キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍豆腐はまるでお肉の食感!冷凍豆腐を使ったステーキレシピ

豆腐は冷凍には向かない食材。そう思っている方は多いと思います。しかし、この豆腐を一度凍らせてから調理をすると、まるでステーキのようなお肉に近い食感になります。
そこで、冷凍豆腐を作る方法や、冷凍豆腐を使った美味しいステーキレシピをご紹介します。「本当にそんな食感になるの?」と疑問を持たれる方も多いと思います。一度作ると、その不思議な食感がクセになる味です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

なすの保存方法!切った後は冷凍・干しなす・オイル漬けで保存

なすを切った後、料理に全て使いきれずに残ってしまうことがあります。切った後のナスはどのように保存すれ...

冷凍したカレーパンの解凍方法と美味しい温め方と復活のコツ

買い過ぎてしまったカレーパン、食べ切れなかったカレーパンは冷凍保存が出来ます。 冷凍したカレー...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

冷凍食パンでパン粉を簡単手作り!ポイントやおすすめレシピ

パン粉が家になくて困ったときは食パンで代用できます。 特に。冷凍した食パンを使えばパン粉の作り方は...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

離乳食に使用する野菜の冷凍について期限や解凍についてもご紹介

離乳食は当たり前ですが、大人と比べて必要な量は毎日少しだけです。また最初のうちはスプーンいっぱいから...

お米の保存方法を知りたい、大量の場合でも対応できる方法は

みなさんはお米の保存方法をどのようにしているでしょうか、米びつに入れたり、袋のまま使うという人が多い...

冷凍の焼きそば麺を解凍して美味しく食べる!やり方やコツを紹介

焼きそば麺はそのままでも冷凍することができます。冷凍した焼きそば麺は簡単に解凍ができて、美味しく調理...

冷凍鶏肉の解凍後の賞味期限と傷んでいるかの見分け方・解凍方法

冷凍した鶏肉は、解凍後どのくらい保存することができるのでしょうか。解凍後の鶏肉の賞味期限について知り...

冷凍餃子の皮を解凍する方法!冷凍のコツとアレンジレシピ

余ってしまった餃子の皮を冷凍して保存したあと、餃子の皮を上手に解凍できないことに頭を悩ませている人も...

冷凍バナナは皮ごともOK!冷凍保存する方法や美味しい食べ方

バナナは冷凍しても美味しく食べられる果物です。そんなバナナの冷凍方法は皮ごとそのまま冷凍しても問題あ...

茄子の保存の仕方は冷凍がおすすめ!冷凍方法やおすすめを紹介

茄子の保存の仕方では冷凍も可能なのでしょうか? 茄子を冷凍保存することができれば、食材を無駄にせず...

じゃがいもは常温での保存が正解!冷蔵保存すると食感が変化

じゃがいもを大量に貰ったら、どこに保存するのが適しているのでしょう。 冷蔵庫で保存すると長持ちしそ...

豚肉を冷凍した場合の賞味期限は?賞味期限を延ばすコツもご紹介

売出しや週末のまとめ買いなどで豚肉を沢山買った場合、保存はどうしていますか?冷蔵保存で消費期限内に使...

冷凍ご飯は自然解凍しても大丈夫?ご飯を美味しく解凍する方法

冷凍ご飯を解凍するときは、自然解凍でも大丈夫なのでしょうか。冷凍庫から出してそのまま放置するだけで解...

スポンサーリンク

冷凍した豆腐がステーキのような肉の食感に変わる理由

意外と知られていないかもしれませんが、豆腐は冷凍保存が可能

豆腐は冷凍することで食感が変わり、違ったおいしさを楽しむことができるのです。

お肉や魚は冷凍してもほとんど食感などに変化はありませんが、どうして豆腐は冷凍すると食感が変化するのでしょうか。

冷蔵保存した豆腐をたべるとよくわかりますが、豆腐はとても水分が多くしっとりしています。
この水分が冷凍によって凍ってしまい、解凍するとその凍った豆腐の水分が流れ出ていきます。
豆腐から水分が流れ出るということは、豆腐からそれだけ水分がなくなったということです。
そのために、少し弾力のある固い食感に変わります。

冷凍した豆腐の食感がどんなものか想像できないという人は、高野豆腐を思い浮かべてください。
冷凍した豆腐と高野豆腐はほぼ同じと思ってもOKです。
ですが、高野豆腐は一度解凍してから乾燥させて長期保存を可能にしているので、多少の食感の違いや保存期間などそれらの点ではいくつかの違いもあります。

冷凍した豆腐は、冷凍する前と食感が変わってしまいます。
解凍して冷奴として食べるのではなく、しっかりと調理しておいしく食べましょう。

冷凍豆腐の作り方と解凍方法

では、実際に豆腐を冷凍する方法と、その解凍方法をご紹介します。

豆腐の冷凍方法はとても簡単です。

下処理もなくそのまま冷凍庫に入れてしまうだけです。
しかし、このままでは凍った時に中の水が破裂してしまうかのせいもあるので、ジッパー付きの冷凍保存袋にいれて保存しておくと冷凍庫が濡れてしまうことをふせぎます。

もしくは、あらかじめ豆腐をパックから出して適度に水切りをして切り分けます。
ラップにくるんでから保存袋に入れて冷凍しましょう。

冷凍する際に、豆腐の種類は関係ありません。
食感が木綿と絹で変わるので、その点は注意しましょう。

冷凍方法と同様に、冷凍した豆腐の解凍方法も種類によって違いはありません。

  • 解凍方法はいくつかありますが、電子レンジで加熱すると時間がかかりません。
    解凍するのを忘れていたときなどに便利な方法です。
  • 時間に余裕がある場合には、流水やぬるま湯に袋ごと豆腐を入れて解凍することもできますし、朝に冷凍庫から冷蔵庫にうつして自然解凍し、夜に使用することもできます。
  • 解凍した豆腐は、必ず水気を切るようにしましょう。
    ペーパーで吸い取るというよりは、手で挟むようにギュッと絞るように水気を取るといいでしょう。
    水気を切ることも大切ですが、力加減に気をつけないと形が崩れてしまうので気をつけましょう。

甘辛い味でご飯が進む冷凍豆腐の照り焼きステーキ

冷凍した豆腐の食感やヘルシーさを生かした食べごたえのあるステーキをご紹介します。

味付けも甘辛くすることで子どもたちにも喜ばれそうですし、白いご飯がどんどん進みます。

豆腐の照り焼きステーキ

材料は4人分で、冷凍豆腐2丁、醤油大さじ4、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、水大さじ4、片栗粉、サラダ油です。
冷凍豆腐は木綿のほうが調理もしやすく食感もいいのでおすすめです。

では作り方です。

  1. まずはじめに、醤油、砂糖、みりん、水をはかって合わせ調味料を作っておきます。次に冷凍豆腐をお好みの方法で解凍します。
  2. 豆腐の形が崩れないように気をつけながら豆腐の水気を切ります。
  3. 切ってから冷凍してあったのであればそのままでいいですし、1丁まるごと冷凍したのであれば4~6等分に切ります。
  4. 豆腐の全体に片栗粉をまんべんなくまぶします。
  5. フライパンにサラダ油を熱し、豆腐を焦がさないように両面焼きます。
  6. 合わせ調味料をいれて、軽く煮詰めたら出来上がりです。

ひき肉をプラスし、タレの量を多くするとあんかけのようになるなどアレンジもできるので色々作れるといいですね。

冷凍豆腐の簡単和風ステーキレシピ

冷凍豆腐のステーキの味付けは他にも和風で仕上げることもできておいしいです。

材料は、木綿の冷凍豆腐、塩コショウ、小麦粉、バター、ポン酢です。

作り方は焼くだけなので簡単です。

  1. 解凍した冷凍豆腐の水気を拭き取ったら切ります。
    この時、1丁を薄くするように切るとよりステーキのような形になるのでおすすめです。冷凍する段階から、この様に切って冷凍しておいてもOKです。
  2. 豆腐に塩コショウをして小麦粉をまぶしてバターを熱したフライパンで両面しっかりと焼きます。豆腐ステーキはこれで完成です。
ステーキにかけるソースにはポン酢を使うととてもさっぱりしていておいしいです。
他にも大葉を刻んでのせたり、和風のドレッシングをつかうのもおすすめです。
豆腐ステーキ自体がシンプルなので、和風の味付けでもおいしく食べることができます。

冷凍豆腐で作るふわふわ食感のナゲット

お肉のような食感になる冷凍豆腐を使うと、子どもも好きなナゲットも作ることができます。

冷凍豆腐で作ることで、いつまでもふわっとした食感を楽しむことができます。

【材料】4人分

  • 冷凍豆腐(木綿) 2丁
  • 卵(Lサイズ) 2個(卵のサイズが小さい場合は個数を増やして調整してください)
  • 鶏ガラスープの素 小さじ4
  • 片栗粉 大さじ2
  • 水 大さじ2
  1. 作る前に、冷凍豆腐の解凍を行います。
  2. 解凍した豆腐はしっかりと水分を絞ってボウルにいれます。形が崩れても問題ないのでしっかりと水気をとってください。
  3. 鶏ガラスープの素を水でしっかりと溶いてから、ボウルにいれて豆腐と混ぜ合わせます。そこに片栗粉としっかりと溶いた卵をいれてしっかりと捏ねます。
  4. タネができたら、食べやすい大きさに成形します。
  5. 深さのあるフライパンに少し多めに油を入れて、成形したタネを入れて片面ずつ揚げ焼きします。
    きれいな揚げ色がついたら取り出して油をきりましょう。

そのままでもおいしいですし、ケチャップなどを付けて食べてもOKです。
味をつけるときに、調味料を変えるだけで簡単にアレンジできるので色々試してみましょう。