キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

料理の勉強方法で大切なポイント!上達するためにできること

料理を勉強する方法については何が正しい方法なのかは一概には言えません。もしも、仕事で料理をする業務に就きたいのであれば基本の知識を身に付けることも大切です。

そこで、調理師になるために料理が上達する勉強方法について大切なポイントなどお伝えしていきましょう。

料理を勉強するには、料理の元となる食材や調理法を知ることはもちろん、失敗を怖がらずに挑戦することです。
ぜひ参考にあなたに合った勉強法を見つけていきましょう。

関連のおすすめ記事

料理の勉強を独学でする時のポイントや、注意点についてご紹介

料理の腕前をアップさせるために勉強するのはとても良いことですが、なかなか上手くいかなかったり、料理教...

簡単に出来るチャーハン、卵だけレシピやちょい足しレシピやコツ

チャーハンを作ると、入れる材料や調味料によって毎回味が変わります。また火加減や炒める時間や手順によっ...

たたききゅうりのさまざまな美味しいレシピをご紹介

たたききゅうりは、夏だけではなく、年中食べても美味しい一品レシピのひとつです。 夕飯にプラスしたり...

寄せ鍋に最適なだしは昆布だし!昆布だしの作り方とポイント

昆布から取る「昆布だし」はうま味があり、寄せ鍋だけでなく色々な料理に使える最適のだしです。 だしが...

お店で食べるような皮がパリパリな鳥モモ肉の焼き方をご紹介

お店で食べる鳥のモモ肉焼きは、身のジューシーさだけではなく、皮がパリパリな所も美味しさのポイントです...

油タップリからさよなら!油摂取を極力減らす茄子の素揚げ方法

茄子の素揚げは茄子がトロトロで美味しい反面、油の染み込み具合が気になるところです。 調理をして...

【梅干し作り】天日干しのやり方や日数の目安、完了の見極め方

手作りの梅干しを作る時には、漬けた梅を天日干しする工程も必要です。初心者が悩むのが、天日干しをする日...

鶏肉は部位によって名称も、おすすめな料理も変わります

鶏肉の部位の名称を知ってる?と聞かれたら、もも肉やむね肉などを思い出す方が多いと思います。 もう少...

ざるそばやせいろそばなど種類が豊富なそばの起源と現在の違い

かけそば、もりそば、ざるそば、せいろそば…蕎麦屋に行くとその種類の多さにどれを食べようか悩んでし...

料理が上手い人の特徴から解る!料理上手になるためのコツを紹介

料理の上手い人には特徴があるのを知っていますか?料理が苦手な人が料理上手になるためには、まずはその特...

大根と鶏肉の圧力鍋の柔らかレシピ。定番や味や具材を変えて

圧力鍋があれば、煮込み料理も簡単です。煮込む時間も少ないうえに、圧力でしっかりと中まで火が通り食材を...

料理が苦手な原因は本?選んではいけない本と選びたい本

料理が苦手な人のお助けグッズと言えば料理本ですが、今手にしている料理本は、料理が苦手なあなたの役に本...

冷凍エビフライの揚げない調理法と、揚げなくても美味しいレシピ

家族の肥満や健康が気になる。でも揚げ物が食べたい。パン粉がサクサクのエビフライが大好きという方におす...

唐揚げがジューシーなのは水がポイント!簡単にできるコツを紹介

唐揚げをジューシーに美味しく仕上げるためには、水分が必要だということを知っていますか?お肉にとっ...

低温調理ステーキは美味!湯煎方法や焼き方のポイントをご紹介

安い特売ステーキも、湯煎して温める低温調理で驚くほど美味しくなります。 普通に焼いたステーキと見た...

料理を勉強する方法とは食材を理解することが大切

これから結婚を考えていたり、好きな方にお料理を作りたい方。これから、料理に関しても技術を磨かなくてはいけませんね。どんなふうにして、お料理の勉強をしたらいいか、簡単にでも、ちょっとした豆知識を欲しいと思っていませんか?

料理を勉強するために一つ重要な点があります。それは、食材の状態やジャンルを勉強することです。

買ってからどのくらい持つ食材なのか、どのくらいの期間だったら、まだ鮮度が保てるのか、食材の勉強をする必要があると思います。

また、料理には、バランスの必要になります。一つ一つの食材を見て、分類をするようにして下さい。これも、料理の勉強の一環になると思います。

他にも、旬のものをできるだけ使うというのも料理の勉強です。旬のものを使うと体にもいいのですし、それも勉強の一つだと思います。また、その食材をどうやって調理するのか、最も適した調理方法を研究するのも、料理を勉強する上で大切なことです。

料理の勉強は失敗して学ぶ方法がおすすめ

お料理番組を見ている方なら、わかると思います。プロの方でも、審査に落ちて、不合格になることもあるんです。プロの方でも、「こんな点がまだ足りてない」という評価を得ることもあります。

とりあえず挑戦してみる

料理のまず第一歩は、やることだと思います。とにかくやってみる。そして、結果を待つのです。失敗してもいいんです。その部分をどうやって改善できるのか、その点を考えながら、またあなたの料理と向き合えばいいんです。

あなたが作った料理を食べてもらい、「こんな点がちょっと」と評価を得るだけ、それは失敗ではないと思います。他の方から新しい視点で料理を見ることができると思います。

そんな意味では、失敗を繰り返して、もっと良い料理を作る。もっと前向きな視点から料理を見たほうがいいと思います。失敗することで、より良い料理が作れると思います。

他の方からの評価で、自分の料理が美味しくなることはいいことだと思います。

料理を独学で勉強する方法は本の通りにまずは作ってみること

料理を教室に行かずに腕を上げるには、まず、本屋さんで本を買い、それを、文字通りに作ることだと思います。

料理の腕を上げるのに、料理教室に行く暇がない方もいますよね?でも、ちょっとした料理を彼氏や恋人のために作ってあげたい、そんな乙女心を抱いている方は世の中に大勢いると思います。料理教室に行かなくても、とりあえずは本屋に行って、作りたい料理を指示通りに作って下さい、あまりこった料理ではなく、簡単な料理から手をつけて下さい。

似たような料理がテレビでも紹介されていたら、それを見て研究するというのも手です。テレビで紹介されているのは、プロの人がやるやり方です。それをあなた流にアレンジして、料理して下さい。これも一種の料理の勉強です。

やりこなすうちに、この部分は慣れた、次はこんなふうに調理しようなどあなたなりに工夫ができると思います。実践して、あとは慣れだと思います。

料理を上達するためには正しい知識と技術を身に付けること

料理を本当の意味で上達させるには、経験だけではいけないと思います。知識や技術も大切な分野になります。

料理は味付とか、盛り付けの仕方、調理方法など、知識が必要になる分野です。この食材には、この味付が合う、野菜の切り方も、調理方法によって、変わります。そのような技術も、本当の意味で料理を習うのなら、習うべきだと思います。

学校に行くのがベストだとは思いますが、本やネットで研究することは可能です。あなたがどこまで料理を深く勉強したいかにもよると思います。周りの方でお料理が上手な方がいれば、その方と一緒に料理をすることで料理の技術は学べます。本で研究してもいいのですが、テレビを参考にする、実際に料理学校に通って、先生から実践的に教わる、その方が早いとは思います。ただ個人差があるので、本でいい方は本で研究、料理学校には行かないでいいと思います。

食べ歩きは料理を作る上で大切な勉強のひとつ

お料理のプロの方、全員がしているとは思いませんが、色んな料理を食べ歩いて、色んな味を確認して、研究する、そんな手段を使って、料理の勉強をしている方もいます。

何気にいい勉強になる

食べ歩きをばかにしてはいけません。いつもは食べないけど、試しに食べたら、案外美味しかった、それがありえるのです。

全部が全部、料理の勉強になるわけではないとは思います。ただ、いつも同じものを食べる、味わうのではなく、自分が行ったことのない分野に手を出すのは、新しい感覚を知るのに良い手段だと思います。

これから料理を深く研究したい方は、食べ歩きというより、食べたことのない分野に挑戦して、料理をもっと深く研究して下さい。未分野に足を入れることで、もっと新しい発見があり、料理をもっと深く知ることができると思います。 料理は一人で閉じこもってばかりいても上達はしません。食べ歩きをしたりして、他の方に評価をしてもらい、自分が味わったことのない分野にも入っていきましょう。