キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

大根の煮物を冷凍する方法と大根を生のまま冷凍保存する方法

大根の煮物をたくさん作ったあとは冷凍して保存すると便利です。上手に冷凍をすることで、好きなときに解凍して美味しく食べることができます。

ですが、大根を生のまま冷凍することで、煮物を作るときに作りやすくなります。大根を冷凍保存することで、便利に料理に活用しましょう。

ここでは、大根を冷凍保存する方法や冷凍のメリットをご紹介します。大根を上手に冷凍保存して、料理を楽にしましょう。

関連のおすすめ記事

ナスの保存法!切ったナスを保存する方法と賞味期限の見分け方

ナスを切った後に使い切ることができず、保存しておきたいと考えることがあります。切ったナスを保存すると...

豚バラを使った簡単ボリューム丼!ご飯の進む美味しいレシピ

食べざかりのお子様は、やはりお肉を使ったおかずが大好き。お子様に「何が食べたい?」と聞くと、決まって...

冷凍食パンでパン粉を簡単手作り!ポイントやおすすめレシピ

パン粉が家になくて困ったときは食パンで代用できます。 特に。冷凍した食パンを使えばパン粉の作り方は...

冷凍したカレーの解凍方法とは?保存カレーの美味しい食べ方

冷凍したカレーはどのような解凍方法が一番いいのでしょうか。お手軽なのはレンジですが、なかなか解凍でき...

冷凍したものの賞味期限は、肉ならどのくらいなのか

冷凍保存は、通常よりも賞味期限を長くすることが出来ます。 その賞味期限は、食材によってまちまちです...

冷凍豆腐はまるでお肉の食感!冷凍豆腐を使ったステーキレシピ

豆腐は冷凍には向かない食材。そう思っている方は多いと思います。しかし、この豆腐を一度凍らせてから調理...

冷凍した食品の保存期間【魚編】保存方法とコツ・解答方法を解説

魚をたくさん購入したときなど、一度に食べきれない場合は冷凍して保存すると冷蔵よりも長く保存することが...

冷凍ご飯を電子レンジで解凍する時間目安と美味しく解凍するコツ

電子レンジを使って冷凍ご飯を解凍すれば、簡単に解凍することができます。ですが、一体どのくらいの時間を...

冷凍のご飯が固くなる理由とは?美味しく解凍する方法

冷凍ご飯を解凍したものが固くなるのは、どんなことが原因なのでしょうか?冷凍保存したご飯を美味しく食べ...

茄子の保存の仕方は冷凍がおすすめ!冷凍方法やおすすめを紹介

茄子の保存の仕方では冷凍も可能なのでしょうか? 茄子を冷凍保存することができれば、食材を無駄にせず...

唐揚げの保存は常温だとどのくらい?賞味期限と保存方法

唐揚げを作りすぎてしまったら、保存方法はどのようにしていらっしゃいますか?ここでは常温で保存をする場...

ドライトマトを天日干しで作る場合の気になる夜の保存方法

家庭菜園などで野菜が沢山収穫できたら、乾燥野菜にする方も少なくありませんよね。ミニトマトもドライトマ...

豆苗ナムルで日持ちも可能!美味しい簡単レシピやおすすめを紹介

豆苗は節約の強い味方。そんな豆苗はナムルにするのが日持ちできるのでおすすめです。豆苗で作るナムルは電...

冷凍したステーキの賞味期限は?美味しさを逃さない冷凍や解凍法

美味しそうなステーキ肉があっても、何らかの理由ですぐには食べられない場合もあります。そんな時は冷凍保...

冷凍OKのオカズ作り・作り置きレシピと美味しい保存のコツ

毎日忙しく仕事をしている主婦の方は、なるべく時間をかけずに食事やお弁当を作りたいと考えるものです。 ...

大根の煮物は冷凍ができる!冷凍保存の方法

大根の煮物は、冷凍することができますよね。一旦作ったら、冷凍保存をして、食べる長さを伸ばせます。

大根の煮物は冷凍することはできるんです。その際は、大根の煮物を一旦、皮をむく作業をして下さい。それから調理して下さい。

大根の煮物は、一旦作ってしまったら、簡単に冷凍することはできるんです。

皮を向いて、プラス、茹でて下さい。それで、冷凍保存する準備はできていますから。

そうすると、あなたが味付けしたい味に大根を煮込むことができます。

そうすると、もっと大根の煮物を楽しめます。味付けもあなたがしたい形にして下さい。そうしたら、もっと大根の煮付けを楽しむことができますよ。

味がついていた方が、食べやすいですし、美味しいですよね。ですから、この味付けの部分、忘れずに、して下さいね。

美味しさを保つために、一旦、冷凍させて下さい。それで、大丈夫だと思います。

大根は煮物にする前に冷凍するのもおすすめ

大根は色んな調理方法がありますが、煮物にするのが、一番だと思います。他にも色んな調理方法はありますが、煮物が一番あっていると思います。

ただし、煮物にする前に、一旦、冷凍して下さい。

大根の中に味がより染み込みやすくなる

大根が食べやすくなるだけではなく、味も楽しめます。

また、冷凍をした大根のメリットは、生の大根に比べて、より味がしみやすくなっています。それも、冷凍した大根を使用するメリットですね。生の大根に比べて、冷凍した大根を使った方が味付けはよくなります。

大根を煮物にする時は、そんな風にして、どんな調理方法を使えば、もっと大根の煮物を美味しく頂けるのか、考えましょう。生の大根を使うより、冷凍の大根を使う方が美味しく調理できるなんて、あまり思いつかないかもしれませんね。しっかりと味を染み込むには、その方がいいです。大根を使った調理をする際、ちょっとしたコツになります。

冷凍保存した大根は冷凍のまま煮物が作れる!保存方法について

冷凍保存した大根の良さは、解凍しなくても、冷凍したままで、そのまま調理をすることができる点だと思います。

冷凍すると、

「じゃ、解凍した後に調理しなくちゃいけない」

というイメージがあります。でも、冷凍した大根は、それをする必要がありません。カチカチに固まった大根をそのまま煮込んで、大根の煮物ができるんです。

また、大根を適切なサイズに切って、冷凍庫に入れる際は、空気に触れさせないように食品保存バッグに保存して下さい。

他の保存方法でもいいのですが、空気に触れたら腐ります。そうならないように、大根に空気はなるべく触れない形で保存して下さい。

大きな大根を買って、一気全部使わない時は、上記のようにして調理しない部分を冷凍して下さい。それでも、1週間以内に調理して、食べた方がいいとは思います。野菜を冷凍しているので、早めに食べた方がいいです。冷凍しているからと気持ちを緩ませることなく、なるべく早めに調理して、食べましょう。

下味を付けた大根を冷凍保存する方法

どうせ調理するなら、初めから下味をつけて、大根を冷凍保存しましょう。味付けも何もしないまま大根を冷凍保存してもいいのですが、下味をしてから大根を冷凍した方が、味はよくなると思います。

やり方はそれほど難しくありません。まず、大根の皮をむいて、サラダにでもできそうなサイズに大根を切ります。サラダにでも使えそうなサイズの大根を冷凍用保存袋に入れます。そして、その中にあなたが好みのドレッシングや他の調味料を入れます。これが下味になります。

そして冷凍保存します。その際気をつけることは、切り刻んだ大根に空気が触れないようにすることです。下味をしていても、そのやり方は一緒です。

基本、冷凍用保存袋に入れる時は、なるべく空気を外に出してから冷凍して下さい。そうでないと、腐りやすくなります。因みに、空気にあまり触れない形で冷凍保存すると、持つのは、3週間とけっこう長いです。それだけ持つのは便利ではありますが、忘れないうちにできるだけ早めに調理して、食べて下さいね。

大根を冷凍する時のコツと注意点

大根を大量に買った時、使わなかった分を、冷凍庫で保存すると、もっと長持ちします。別の日に大根を使った料理、例えば大根を煮込む料理、もしくは、お味噌汁なんか作れると思います。

大根を適切な大きさに切る

お店では、ある程度大きな状態で売っています。それを、適切な形に切ってから、冷凍保存するようにして下さい。適切に冷凍保存するには、この「切る」という作業が重要になります。

大根の皮はむく

冷凍した後に大根の皮をむこうとすると、難しいです。その瞬間に大根の皮をむくよりは、冷凍する前に大根の皮をむいて下さい。大根の料理を楽しむ、楽して大根の調理をするには、その瞬間がお薦めです。厚さにも注意して切って下さいね。慣れたらコツはつかめると思いますが。

大根を冷凍して、煮物にすると、楽です。生よりは、冷凍をした大根を使った方が、味は染み込みます。調理する際、ちょっとしたコツになりますね。知っておくべきだと思います。また、調理をする前に少し厚めに大根の皮をむいて下さい。冷凍した後だと、大根の皮はむきにくいです。

コツをしっておいた方が、料理は簡単ですし、味つけもよくなります。

まぁ、そうすることで、もっと大根を使った料理に強くなれますね。他の料理の時にも使えます。