肉じゃがの残りを使った簡単美味しいアレンジレシピ

肉じゃがを作ると、いつも作り過ぎて残ってしまう、という方も多いと思います。次の日に食べる肉じゃがも、もちろん美味しいですが、何日も続くとどうしても飽きてしまいます。そんな時には、ちょっとひと手間を加えて、違う料理にアレンジしてみませんか?
そこで、肉じゃがの残りを使った簡単アレンジレシピをご紹介します。アレンジの方法を覚えておけば、もう作り過ぎても大丈夫。簡単に違う料理に変身させましょう。

関連のおすすめ記事

ナスの煮浸しは酢でさっぱり!美味しい作り方とコツを紹介

ナスの煮浸しは酢を入れることでさっぱりして、暑い夏にもピッタリです。そんな酢が入ったナスの煮浸し...

冷凍ご飯のレシピ【和風アレンジ】簡単で美味しいおすすめを紹介

冷凍ご飯を使ったレシピには和風アレンジのものもあります。冷凍ご飯を使った簡単に作れる和風アレンジ...

おもてなし料理で和食を振る舞いたい。秋にぴったりなものは

自宅の友達や家族が集まるパーティーを開催する時は、おもてなし料理で楽しませたいですよね。秋の季節...

夕飯にぴったりな和食のレシピについて知りたい

夕飯のレシピを考える時に、無性に和食が食べたくなることってありますよね。洋食や中華も美味しいです...

豚ひき肉を使ったレシピ!子供にも大人にも人気のそぼろ丼

そぼろ丼は大人にも子供にも人気の料理の1つ。手軽に作れることもあり、昼食にそぼろ丼を作る方も多いので...

おもてなし料理でお客様に喜んでもらいたい!和食の前菜の種類は

家でお客様をお招きすることになったら、おもてなし料理でみんなに喜んでもらいたいですよね。その中で...

おもてなし料理を作りたい!和食メインの春らしいメニュー

お家でちょっとしたパーティーを開く時、おもてなし料理はどのようなものを用意したら良いのか困ってしまい...

お家の味噌汁の塩分濃度は適正?推奨されている塩分濃度について

塩分濃度の注意をして料理づくりをしていますか?外食やスナック菓子の味になれてしまうと、お家の食事の味...

ナスの味噌汁を作る時のアク抜きの方法について知りたい

ナスの味噌汁を作ろうと思った時、ただお鍋に入れたナスをそのままお味噌汁にしたことはありませんか?...

ナスの天ぷらを作る時の正しいアク抜き方法と美味しい作り方

ナスはさまざまな料理に使えて、食卓には欠かせない野菜です。ナスは調理の前にアク抜きをするのが一般的で...

ナスの焼き浸しの人気のレシピを大特集!簡単に作れます

ナスを使う料理の中でもさっぱり食べられる焼き浸し。いつもナスは炒めものとして食べる人にもぜひ作ってほ...

鉄板焼きそばの作り方!鉄板で美味しく作るコツや注意点を紹介

鉄板を使った焼きそばの作り方には美味しく作るコツがあります。鉄板でも上手に焼くことができれば、ま...

鍋の翌日に食べたい簡単美味しいアレンジレシピ!残りをリメイク

寒い季節には家で鍋をする機会も増えます。ついつい多く作ってしまう鍋は、鍋に具材を入れたけど、結局食べ...

茶碗蒸しを電子レンジで調理!どんぶり茶碗蒸しを上手に作るコツ

茶碗蒸しが無性に食べたくなること、ありませんか?しかし蒸し器やせいろを出してきて作るのは、ちょっと面...

ナスで美味しい炒め物料理!人気のナスの炒め物レシピを紹介

炒め物の材料として人気のナス。油で炒めて調理をすることで、とっても美味しいトロッとした食感になり、ご...

肉じゃがの残りを簡単にアレンジできるカレー

肉じゃがに飽きたときもそうなのですが、私はおせち料理に飽きた時、質素な和食料理に飽きた時、甘いものを食べすぎてしょっぱいものが食べたくなった時など、何かに付けて「カレーライス」が食べたくなります。

肉じゃがには、「じゃがいも」「人参」「玉ねぎ」などのカレーに必要な食材が全て詰め込まれていますから、肉じゃがの残りをアレンジするなら、まず思いつくのがカレーですよね。

リメイクレシピには手がかかるように思うかもしれませんが、肉じゃがの残りをカレーにするのはとても簡単です。

肉じゃがの残りに牛乳少量を足して加熱し、カレールウを溶かすだけ

すでに肉じゃがに味がついているので、余計な調味料は入れなくてもたいてい味が整いますが、足りない場合は醤油やケチャップ、ソースなどの調味料を足して味を整えるとよいでしょう。

沢山肉じゃがが残った時には、家族4人分くらいのカレーがあっという間に作れますが、少量の肉じゃがの場合には作り足さなければいけなくなり、それは面倒なので、「カレーうどん」にするのがおすすめです。

作ったカレーをめんつゆで薄めて長ネギの斜め切りを入れれば量が増えますし、メインはうどんなので具材は少なくても平気です。

残りの肉じゃがにたっぷりチーズを乗せてグラタンにアレンジ

じゃがいものホクホク感が美味しい「ポテトグラタン」が好きな方は、肉じゃがの残りを「グラタン」にアレンジしてみると良いかもしれません。

肉じゃがの残りをフォークで潰して、牛乳と一緒にフライパンに入れて加熱したら、コンソメ、塩コショウなどで味を整え、必要であればベーコンやほうれん草、キノコなどの具材を足します。
牛乳が沸騰して、全体的にフツフツととろみが出てきたら、グラタン皿に移してチーズをたっぷり乗せ、200度に熱したオーブンかトースターで10分程度焼けば完成です。

私はゴロゴロとしたじゃがいもが好きなので、あまり潰しすぎないようにしてじゃがいもの食感を残しますが、好みに応じてじゃがいもを全てマッシュしたり、半分残して半分潰すなどの調整が自由にできるので、お好みの食感で作ってみてくださいね。

肉じゃがの残りを使ってコロッケにアレンジ

肉じゃがの残りをアレンジするのにぴったりなレシピがもう一つあります。

肉じゃが「コロッケ」です。

コロッケは調理工程が多いので、時間がある時でないとなかなか手作りできない料理ですし、最近はスーパーのお惣菜コーナーで美味しいコロッケが安く買えるので、自宅でわざわざコロッケを揚げる人は少なくなったのではないかと思います。

大変なコロッケづくりも、すでにコロッケのタネは肉じゃがの残りで出来ているも同然なので、あとは衣を付けて揚げるだけです。
市販の冷凍コロッケくらい簡単に作れるので、美味しい作りたてのコロッケをぜひアレンジメニューに追加してください!

肉じゃがの残りは、まな板の上で刻み、肉やこんにゃくなどの具材を細かくしながら、じゃがいも、人参をマッシュします。
牛乳を混ぜて、少し柔らかくしたらタネの完成!お好みでコーンなどを追加しても美味しです。

丸めたコロッケのタネに、小麦粉、卵、パン粉の順で衣を付けたら、180度に熱した油で2~3分きつね色になるまで揚げれば、「肉じゃがコロッケ」の完成です。

肉じゃがの冷蔵保存のコツ

我が家では、作り置きおかずが食事のメインなので、1品おかずをつくったら、たいてい2日~3日は同じものが小鉢に盛り付けられます。

作り置きおかずは、2~3日から長いもので1週間程度冷蔵保存が出来ますが、荷崩れして形が崩れやすいじゃがいもは他の食材に比べると菌が付着しやすいこと、じゃがいものデンプン質が細菌の餌になること、水分が出やすいことなどから、傷みやすい食材として有名です。

そのため、肉じゃがを冷蔵庫で保管する場合でも、環境によっては1日程度で傷んでしまうこともあり、注意が必要なおかずです。
冷凍にも向かないじゃがいもですので、残った肉じゃがは2~3日の間で早めに食べきる必要があり、そのためにも飽きずに食べ続けられるアレンジレシピは大切なのです。

余りがちな料理で作るアレンジアイデア

余った肉じゃがのアレンジレシピを紹介してきましたが、家庭料理で余ってしまいやすいのは肉じゃがだけではありませんよね。

私は先日、お中元に送られてきた大量のそうめんを消費しようと、絶対に食べ切れないであろう量のそうめんを茹でてしまって、案の定、大量のそうめんを残してしまいました。さすがに、昼に食べたそうめんを夜も、その次の日の朝も…と食べるわけにはいかなかったので、用意したのが「そうめんチャンプルー」。
豚肉、人参、たまご、ピーマンなどの冷蔵庫のあまり野菜とそうめんを炒めて、醤油と塩コショウで味付けし、鰹節を振りかけて完成する、簡単なリメイクレシピです。

毎回大量に余ってしまうカレーは、最初に紹介したカレーうどんやカレードリアにアレンジしますし、筑前煮は意外や意外、刻んでチャーハンの具にすると美味しいです。