キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍ほうれん草は栄養豊富!上手な冷凍保存方法と活用のコツ

冷凍したほうれん草の栄養は生鮮の物と比べると落ちてしまうのか気になっていませんか?実は、ほうれん草は冷凍しても栄養は損なわれずにキープすることができるのです。

そこで、気になる冷凍したほうれん草の栄養について、栄養を逃さずに上手に冷凍保存する方法や解凍のコツ、おすすめレシピなどお伝えしていきましょう。

また、市販の冷凍ほうれん草を購入するときは、ポイントを守って選ぶようにしてください。ぜひ参考に冷凍ほうれん草を料理に上手に活用しましょう。

関連のおすすめ記事

ひき肉の冷凍保存はパラパラだと使いやすい!保存の仕方を紹介

ひき肉を冷凍保存するときにはどのような状態にするといいのでしょうか? パックのまま冷凍してしま...

豚肉を冷凍した場合の賞味期限は?賞味期限を延ばすコツもご紹介

売出しや週末のまとめ買いなどで豚肉を沢山買った場合、保存はどうしていますか?冷蔵保存で消費期限内に使...

ナスの保存法!常温・冷蔵・冷凍保存の方法と乾燥ナスの作り方

特売のナスをたくさん購入しても、一度でナスを使いきることができないこともあります。間違えた保存法で保...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

冷凍した鶏肉の賞味期限と解凍後の賞味期限・冷凍のコツを解説

冷凍した鶏肉の賞味期限がどのくらいなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。賞味期限がわからないと...

冷凍フルーツは全解凍してもOK?おすすめな解凍方法とレシピ

冷凍フルーツは、好きなフルーツを旬でなくても口にすることができ、価格の変動も少ない点が購入する私達に...

冷凍肉の美味しい焼き方をご紹介、冷凍方法も重要です

肉をまとめ買いした時は冷凍保存しますが、いつもどのような焼き方をしていますか? 私はいつも冷蔵庫に...

ナスは素揚げをしてから冷凍が良い?ナスの上手な冷凍方法

野菜の旬の季節になると、ご近所さんからたくさん頂いたり、家庭菜園の野菜が食べきれなくて困ってしまうこ...

豆苗ナムルで日持ちも可能!美味しい簡単レシピやおすすめを紹介

豆苗は節約の強い味方。そんな豆苗はナムルにするのが日持ちできるのでおすすめです。豆苗で作るナムルは電...

ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存すると...

冷凍したステーキの賞味期限は?美味しさを逃さない冷凍や解凍法

美味しそうなステーキ肉があっても、何らかの理由ですぐには食べられない場合もあります。そんな時は冷凍保...

冷凍ご飯でチャーハンを作るときは解凍してから炒めましょう

冷凍ご飯でチャーハンを作るときにはそのまま?それとも解凍しれから?冷凍ご飯は完全に解凍するよりも少し...

茄子の保存の仕方は冷凍がおすすめ!冷凍方法やおすすめを紹介

茄子の保存の仕方では冷凍も可能なのでしょうか? 茄子を冷凍保存することができれば、食材を無駄にせず...

なすの保存方法!切った後は冷凍・干しなす・オイル漬けで保存

なすを切った後、料理に全て使いきれずに残ってしまうことがあります。切った後のナスはどのように保存すれ...

大根の煮物を冷凍する方法と大根を生のまま冷凍保存する方法

大根の煮物をたくさん作ったあとは冷凍して保存すると便利です。上手に冷凍をすることで、好きなときに解凍...

冷凍したほうれん草は栄養価が高い

時々ほうれん草のおひたしを食べたら、これはやっぱり美味しい、日本にいて生まれて良かったなんて心が安心します。

ほうれん草は元々、様々な栄養素が含まれているので、体にもとても良いものです。

冷凍したほうれん草は、生のほうれん草と栄養は一緒

どうしても、冷凍したものは栄養分が既に失われているんじゃないかと思いがちですよね?だから、初めから調理をした方がやっぱり体のためにいい。

でも、冷凍ほうれん草に関しては、そうでもありません。栄養は冷凍ほうれん草でも保たれています。ラーメンを作る時、お蕎麦を作った時、気軽に入れてて、プラス、栄養も摂れるんですから、手間が省けます。

冷凍された野菜は意外に重宝します。家事も楽になるので、是非、冷凍したほうれん草をお味噌汁の中や他の食品の中に入れて下さい。栄養もしっかりと摂れます。

栄養を逃さずにほうれん草を冷凍保存する方法

冷凍されたほうれん草は、生と同じ時のまま、栄養を保つことができます。お店で冷凍されたほうれん草を買って、それを調理する時に使えば、いちいちほうれん草を茹でたりしなくて済むので電気代やガス代も浮きます。

でも、時々人からほうれん草をもらって、その量が多いから、自分で茹でて、冷凍保存することもあります。

その時は、ほうれん草の根の部分をしっかりと洗い、お鍋にお湯を沸かして、その中に30秒くらい入れて下さい。特に硬い部分を中心にして、お湯の中に入れます。

お湯の中に塩を入れると、ほうれん草の色がよくなるようです。

ざるで水で熱さをとって、冷ました状態で適切な大きさに切ります。水気をキッチンペーパーで取って、真空パックか何かに入れて、冷凍庫に入れて、終了です。

塩はできるだけ入れた方がいいです。食べる時、色も大切になりますから、忘れずに入れるようにして下さい。

冷凍したほうれん草の栄養を守って解凍するコツ

お店で買うのではなく、あなた自身でほうれん草を冷凍保存する。その時に気をつけて欲しいのは、お湯の温度をあまり上げないことです。

そうすると、食べた時に、柔らかすぎるほうれん草になります。熱さ加減は微妙だとは思いますが、あまり熱を上げすぎないことです。

また、冷凍したものを自然解凍はさせないで下さい。自然解凍させることにより、その野菜が持っている栄養分が下がるようです。何も冷凍したほうれん草だけに言えることではありませんが、冷凍したほうれん草を自然解凍することなく、そのまま料理に使用して下さい。

炒める時も同じです。ほうれん草は、ラーメンとかお蕎麦とか熱い食べ物にトッピングに使用されます。その時も冷凍されたまま入れて下さい。コツは冷凍された状態で入れること。「まだ解凍されていないからもう少し待とうかな」という感覚では、ほうれん草に入っている折角の栄養分を失うことになります。

スーパーで冷凍ほうれん草を購入するときのポイント

手作りの冷凍ほうれん草を作るより、お店で売っている冷凍ほうれん草を買った方が安上がりですし、何より、手間がかかりません。 ただ、お店で買う時に、どんな点に気をつけて買えばいいのか、気をつける点も知るべきだと思います。そうでないと、「え?こんなものの方が本当はいいの?」なんて事態にはなりかねませんから。

お店に並んでいるからといって、油断はできません。冷凍されたほうれん草をお店で買う時、ほうれん草が破けていたり、破損している箇所はないか、チェックしてからにして下さい。

冷凍食品の命は、その温度です。アイスクリームも同じになりますが、買い物をして、帰るまでの間、温まってしまうと品質は落ちます。冷凍ほうれん草の質が落ちてしまいます。

気になる場合は、お店で氷をもらって、冷たさをキープできるようにして下さい。少しでも質を落とさないためです。

冷凍ほうれん草も、生のほうれん草も、栄養は変わりません。面白いですよね。調理された後も、栄養の質は変わらないのですから。落ちそうなイメージはありますが、実際はあまり変わらないようです。ただ、冷凍ほうれん草を料理に使う時は、そのまま使うようにして下さい。少し解凍されてからと待っていたら、栄養価が下がります。袋から出したら、すぐに調理に使うようにして下さい。