キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

豚肉の冷凍保存期間の目安と美味しく食べられる冷凍のコツを紹介

豚肉を冷凍保存したときは、肉の旨味を美味しく食べることができる期間内に食べるのがおすすめです。
そんな冷凍したお肉の消費期間を伸ばすためには冷凍するときのコツがあります。

そこで、豚肉を冷凍保存できる期間の目安と美味しく食べられる期間を伸ばす冷凍保存のコツについてお伝えしていきましょう。

豚肉は種類によっても冷凍保存できる期間が異なるので注意も必要です。
ぜひ参考にお肉の旨味を逃さずように冷凍保存してみましょう。

関連のおすすめ記事

離乳食に使用する野菜の冷凍について期限や解凍についてもご紹介

離乳食は当たり前ですが、大人と比べて必要な量は毎日少しだけです。また最初のうちはスプーンいっぱいから...

冷凍OKのオカズ作り・作り置きレシピと美味しい保存のコツ

毎日忙しく仕事をしている主婦の方は、なるべく時間をかけずに食事やお弁当を作りたいと考えるものです。 ...

大根の保存法は新聞紙がおすすめ!無駄なく長持ちさせるコツ

大根の保存法について悩んだときは、新聞紙でそのまま包むのがおすすめです。 季節によっては新聞紙で包...

ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存すると...

冷凍ご飯でチャーハンを作るときは解凍してから炒めましょう

冷凍ご飯でチャーハンを作るときにはそのまま?それとも解凍しれから?冷凍ご飯は完全に解凍するよりも少し...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

味噌汁は常温で何時間保存できる?味噌汁のおすすめ保存方法

夕飯に作りすぎてしまった味噌汁を常温で保存していた場合、次の日の朝食に飲んでも大丈夫?と、思うことあ...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

冷凍ほうれん草は栄養豊富!上手な冷凍保存方法と活用のコツ

冷凍したほうれん草の栄養は生鮮の物と比べると落ちてしまうのか気になっていませんか?実は、ほうれん草は...

冷凍した鶏肉の賞味期限と解凍後の賞味期限・冷凍のコツを解説

冷凍した鶏肉の賞味期限がどのくらいなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。賞味期限がわからないと...

冷凍ご飯を電子レンジで解凍する時間目安と美味しく解凍するコツ

電子レンジを使って冷凍ご飯を解凍すれば、簡単に解凍することができます。ですが、一体どのくらいの時間を...

豚肉を解凍する方法夏は常温で戻せばいい?豚肉の使い方

豚肉の解凍は常温でしてもいいのでしょうか?夏の暑い時期は冷凍したお肉をそのまま出しておいて解凍したく...

冷凍でストックさせる、野菜の保存方法などについてご紹介

冷凍でストックさせるものといえば、肉や魚、それから野菜があります。 野菜には、冷凍に向いているもの...

ドライトマトを天日干しで作る場合の気になる夜の保存方法

家庭菜園などで野菜が沢山収穫できたら、乾燥野菜にする方も少なくありませんよね。ミニトマトもドライトマ...

お米の保存方法を知りたい、大量の場合でも対応できる方法は

みなさんはお米の保存方法をどのようにしているでしょうか、米びつに入れたり、袋のまま使うという人が多い...

豚肉を冷凍保存できる期間の目安とは

スーパーで特売になる豚肉は家計の心強い味方ですし、豚肉は料理のレパートリーとしても様々なレシピで大変活躍する優秀な食材です。
特売の時にまとめ買いして、冷凍保存しながら使う方も多いかと思いますが、豚肉を冷凍保存すると冷蔵保存と比べてどのくらい保存期間が伸びるのでしょうか。

買って来た豚肉の加工の仕方によりますが、一般的に豚肉を冷蔵庫で保存した時には平均で2日前後、ひき肉ですと1日程しかもちません。

適切な状態で冷凍保存すると豚肉は大体一か月程保存できるようになります。

冷凍庫を頻繁にあけるような環境だったり、豚肉の部位によってはもう少し保存期間が短くなることもありますが、平均的には1か月以内を目安に食べきるように冷凍保存しておくと良いでしょう。
冷凍庫に入れているからと言って、何か月も鮮度がそのまま保存できるわけではありませんので、特売で安いからと言って一か月以内で食べきれる量を超えてしまうとせっかくの豚肉も劣化してしまいますので食べる量を考えて豚肉を冷凍保存するようにしましょう。

豚肉の種類によって冷凍保存が可能な期間が異なる

それでは細かく、豚肉の冷凍保存について探っていきましょう。

ひと口に豚肉と言っても、ブロックのまま売られているものやこま切れ、やひき肉になっているものなど、加工の状態がそれぞれ違います。
空気に触れる部分が多くなればなるほど、冷凍保存の期間が短くなります。

冷凍をしても一番劣化が早いのは【ひき肉】です。

細かくミンチ状になっているひき肉はハンバーグにしたりミートソースにしたりお子様にも人気のレシピになりますが、空気に触れる部分が一番多い状態の形状です。
冷凍保存したひき肉が美味しく食べられる賞味期限は2週間となっていますので、なるべく早めに使うようにしましょう。

続いて薄切り肉やブロック肉は2週間ほど、ポークソテー用などの厚切りにされている肉は3週間、ブロック肉よりも大きなかたまり肉で大体ひと月ほどが美味しく冷凍保存できる期間の目安です。

冷凍保存は便利ですが、冷凍されている期間が長くなればなるほど味も鮮度も劣化していきますのでやはり、冷凍保存に安心しきることなく、早めに食べる事が豚肉を美味しく賢く食べられる方法です。

豚肉が美味しく食べられる期間を伸ばす冷凍保存のコツ

豚肉を美味しく冷凍保存できる期間を少しでも伸ばす事ができたら節約という面でも助かります。

肉に限った事ではありませんが、食品は脂が多ければ多い程、空気に弱く、脂身が酸化して味や風味が劣化します。
豚肉も例外ではなく、部位によっては脂身があります。

冷凍保存すると確かに保存期間は伸びますが、空気に触れてしまう状態ですと美味しさはどんどんと損なわれますので、空気と豚肉を触れさせないように冷凍する事が美味しい冷凍保存の秘訣という事になります。

また、冷凍する前の下処理も加えるとより劣化を防ぐことができます。
肉についた水分は美味しさの天敵です。
豚肉の表面に水分が付いている時にはキッチンペーパーなどを使って丁寧に拭き取りましょう。

それから極力空気を抜きながらラップにくるんで、さらにフリーザーバッグに入れて完全に空気から遮断します。

もっと空気から肉を守るためには、タレに漬けこんでからフリーザーバッグに入れて空気を遮断するという方法もあります。

タレに漬けこんでおくと美味しさを守る事はもちろんですが、解凍したらそのまま加熱するだけで食べる事ができますので使い勝手もよくなります。
時間がある時には是非調理してから冷凍保存してみてください。

豚肉の鮮度を落とさずに冷凍するには急速冷凍がポイント

食品を冷凍させる時には、冷凍庫に入れてから、完全に凍りきるまでの時間が美味しさを守る秘密になります。
早く冷凍状態にする事を急速冷凍と言います。
完全に凍り切るまでの時間が短ければ短い程食品の劣化は抑えられるのですが、家庭用の冷蔵庫では業務用の冷凍庫のようにはいきません。

家庭用の冷凍庫でも食品が完全に凍るまでの時間を短縮する方法

用意するものはたった一つです。
【金属トレー】を使うと急速冷凍する事ができます。
金属の熱伝導率を利用して、豚肉の熱を早くとる事でより早く豚肉を凍らせる事ができるのです。同じ金属でも熱伝導率は異なり、ステンレス製のトレーよりもアルミ製のトレーを使った方がより早く凍らせる事ができます。

また、冷凍庫に急速冷凍モードが付いているものがありますのでそういった機能も併用するとより早く冷凍できますし、冷凍庫の開け閉めを減らすと庫内の温度が上がりませんので、できるだけ冷凍庫の開け閉めは減らすようにして冷却能力を維持しましょう。

冷凍保存した豚肉のおすすめ解凍方法を紹介

冷凍保存した豚肉を使う時、あらかじめ使う事が分かっている時に一番おすすめな解凍方法は、冷蔵庫を使った解凍方法です。

豚肉を使おうと思ったら、前日に冷凍庫から豚肉を取り出し、冷蔵庫に移します。
冷蔵庫を使った解凍法は時間がかかりますが、肉の外側と内側に温度差を作らずにゆっくりと解凍する事ができますのでうま味成分が流れ出す事がありませんので、ドリップも少なく解凍できます。

前日に豚肉を出しそびれた時には、水を使っての解凍がおすすめです。

大きいボウルなどに水を張り、豚肉が水に触れないようにしっかりと袋などに入れて水の中に入れて解凍します。
塊の肉や厚めにスライスされている肉は、少し水を出しながら流水解凍すると良いです。

思い立ったらすぐに豚肉を解凍できるのは、電子レンジを使った方法です。

一見便利な電子レンジの解凍機能ですが、技術が進んでいるとはいえ、うまくいかない事が多く、完全に解け切らず、ところどころがまだ凍っている、一部分だけ焼けてしまったなどと言った失敗も多いのが電子レンジの解凍です。
また、常温解凍は冷蔵庫での解凍と比べると時間が短く済みますが、肉の外側と内側の温度に大きな差がありますのでドリップが出てしまってうま味成分も一緒に流れ出してしまったという悲しい結果になってしまう事があります。

肉を解凍する時には肉の外側と内側の温度差をできるだけ少なくして美味しさを逃がさないように心がけましょう