ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存するときは、どんな保存法で保存をすればうまく保存することができるのでしょうか。

ここでは、切ったナスを冷蔵・冷凍・干しナスにして保存する方法についてご紹介します。余ってしまったナスをうまく保存して、次の料理に活用しましょう。

また、ナスの賞味期限に見分け方についてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にして、ナスが傷む前に美味しく食べきりましょう。

関連のおすすめ記事

冷凍パイシートの解凍方法とポイント、美味しく焼き上げるコツ

我が家は冷凍パイシートを常備していますが、以前解凍方法を間違えてしまい、せっかくのサクサク感がなくな...

冷凍したステーキの賞味期限は?美味しさを逃さない冷凍や解凍法

美味しそうなステーキ肉があっても、何らかの理由ですぐには食べられない場合もあります。そんな時は冷凍保...

冷凍鶏肉の解凍後の賞味期限と傷んでいるかの見分け方・解凍方法

冷凍した鶏肉は、解凍後どのくらい保存することができるのでしょうか。解凍後の鶏肉の賞味期限について知り...

冷凍保存が可能、知って得する焼きそばの麺の冷凍方法とコツ

焼きそばの麺が冷凍保存できるって知っていましたか?スーパーで焼きそばの麺が安売りしていると思...

ドライトマトを天日干しで作る場合の気になる夜の保存方法

家庭菜園などで野菜が沢山収穫できたら、乾燥野菜にする方も少なくありませんよね。ミニトマトもドライトマ...

冷凍フルーツは全解凍してもOK?おすすめな解凍方法とレシピ

冷凍フルーツは、好きなフルーツを旬でなくても口にすることができ、価格の変動も少ない点が購入する私達に...

大根の保存法は新聞紙がおすすめ!無駄なく長持ちさせるコツ

大根の保存法について悩んだときは、新聞紙でそのまま包むのがおすすめです。季節によっては新聞紙で包...

ひき肉の冷凍保存はパラパラだと使いやすい!保存の仕方を紹介

ひき肉を冷凍保存するときにはどのような状態にするといいのでしょうか?パックのまま冷凍してしま...

ナスの保存方法を解説!常温・冷凍・干しナスで保存する方法

ナスを正しく保存をしないと、しなびてシワシワになってしまいます。ですが、正しい方法で保存をすることで...

豚肉を冷凍した場合の賞味期限は?賞味期限を延ばすコツもご紹介

売出しや週末のまとめ買いなどで豚肉を沢山買った場合、保存はどうしていますか?冷蔵保存で消費期限内に使...

米の保存方法は冷蔵庫がおすすめ。米を入れる密封容器や保存場所

お米の保存はどこでしていますか?毎日食べるお米は実は鮮度がとても大事なのです。ですので冷蔵庫で保...

冷凍肉の美味しい焼き方をご紹介、冷凍方法も重要です

肉をまとめ買いした時は冷凍保存しますが、いつもどのような焼き方をしていますか?私はいつも冷蔵庫に...

冷凍ご飯を電子レンジで解凍する手順!時間の目安と解凍方法

冷凍ご飯を電子レンジで解凍する時、解凍時間のめやすがどのくらいなのかわからないと上手に解凍することが...

豚肉の冷凍保存期間の目安と美味しく食べられる冷凍のコツを紹介

豚肉を冷凍保存したときは、肉の旨味を美味しく食べることができる期間内に食べるのがおすすめです。そ...

冷凍した食品の保存期間【魚編】保存方法とコツ・解答方法を解説

魚をたくさん購入したときなど、一度に食べきれない場合は冷凍して保存すると冷蔵よりも長く保存することが...

切ったナスの冷蔵保存は賞味期限が短い!冷蔵庫での保存法

ナスはいろいろな料理に活用できる優秀な食材ですが、鮮やかな紫色のまま調理したり、鮮度を保ったまま上手く保存するのが難しいという難点もあります。袋入で何本か入った状態で売られていることが多いナスですが、料理に使おうと思って切ったは良いものの、使いきれずに残してしまった時は、どのような保存法がベストなのでしょうか?

切ったあとのナスは日持ちしない

ナスはスーパーでも常温の棚に並んでいることからもわかるように、まだ切る前の段階であれば、必ずしも冷蔵庫に入れて保存しなければならない食材ではありません。しかし、すでに切ったあとのナスの場合は日持ちがききませんので、冷蔵庫に入れるのが基本です。

切ったナスは切り口が黒ずんでくる前に、すぐに水に浸けてアクを抜きます。よく水分を拭いてから、密閉できる容器か食品用のジッパー付きバッグなどに入れて、なるべく空気を抜いた状態にしてから野菜室に入れます。この場合でも、せいぜい3日以内には食べてしまうようにしましょう。

切ったナスの保存法!生のまま冷凍保存する方法

ナスは冷蔵庫のように極端に低温で乾燥した場所に長時間入れていると、しなびてシワシワの状態になってしまうことがあります。コレを防ぐためには、買ったあとはなるべく早く食べきってしまうのが最も美味しく食べられる方法なのは、言うまでもありません。

ナスは長期保存が利く食材

切ったあとのナスをすぐに食べる予定がない場合は、冷凍してしまう保存法もおすすめです。この場合は水に浸けてしまうと、ナスに水分が残りやすいので、アクを抜いたあとはしっかりと水分を残さないように拭く必要があります。

もしも時間がない場合は、切った後の切り口から出る水分を拭き取る程度に留め、そのままジッパーバッグなどに入れて、よく空気を抜いた状態で冷凍しましょう。

冷凍してしまえば、1ヶ月程度は美味しく食べることができます。

ナスは冷凍しても味の変化はほとんどみられませんが、やはり生の状態から調理した時とは食感が違ってきますので、クタクタに煮込んで使うのがベストです。

切ったナスを冷凍保存する保存法・焼いてから冷凍保存する方法

ナスの旬である夏場には、スーパーで買ってきたばかりなのに、さらに家庭菜園で作ったナスを大量にもらってしまって、嬉しい半面困ってしまうという事態に陥ることも。そんな時に私は、切ったあとにそのまま冷凍するだけでなく、一手間加えてこんな保存法も活用しています。

焼きナスの冷凍保存

  1. ナスをまるごと魚焼きグリルなどでしっかりと焼き、熱いうちに皮を取り除いてから、粗熱を取ります。
  2. 硬いヘタの部分はカットしたのち、一口ずつに切り分け、一度に食べる分ずつで小分けにラップで密封したら、あとはジッパーバッグなどに入れ、空気を抜いてから冷凍庫へ。
焼きナスはいざ食べたいと思っても、焼いてから食べるまでに少し時間がかかる料理ですが、あらかじめナスを焼いてから冷凍するという保存法を使えば、あとは電子レンジでチンするだけで、いつでも食べたい時に焼きナスが気軽に食べられます。

切ったナスは干しナスにする保存法もおすすめ

自宅でできる野菜の長期保存法としては、干して水分を飛ばしてから保存するという方法もあります。ナスのようにほぼ水分からできた野菜に関しては、干すことで食感が変わり、なぜかお肉を食べているような不思議な食感になるのです。干したナスは、工夫次第でさまざまな料理のアクセントとして活用することができますので、ぜひお試しを。

基本のナスの干し方(所要日数 約1日)

  1. 皮が残らないように剥いたらヘタの部分をカットして、厚さ約2ミリほどのななめ切りにします。
  2. 塩を濃い目に溶いた水でアクを抜いたのち軽く洗ったら、アルミホイルの上に揚げ物で使う足の付いた網を載せたところに均等にナスを並べます。
  3. 時々裏返しながら、よく日の当たる風通しの良い場所で丸一日干したら完成です。
この作業はなるべく天気の良い日に行い、日が沈んだら室内に入れましょう。完全に水分が乾いたら、あとはジッパーバッグなどで密閉することで、1ヶ月ほどは美味しく食べられます。

ナスの賞味期限切れの見分け方

ナスは買ってきたそのままだと、とにかく日持ちしない野菜の代表とも言える存在ですので、本来であれば鮮度が落ちないうちに食べきってしまうのが鉄則です。

ですが、うっかり使い残しの数本を野菜室の奥で眠らせてしまったり、気にはなっていたものの使いきれずに残してしまった場合は、どの程度まで食べることができるのでしょうか?

見た目や手触りの変化をみる

紫色から茶色っぽく変色し、なおかつ端のほうがドロっと溶けたような状態であれば諦めもつきますが、なんとなくしんなりしている程度なら、まだセーフと言えます。

まずは切ってみる

新鮮なナスは中が真っ白ですが、鮮度の落ちたナスは種が黒くなり、身の部分も赤茶色っぽく変色してきます。ナスは火を通して食べる野菜ですので、この程度であればまだ大丈夫。

心配なら廃棄する

もしも、なんとなく表面がぬるっとしていたり、明らかに臭いがおかしい場合は、もったいないですがそのまま処分したほうが安心かと思います。

正しい保存方法さえ抑えておけば、日持ちしにくいナスも無駄なく使いきることができますので、使い道に合わせて保存法を変えながら試してみてくださいね。