キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

味噌汁は常温で何時間保存できる?味噌汁のおすすめ保存方法

夕飯に作りすぎてしまった味噌汁を常温で保存していた場合、次の日の朝食に飲んでも大丈夫?と、思うことありませんか?

味噌汁は常温で何時間、保存が可能なのか気になるときがありますよね。

ここでは、味噌汁の保存について、常温保存や冷蔵保存の日持ち、また傷んでしまった味噌汁の見た目やニオイなど判断ポイントについてもご紹介をいたします。

関連のおすすめ記事

米の保存方法は冷蔵庫がおすすめ。米を入れる密封容器や保存場所

お米の保存はどこでしていますか? 毎日食べるお米は実は鮮度がとても大事なのです。ですので冷蔵庫で保...

冷凍した食品の保存期間【魚編】保存方法とコツ・解答方法を解説

魚をたくさん購入したときなど、一度に食べきれない場合は冷凍して保存すると冷蔵よりも長く保存することが...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

冷凍ご飯の上手な解凍方法!レンジなしで解凍する方法とコツ

ご飯が余ったときや、一人暮らしの方などは、冷凍ご飯にして保存する方が多いのではないでしょうか?炊きた...

じゃがいもは常温での保存が正解!冷蔵保存すると食感が変化

じゃがいもを大量に貰ったら、どこに保存するのが適しているのでしょう。 冷蔵庫で保存すると長持ちしそ...

冷凍した鶏肉の賞味期限と解凍後の賞味期限・冷凍のコツを解説

冷凍した鶏肉の賞味期限がどのくらいなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。賞味期限がわからないと...

冷凍ご飯を電子レンジで解凍する時間目安と美味しく解凍するコツ

電子レンジを使って冷凍ご飯を解凍すれば、簡単に解凍することができます。ですが、一体どのくらいの時間を...

豚肉を解凍する方法夏は常温で戻せばいい?豚肉の使い方

豚肉の解凍は常温でしてもいいのでしょうか?夏の暑い時期は冷凍したお肉をそのまま出しておいて解凍したく...

豆苗ナムルで日持ちも可能!美味しい簡単レシピやおすすめを紹介

豆苗は節約の強い味方。そんな豆苗はナムルにするのが日持ちできるのでおすすめです。豆苗で作るナムルは電...

ナスの保存方法を解説!常温・冷凍・干しナスで保存する方法

ナスを正しく保存をしないと、しなびてシワシワになってしまいます。ですが、正しい方法で保存をすることで...

冷凍バナナは皮ごともOK!冷凍保存する方法や美味しい食べ方

バナナは冷凍しても美味しく食べられる果物です。そんなバナナの冷凍方法は皮ごとそのまま冷凍しても問題あ...

お米の保存方法を知りたい、大量の場合でも対応できる方法は

みなさんはお米の保存方法をどのようにしているでしょうか、米びつに入れたり、袋のまま使うという人が多い...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

豚肉の冷凍保存期間の目安と美味しく食べられる冷凍のコツを紹介

豚肉を冷凍保存したときは、肉の旨味を美味しく食べることができる期間内に食べるのがおすすめです。 そ...

冷凍豆腐はまるでお肉の食感!冷凍豆腐を使ったステーキレシピ

豆腐は冷凍には向かない食材。そう思っている方は多いと思います。しかし、この豆腐を一度凍らせてから調理...

味噌汁を常温で保存できるのは何時間かについて

基本的に常温は避けよう

味噌汁はできれば基本的には、数時間であっても冷蔵庫で保存しておきたいところです。しかしうっかり常温のまま放置してしまったという場合は、気温や湿度が高すぎなければ、2~3時間は問題ないでしょう。

食べる時は十分再加熱し、味や臭いなどを確認してから食べるようにしてください。

常温で保存する時は味噌を多めに入れること

先に子どもの分を作っておいて、後から帰ってくる夫に出すために常温で置いていたら思ったり帰りが遅くなって…なんてこともありますよね。

塩分が薄い味噌汁は濃い味噌汁より傷むのが早いので、あらかじめ濃い目にして作っておくと良いでしょう。

蓋は閉めて、お玉は抜いておきましょう。

味噌汁は沸騰させると味が落ちてしまいますが、常温保存した後に食べる場合は沸騰直前までしっかり加熱することをおすすめします。沸騰直前になったら火を弱めて少し長めに加熱すれば、殺菌の効果があります。

味噌汁が常温で何時間も保存できない理由について

加熱した味噌は日持ちしない

味噌自体は日持ちしますが、それは塩漬けにすることで長期保存を可能にしているためです。

加熱することによりおさえていた菌が増殖を始めるので、味噌を使って加熱した料理は傷みが早くなり常温保存には向きません。

これらの理由から、味噌汁も腐りやすいのです。

また塩分濃度が濃いほど傷みにくいので濃い目より薄めに作っていると傷みは早いです。だし入りの味噌なども同様です。

入れてる具材が傷みやすいから

でんぷん質が多いじゃがいもやかぼちゃ、アサリやシジミ・魚など魚介類、なめこは日持ちしにくい具材です。

なめこはとろみがついているため、このとろみが冷めにくく温かい状態を長時間つくりだし結果的に菌を発生しやすくさせています。

そういった具材を入れたときの味噌汁は早めのうちに食べるようにしましょう。

味噌汁の保存でおすすめなのは常温より冷蔵、何時間保存が可能かについて

味噌汁はたとえ2~3時間後に食べるとしても、粗熱が取れたらすぐに冷蔵保存すると安心です。

蓋を閉めてお玉などは外しておいて、冷蔵庫に入れておきます。

食べる時にしっかり再加熱すれば、中の具材や季節にもよりますが1日程度は大丈夫でしょう。

温度が下がった状態の時間が長ければ長いほど菌が増殖してしまう

夏場などは氷水を張ったボウルに鍋底を浸して一気に温度を下げてから冷蔵保存すると良いでしょう。

大きい鍋で作って冷蔵庫に入らないというときは、タッパーなどに入れて小分けしておくことをおすすめします。

後で電子レンジで温めたい時は耐熱性のある容器に入れておくようにすると良いです。

ちなみに味噌汁は冷凍保存には向いていません。

汁の農度が変わったり、具材の食感が変わったりします。保存する時は冷蔵保存で、1日程度以内に食べ切れる量を作るようにしましょう。

味噌汁が傷んでしまった時の見た目やニオイ

味噌汁がこんな状態になってしまったら、食べるのは危険です。

味噌汁の臭いがおかしい

味噌汁は腐ると、体験した方によるとアンモニア臭、すえた臭い、生ゴミのような臭い、納豆のような臭いがするといわれています。冷えている時にはわからなくても、温めた時にそういった臭いが発生してわかりやすくなることもあります。

変な臭いがしたら腐っている可能性は高いので、食べるのはやめておきましょう。

味が酸っぱい

とくに豆腐などが入っているとわかりやすいですが、味噌汁は腐ると酸っぱい味がします。口に入れてみて変だなと思ったら、すぐに出して口内をゆすいでください。

また味噌は入れてから時間が経てば経つほど風味も変化しますので、たとえ腐っていなくても美味しくなくなっている場合があります。

味噌汁に白いものが浮いている

表面に白いカビのようなものが浮き出していたら、腐敗がかなり進んでいる証拠です。豚汁など、豚肉の脂が固まったものとはまたちがったものです。

ここまできたら味も臭いもわかりやすくなっていると思います。味噌汁自体にもねばつきやとろみが感じられたら、食べるのは確実にやめましょう。

味噌汁を保存せず、手軽に出来たてを楽しむ方法

味噌汁を多めに作っておいて、翌日以降も気軽に食べられるようにしたい。

家族の帰りの時間がバラバラなのに一人ずつ作るのは手間がかかる。そんな時は、こんな方法がおすすめです。

だし汁をキューブで冷凍保存しておく

味噌汁を作るのに必須なだし汁は、濃い目に作っておいて製氷器に入れて冷凍保存しておけば、作る時は鍋に入れてさっと溶かせばあっという間に必要な人数分のお味噌汁をつくうことができます。

保存期間も3週間程度は持ちます。

手作りインスタント味噌汁

一人分の味噌汁、具材を、ラップに包んでおいて、食べる時はお椀に入れたらお湯を注いで完了!なインスタント味噌汁を作っておきましょう。

具材はねぎ、乾燥わかめ、干し海老、揚げ玉などがおすすめです。

ご飯の準備が面倒な時もこれさえ作っておけば味噌汁はOK。職場でお湯を入れられるならお弁当に付けてもGOODです。