キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍したカレーの解凍方法とは?保存カレーの美味しい食べ方

冷凍したカレーはどのような解凍方法が一番いいのでしょうか。お手軽なのはレンジですが、なかなか解凍できなかったり、なんだか美味しくなくなっているような…?

そんなときは、この方法がおすすめです。時間がないときはコレ、時間があるときはコチラになります。

カレーを解凍するときのポイントや冷凍するカレーの作り方などを紹介します。

関連のおすすめ記事

じゃがいもは常温での保存が正解!冷蔵保存すると食感が変化

じゃがいもを大量に貰ったら、どこに保存するのが適しているのでしょう。 冷蔵庫で保存すると長持ちしそ...

冷凍した食品の保存期間【魚編】保存方法とコツ・解答方法を解説

魚をたくさん購入したときなど、一度に食べきれない場合は冷凍して保存すると冷蔵よりも長く保存することが...

なすの保存方法!切った後は冷凍・干しなす・オイル漬けで保存

なすを切った後、料理に全て使いきれずに残ってしまうことがあります。切った後のナスはどのように保存すれ...

豚肉の冷凍保存期間の目安と美味しく食べられる冷凍のコツを紹介

豚肉を冷凍保存したときは、肉の旨味を美味しく食べることができる期間内に食べるのがおすすめです。 そ...

さんまを美味しく保存!冷蔵庫や冷凍での保存方法と解凍方法

安売りのさんまや一回の料理で食べ切れなかったさんまを冷蔵庫で保存するとき、どのような方法で保存をすれ...

冷凍ご飯の上手な解凍方法!レンジなしで解凍する方法とコツ

ご飯が余ったときや、一人暮らしの方などは、冷凍ご飯にして保存する方が多いのではないでしょうか?炊きた...

冷凍保存が可能、知って得する焼きそばの麺の冷凍方法とコツ

焼きそばの麺が冷凍保存できるって知っていましたか? スーパーで焼きそばの麺が安売りしていると思...

ナスの保存方法を解説!常温・冷凍・干しナスで保存する方法

ナスを正しく保存をしないと、しなびてシワシワになってしまいます。ですが、正しい方法で保存をすることで...

冷凍バナナは皮ごともOK!冷凍保存する方法や美味しい食べ方

バナナは冷凍しても美味しく食べられる果物です。そんなバナナの冷凍方法は皮ごとそのまま冷凍しても問題あ...

冷凍フルーツは全解凍してもOK?おすすめな解凍方法とレシピ

冷凍フルーツは、好きなフルーツを旬でなくても口にすることができ、価格の変動も少ない点が購入する私達に...

冷凍肉の美味しい焼き方をご紹介、冷凍方法も重要です

肉をまとめ買いした時は冷凍保存しますが、いつもどのような焼き方をしていますか? 私はいつも冷蔵庫に...

ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存すると...

冷凍したステーキの賞味期限は?美味しさを逃さない冷凍や解凍法

美味しそうなステーキ肉があっても、何らかの理由ですぐには食べられない場合もあります。そんな時は冷凍保...

茄子の保存の仕方色々。カットしてからの保存は冷凍がおすすめ

育てている茄子がたくさん収穫出来た、いただき物の茄子が大量にあるという時に困るのが茄子の保存の仕方で...

茄子の保存の仕方は冷凍がおすすめ!冷凍方法やおすすめを紹介

茄子の保存の仕方では冷凍も可能なのでしょうか? 茄子を冷凍保存することができれば、食材を無駄にせず...

時間をかけたくないときの冷凍カレーの解凍方法

カレーは1度作ると多めに作ってしまうことも多いので冷凍保存する人も多いでしょう。

冷凍したカレーは湯せんで解凍するのがおすすめです。

時間もかからずにおいしく解凍することができます。

湯せんで冷凍カレーを解凍するときには、保存の段階で工夫が必要です。

まず、カレーを冷凍する前には必ずカレーを冷やす必要があります。
そうすることで菌の繁殖を防ぐことができます。
自然に冷めるのを待つのではなく、鍋ごと氷水で冷やす方法が有効です。

そのためには鍋よりも大きめの容器を用意し、そこに氷水を入れて冷やします。
きちんと冷えたことが確認できたら、いよいよ小分けにします。

カレーを小分けにして冷凍保存する時には、袋タイプのものに保存します。

解凍する時に湯せんをするので容器タイプのものでは、解凍の際にお湯が入ってしまう可能性が高くなります。
そういったことを避けるためにも、袋タイプの物を用意して冷凍しましょう。
口を閉じる時は空気をしっかりと抜くことも忘れないようにしましょう。

袋にカレーを入れて湯せんにかけるときには鍋の熱で袋が溶けるのに気を付ける必要があります。
簡単そうで意外と難しいのでそうならないために、耐熱容器や金属製のザルを使うなどする工夫をするといいでしょう。
また、湯せんの前に袋の口がしっかりとしまっていることを再度確認しましょう。

中には、湯せんに向いていない冷凍保存袋もあるので、耐熱温度や使用できる用途などを確認してから使うようにしてください。

冷凍カレーの解凍方法でレンジを使う場合

冷凍カレーを解凍するもう一つの方法は電子レンジを使います。

電子レンジで冷凍カレーを解凍する際にはいくつか注意点があります。

  • まず、冷凍する時は冷凍の際に使った容器に入ったまま電子レンジで解凍するのではなく、ガラス製の耐熱ボウルにうつすなどして加熱しましょう。
    万が一そのまま加熱すると、容器がとけてしまったり、形が変わって歪んでしまうという可能性もあります。
    すこし面倒でも、容器の移し替えは行いましょう。
  • また、ボウルに移したらラップをして少しずつ解凍します。
    一気に解凍すると、加熱ムラができて真ん中だけカチカチに凍っているということにもなります。
    上手に解凍するためには、途中でとりだしてカレーをかき混ぜるのがおすすめですよ。

また、カレーを容器にいれて保存するとカレーの色やにおいが気になるので気にならないものを使うか、カレー専用の容器をもっているといいですね。

時間があるときはカレーはこの解凍方法がおすすめ

急いで解凍する必要がなく時間に余裕があるときには、鍋でじっくりと解凍するのもおすすめです。

冷凍カレーを冷蔵庫で解凍させてから、鍋にいれてあたためます。

ですが、この鍋で温めている時によくありがちな失敗が焦げてしまうということです。
焦げてしまうとせっかくのカレーが台無しです。

そうならないために、コンロの火力は弱火にしてください。
当然火力を強くしてしまうと、焦げやすくなってしまします。
また、弱火にしていてもなにもせずそのまま火にかけていてもよくありません。
お玉で混ぜながら加熱するようにしましょう。

弱火での加熱とかき混ぜながら温めることにプラスして、温める時に使う鍋はできるだけ厚いものにしたり、テフロン加工のされているものであればよりいいです。

美味しく冷凍カレーを食べるなら具材や作り方がポイント

カレーに使う食材の代表にじゃがいもがありますが、作ったカレーを冷凍する場合には注意が必要です。

じゃがいもは冷凍保存すると食感が変わりおいしくなくなるのでおすすめできません。

しかし、もしじゃがいもをいれたカレーを冷凍するのであれば、じゃがいものみをフォークやお玉で潰してから冷凍すると食感が悪くなる問題は解決します。
しかし、できることなら冷凍する時はじゃがいもを入れずにカレーを作るのがいいでしょう。

じゃがいもを使わずに作るカレーのレシピ

材料は、豚肉、玉ねぎ、にんにく、市販のカレールー、水、サラダ油です。

  1. まずはじめに、玉ねぎはすべて皮をむき薄くスライスしてボウルに入れておきます。
    にんにくも同様にスライスし、玉ねぎと一緒に入れておきます。豚肉は食べやすい大きさに切っておきます。
  2. 鍋に油をしいてスライスしたにんにくと玉ねぎをじっくりと炒めます。
    炒めていると色が飴色になって粘度がでてくるのでそれを目安に炒めてください。
  3. フライパンで豚肉を炒めたら、玉ねぎの入った鍋にいれて水を入れて煮込みます。
    ある程度煮込んだらカレールーを溶かし入れて、さらに弱火でにこんでとろみをつければ完成です。

作る量に合わせて具材の量などを調節をしたり、カレールーに記載されている水とカレールーの量を参考にするといいでしょう。

ひき肉を使ったカレーは解凍もしやすい

とろみのあるカレーもおいしいですが、ひき肉を使ったドライカレーもおいしいです。
また、ドライカレーは解凍するのも簡単なのでおすすめですよ。

ドライカレーの作り方

【材料】

  • ひき肉 300g
  • 人参 1本半
  • 玉ねぎ 中くらい2個
  • ピーマン 2個
  • カレールー 3かけ
  • 水 30ml
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 中濃ソース 大さじ1/2

【作り方】

  1. 人参と玉ねぎは皮をむいてからみじん切りにします。
  2. ピーマンはヘタとタネを取ってよく洗い、同じくみじん切りにします。
  3. 調味料と水計って混ぜておきます。
  4. カレールーは適当な大きさに刻んでおきます。
  5. フライパンに火をつけ、ひき肉、みじん切りにした野菜をいれてよく炒めます。
  6. 合わせた調味料を入れてまんべんなく混ぜ合わせます。
  7. 火を止めてそこに刻んだカレールーを入れてすべて溶かしたら出来上がりです。
ドライカレーは、炒めて火を通すので煮込み時間がありません。
すぐに作ることもできますし、電子レンジで解凍もしやすいので作ってみてくださいね。