キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

肉じゃがで胃袋を掴む献立!彼氏が喜ぶ和食の手料理でおもてなし

大好きな彼氏に手料理を作ってあげたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。男性が自分の彼女に作ってもらいたい料理の一つが「肉じゃが」です。

ここでは、肉じゃがの基本的な作り方と、肉じゃがに合う献立についてお伝えします。彼氏のために、愛情たっぷりの料理を作ってあげてください。

美味しい手料理で、彼氏の心と胃袋をガッチリ掴みましょう。

関連のおすすめ記事

【大根の漬物】甘酢漬けの美味しい簡単レシピをご紹介

大根の漬物といえばたくあんやぬか漬けが思い浮かびますが、手軽に作れる甘酢漬けもおすすめです。また漬物...

なすを使った子供も大好き丼レシピ!人気のレシピをご紹介

なすは焼きなすにしてもよし!天ぷらにしてもよし!漬物にしても美味しい、夏野菜の1つですよね。 ...

自宅でも焼き鳥をホットプレートでパリッと美味しく焼く方法

自宅で焼き鳥をする時にはホットプレートを使って焼く方も多いと思います。ホットプレートならば、一度にた...

なすと相性がピッタリ!豚肉を使ったさっぱりポン酢レシピ

旬の野菜を食べることは美味しいだけではなく、体にもその季節に合った作用を得ることができます。 例えば...

夕飯にぴったりな和食のレシピについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、無性に和食が食べたくなることってありますよね。 洋食や中華も美味しいです...

ナスで簡単電子レンジで作るおかず!ごま油が香る美味しいレシピ

暑くてキッチンに立ちたくないという日には、電子レンジ調理がおすすめです。ただでさえ暑いキッチンで火を...

おもてなし料理でお客様に喜んでもらいたい!和食の前菜の種類は

家でお客様をお招きすることになったら、おもてなし料理でみんなに喜んでもらいたいですよね。 その中で...

なす嫌い克服レシピ!子供も喜ぶチーズを使ったなす料理と調理法

お子さんのなす嫌いに頭を悩ませているお母さんは、どうにかして子供の好き嫌いを克服したいと頭を悩ませる...

ナスの煮浸しは酢でさっぱり!美味しい作り方とコツを紹介

ナスの煮浸しは酢を入れることでさっぱりして、暑い夏にもピッタリです。 そんな酢が入ったナスの煮浸し...

冷凍ご飯で美味しいおかゆを作る方法、卵を加えた栄養満点おかゆ

一人暮らしの人の中には、冷凍庫に冷凍ご飯をストックしているという人が多いのではないでしょうか。 レ...

丼の種類と美味しいレシピ!一般的に人気の丼と誕生の由来を解説

日本には色々な食べ物があります。丼もそのうちの一つで、様々な種類がある料理です。丼は家庭でもよく作ら...

鍋の翌日に食べたい簡単美味しいアレンジレシピ!残りをリメイク

寒い季節には家で鍋をする機会も増えます。ついつい多く作ってしまう鍋は、鍋に具材を入れたけど、結局食べ...

夕ご飯の献立は何にする?和食の献立の考え方とおすすめレシピ

毎日の夕ご飯の献立に悩んだ経験がある主婦の方は多いのではないでしょうか。家族が喜ぶ献立の考え方や、お...

おもてなし料理を作りたい!和食メインの春らしいメニュー

お家でちょっとしたパーティーを開く時、おもてなし料理はどのようなものを用意したら良いのか困ってしまい...

ナスの焼き浸しの人気のレシピを大特集!簡単に作れます

ナスを使う料理の中でもさっぱり食べられる焼き浸し。いつもナスは炒めものとして食べる人にもぜひ作ってほ...

彼氏が喜ぶ料理の献立は「肉じゃが」

いつも出先では自分の好きな料理やこってりした物が多いので、たまには和食が食べたい。
自分で作らないような煮物などの料理が食べたい。

このように「和食が食べたい」と思う男性も多いものです。
また、煮物は味加減がもろに出てしまう料理でもあり、男性は味付けなどで料理が出来るのか判断したりもするものです。

まだ料理を始めて間もない時に、煮物を作って出したら彼氏にの目も変わるに違いありません。
ですが、基準の味がわからずに味付けしても、これでいいのかな?と自信が持てなかったりします。まずは、お母さんの味を思い出すことです。

「肉じゃが」がおすすめな理由

また、煮物にも色々な種類がありますが、この煮物のアレンジしたものが肉じゃがになりますね。
肉じゃがは、お肉も入るのでこってり感も出て普通の煮物よりも食べると満足感があります。

また、あっさりした煮物よりも味がしっかりするので味も決まりやすいのです。

お肉も鶏肉から、豚肉、牛肉まで幅広く選択することもできてアレンジしやすいので、まずは一手間加えた様に見える肉じゃがを作って彼氏に出してみるのはどうでしょうか。

彼氏に作ってあげたい肉じゃがの献立レシピ

肉じゃがはどんなお肉でも作る事が出来ますが、彼氏はどんなお肉が好きでしょうか。よく食べる料理はどんなものですか?思い出しながら、彼氏が喜んでくれる具材を選びましょう。

肉じゃがには基本のお野菜にじゃがいもがあります。その他には玉ねぎ、にんじんですね。これにしらたきなどを加えて煮込みますが、しらたきを入れるときは牛肉の方が合うのです。

こってりお肉大好きな彼氏には「豚バラで作る肉じゃが」が勧め

豚バラで作るときは、お肉は豚バラの塊肉を使うのがお勧めです。丁度良い大きさに切って(薄く切りすぎると煮込んだ時にバラバラになってしまうので2センチ幅くらいで切りましょう)見た目もボリュームも目を引きますし、何といってもご飯が進むオカズになります。

肉じゃがを作る時、手順に迷うことがあります。
私も料理を作り始めた時は、炒めたらいいのか、そのまま煮込めばいいのか、などわからないことばかりでした。

肉じゃがは炒めてから煮込む方が味が染む

まずは、ジャガイモの皮をむき一口で食べられるくらいの大きさに切っていきます、次に人参も皮をむいてこちらは乱切りにします。
乱切りにすることで食べた時にきちんと食感があり、また、切れている面が広いので火が入りやすくなります。

玉ねぎはくし切りにするのが定番です。細く切りりすぎると溶けて見えなくなってしまう他、食感が無くなってしますので少し大き目に切るのが良いのです。

お肉は今回豚バラを使います。豚バラは2センチ幅に切り、先に鍋で焼いて焼き色を付けましょう。

一旦お皿に出して油を残したままのフライパンで野菜を全部入れて炒めていきます。豚の油が絡んで少し野菜の色が透明になってきたら豚バラを戻し、ここに煮汁を入れていきます。

味付けは、ダシ、醤油、砂糖が良い

二人分の材料

  • ダシ300㏄(ダシをとっても良いですし、この水量にお味噌汁で使用するくらい分の顆粒ダシといれて溶かして使ってもよいです。)
  • 醤油(醤油大さじ3)
  • 砂糖(大さじ半分。甘めの味付けが好きな時は大さじ1でも良いですし、味見をして砂糖を足していくようにしてください。)
  • 野菜は、じゃがいも2から3個、玉ねぎ半部、人参半分です。

煮汁を入れたら、強火にし、アクを取ります。強火にして沸騰させればアクは自然と上に浮いてきます。浮いてきたアクを取る様にしましょう。
アクを取ったら落し蓋をして弱火で煮て下さい。

肉じゃがに合う献立は?手料理で彼氏をおもてなし

肉じゃがとご飯だけでは物足りません。

一緒に副菜やお味噌汁なども出すと献立として成立します。

肉じゃがは煮込んでいる間時間がありますね。その間の時間でサッと作れる料理を紹介します。

肉じゃがに合う副菜

だし巻き卵や、きんぴらなども簡単に作る事ができます。
肉じゃがは和風の味付けですから、和風で統一するとバラつきがなく良い献立になります。

だし巻き卵は、卵焼きを作る事が出来れば、後はだしを加えて作るだけなので作り方は一緒です。

また、きんぴらなどは、水に入ったゴボウをにんじんのパックなどが売っていますから、それを袋から出してサッと水で洗い、水を切ったらごま油をひいたフライパンで炒め、砂糖と醤油で味付ければできあがります。

また、前日に、キュウリなどを漬物の元などで付けておけば、箸休めにもなりますのでとってもお勧めですよ。このキュウリの漬物に、大葉などを刻んで一緒に付ければ一手間加えた漬物になり、彼氏の評価もアップするはずです。

肉じゃがと一緒に作りたい副菜・だし巻き卵の作り方

だし巻きは、卵焼きにだしが入った物で、よく見かけるのは厚焼きのずっしりとした卵焼きですね。
だし巻きの場合は普通の卵焼きと違い水分を多く含んでいますから、じっくり火を通しながら作っていきます。

卵液の準備

水、顆粒ダシを用意します。

水は卵3個に対して100ml、顆粒だしは小さじ三分の一です。

醤油とみりんも入れると味がしっかりしますので入れていきます。
醤油は小さじ1杯、みりんは大さじ半分です。すべてを入れて混ざ合わせ、電子レンジで加熱して溶かしていきます。

卵を3個割り、良く混ざ合わせ、その中にだしを入れて更に混ぜます。

焼き方のコツ

卵焼き用のフライパン油をひき卵を入れて加熱します。
火加減は強火にはせずに中火か弱火にしてから作っていきます。焦げないように卵が半熟になったら丸めていきます。

卵液がなくなるまで卵を巻いたら、ラップを敷いた上にだし巻き卵を置き四角くなるように形を整えてラップを包み10分ほど置いて切ったら盛りつけて出来上がりです。

ほっこり和食でおもてなし!味噌汁の作り方

お味噌汁も、顆粒だしで作っても良いですが、鰹節や昆布からとった方が美味しくできあがります。
また、だしパックなども販売されていますので、だしパックでだしを取っても良いです。
だしを取るときは沸騰させない事。30分くらい火にかけるとよりだしが出ます。

お味噌汁を作るときは、ぐらぐら煮ないと火が通らないような具材は使わずに、火がすぐ入る具材を使いましょう。

また、地域によっても味噌の種類が違います。自分の知っている味、馴染みのある味噌を使った方が味の記憶もあり、作りやすいのではないでしょうか。

また、お味噌汁にお勧めなのが油揚げです。こってりして味が決まりやすく、少し濃いめの味付けにも負けませんよ。