたい、大量の場合でも対応できる方法は

みなさんはお米の保存方法をどのようにしているでしょうか、米びつに入れたり、袋のまま使うという人が多い...

味噌汁は常温で何時間保存できる?味噌汁のおすすめ保存方法

夕飯に作りすぎてしまった味噌汁を常温で保存していた場合、次の日の朝食に飲んでも大丈夫?と、思うことあ...

冷凍ご飯は自然解凍しても大丈夫?ご飯を美味しく解凍する方法

冷凍ご飯を解凍するときは、自然解凍でも大丈夫なのでしょうか。冷凍庫から出してそのまま放置するだけで解...

さんまを美味しく保存!冷蔵庫や冷凍での保存方法と解凍方法

安売りのさんまや一回の料理で食べ切れなかったさんまを冷蔵庫で保存するとき、どのような方法で保存をすれ...

冷凍したものの賞味期限は、肉ならどのくらいなのか

冷凍保存は、通常よりも賞味期限を長くすることが出来ます。その賞味期限は、食材によってまちまちです...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

味噌を手作りしたらカビが…カビが生えやすい原因と対処法を解説

手作り味噌の蓋を開けたらカビが…身体に悪そうですし、カビた味噌を食べることができるのかどうかも不安に...

冷凍肉の美味しい焼き方をご紹介、冷凍方法も重要です

肉をまとめ買いした時は冷凍保存しますが、いつもどのような焼き方をしていますか?私はいつも冷蔵庫に...

米の保存方法は冷蔵庫がおすすめ。米を入れる密封容器や保存場所

お米の保存はどこでしていますか?毎日食べるお米は実は鮮度がとても大事なのです。ですので冷蔵庫で保...

冷凍したお餅を洋風に!フライパンで作るお餅のピザレシピ

いつものお餅の食べ方に飽きてきたなと思ったら、洋風味にしてみませんか。

実はお餅とチーズの相性は抜群。更に一緒に溶けてトローリな状態に仕上がります。

お餅は解凍してから使用します。室温で解凍するか、電子レンジで解凍しても構いませんが、電子レンジの場合は熱しすぎに注意しましょう。
解凍したら水分が奪われないように水に入れておきます。
  1. よく熱したフライパンに油を入れて解凍した餅を入れます。この時、フライパンいっぱいに餅を敷き詰めてしまうとひっくり返すときに大変ですので5個から6個くらいにしておきます。間が空かないように置きます。
  2. 餅が膨らんできたらひっくり返し、ケチャップかピザソースを塗ります。
  3. 更に上にチーズを掛けてウインナーやベーコン、お好みの野菜などを乗せ、蓋をして火を通します。

あまり強火で調理すると餅が焦げてしまいますので、火を調整しながら加熱して下さい。
出来上がったらお皿に移してから食べやすい大きさに切るか、あらかじめまな板のうえにアルミホイルやクッキングシートを引いてから切ると、餅がくっつかなくて切りやすいです。

冷凍したお餅を揚げておかきを作ろう!簡単にできるおかきレシピ

お餅を油で揚げるとおかきを作る事ができます。

あげる場合は乾燥が必要になりますので、食べやすい大きさ(1個の餅を六等分)にしてから1日から2日ほど干してください。日に当てる必要はありませんが、風通しの良い所に置いてカビないようにしてください。
乾いたかどうかの目安は餅にヒビが入ってきたかどうかでわかります。

ヒビが入ったら油で揚げていきます。油の温度は170度から180度くらいです。色が変わってきたら取り出して塩で味付けします。

おかきはそのまま食べても美味しですが、チョコをコーティングするとしょっぱくて甘いお菓子が出来上がります。

チョコでコーティングするには、溶かしたチョコレートに揚げたてのおかきを入れて混ぜ合わせて固めるだけです。揚げたてのチョコをつけたての、チョコとろーり、おかきサクサクも美味しいです。
是非出来立てを味わってみて下さい。

また、おかきを作った後で、振りかけて食べる味を色々選べると盛り上がります。
ご飯にかける振りかけなどは使いきりサイズで、何種類も味が入っているのでお好みの味付けに替える事ができますし、こんな味と合うの?などと盛り上がる事もできます。

他の食材もお餅と一緒に摂れる、ちょっと変わったレシピをご紹介

お餅をそのまま食べるのではなく、ソースとして使う方法がありあます。

お餅を溶かしてチーズと牛乳を入れるととろーりとしたソースになります。これに野菜やウインナーなどを付けて食べるお餅フォンデュもお勧めの食べ方です。
また、このお餅に他の物も入れるとまた違う味を作る事ができますので違う味も作ってみて下さい。

スープにお餅を入れるだけでボリュームと腹持ちを良く出来ます。

朝ご飯を沢山食べる時間がない時などは、そのままスープに温めたお餅を入れると時間短縮になり、また保温性もあって餅がすぐ冷えなくて良いです。

餅を挟む調理法もあります。餅を少し温めてからお肉や野菜などに巻いて蒸し焼きにすれば焦げつかずに餅も柔らかくなりますし、野菜やお肉などにも火が通りますので、フライパンの蓋をして蒸すように作ると良いです。また、チーズなどを一緒に挟む場合は溶けだして焦げ付きの原因になってしまうので、下にアルミシートなどを敷くと餅もチーズもはがれやすくなります。

餅は一度柔らかくしてから再形成もできます。伸ばして中に蒸したさつまいもやあんこなどを入れて包むとお団子を作る事ができます。しかし、時間が経つとお餅と一緒で固くなってしまうので、作ったらすぐ食べるようにしてください。

冷凍したお餅を上手に解凍する方法

冷凍したお餅は解凍するときに水分が出てしまいカサカサになってしまいます。

水分が飛ばないように解凍するのが一番良い解凍の仕方になりますので、解凍するときは冷凍したままのお餅をお水に漬けてレンジで温めて解凍してください。レンジ加熱時間は3分ほどで良いです。
また、自然解凍した後にそのままお餅を温めると固くて食べられない場合がありあます。これは、解凍している間に水分が抜けていっているからです。

水分を逃がさない為には、一気に加熱して温めて解凍する、フライパン加熱方法もあります。

フライパンに冷凍したままの餅を入れて加熱するのです。加熱するときは餅がくっつかないように油をひいて焼きながら解凍、加熱していってください。フライパンで加熱するときは2分ほどで焦げ目がついてきますので、裏返して更に加熱するようにしてください。

お餅の美味しさそのままで冷凍する方法

冷凍するときの一番の敵は空気です。空気に触れないように冷凍するのが美味しいまま冷凍するポイントになります。

お餅は水分をよく拭き取り、一つずつラップで包んで密封の袋にいれます。
入れたら、袋の中の空気もできるだけ抜くようにしてください。

真空にして保存すると鮮度を保つことができますので、餅をジッパー袋にを入れたら真空にしてそのまま冷凍することをお勧めします。