キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

シュウマイはレンジでも人気!美味しく作れる簡単レシピを紹介

シュウマイを電子レンジで簡単に作れたらと思っていませんか?手軽に電子レンジで作れるシュウマイは美味しくて子供にも人気です。

そこで、電子レンジで作れる簡単で美味しいシュウマイの人気レシピについてご紹介していきましょう。

蒸し器がなくても、皮がなくてもキャベツを使って包まないシュウマイも電子レンジで簡単に作れます。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ナスは電子レンジで作り置きして美味しく!簡単おすすめレシピ

ナスは電子レンジを使って作り置きおかずを作ることができます。 たくさんナスを貰ったときなど料理が苦...

大根を使った副菜の人気レシピについてご紹介

晩ご飯などを作る時に、メインと一緒に考えるのが副菜です。 その中でも大根は甘めに味付けしたり、辛く...

茄子で作る作り置き常備菜!美味しいレシピと常備菜のメリット

毎日忙しくお仕事をしているママたちは、できるだけ簡単に食事の支度を済ませたいと考えるものです。 ...

野菜のおかずを冷凍で作り置き!お弁当も時短できるコツとレシピ

野菜を使ったおかずを冷凍して保存しておけば、料理も時短でできるようになります。 もちろんお弁当のお...

なすとパプリカと豚肉を使った料理のレシピについて知りたい

なすとパプリカは、美味しい夏野菜として人気のある食材です。 この2つの野菜を美味しく調理しようと思...

ナスを使った常備菜を作り置きして毎日のお弁当に活用しよう

常備菜としても活躍するナス。お弁当に入れるおかずとして使う人も多いでしょう。 しかし、炒めもの...

味噌汁の作り置き・常温保存はOK?保存方法と賞味期限を解説

毎日食事のたびに味噌汁を作ることを面倒に感じている主婦の方もいるのではないでしょうか。味噌汁を作り置...

野菜の常備菜を作り置きして冷凍保存!お弁当にも便利に活用

忙しい朝のお弁当作りを少しだも楽にしたいと毎日頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 ...

味噌汁の作り置きは夏に注意!賢く保存して上手に活用するコツ

味噌汁の作り置きは夏にしておくと、暑い思いをせずに簡単に味噌汁を食卓に出すことができます。しかし、夏...

鶏モモの作り置き冷凍で料理を時短!人気レシピやおすすめ下味

鶏モモ肉を使った料理は子供にも人気です。そんな鶏モモ肉に下味をして作り置き冷凍しておけば毎日の料理も...

豚ひき肉のそぼろレシピ。冷凍保存できる便利な簡単そぼろ

豚ひき肉のそぼろは、そのまま白いご飯にのせても美味しいですし、料理の材料にもアレンジができたりと、あ...

大根で作る常備菜・美味しい煮物のレシピと保存方法を解説

一年中スーパーで購入できる野菜の一つが「大根」です。大根で作る煮物が大好きだという人もいるのではない...

なすで作る作り置きレシピ!常備菜のメリットと保存容器の選び方

お仕事をしている奥様たちにおすすめなのが「作り置きレシピ」です。仕事を終えて帰ってきてから夕食作...

干し野菜のかぼちゃレシピを紹介!時短で美味しく食べるコツ

最近干し野菜を使ったレシピがとても人気があります。 例えば、かぼちゃが使い切れないときは干し野菜に...

ナスの肉巻きの中で、人気の味付けのものについて知りたい

ナスの肉巻きは、作り方は簡単なのに美味しいので、ナスを使ったメニューの中でも人気のあるもののひとつで...

スポンサーリンク

シュウマイが電子レンジで作れる人気レシピを紹介

シュウマイといえば、蒸し器を使って蒸して作る料理ですが、ご家庭によっては蒸し器がないという人もいるでしょう。
その蒸し器を使わなくても電子レンジでシュウマイが作ることができるのでご紹介します。

電子レンジでつくるシュウマイ

シュウマイ50個分の材料です。

ひき肉400g、玉ねぎ(中サイズ)1個、シュウマイの皮50枚、酒大さじ2、醤油大さじ1、砂糖大さじ1、鶏ガラスープの素大さじ1、水大さじ2、ゴマ油大さじ1、片栗粉大さじ5、塩コショウ、チューブ生姜です。

次に作り方です。

  1. 玉ねぎは皮をむいてみじん切りにします。その後、ラップをかけて電子レンジで加熱します。
    玉ねぎの熱を冷ましている間に調味料を計って合わせておきます。
  2. ボウルにひき肉と冷めた玉ねぎ、合わせた調味料を入れてよく捏ねます。
    タネがまとまればOKです。
  3. シュウマイの皮にタネを包んでお皿に並べておいておきます。
  4. そこに水を振りかけたらラップをふんわりとかけて2分電子レンジでチンします。
  5. その後、そのまま蒸らして予熱で火を通します。
個数が多いので数回に分けて加熱したり大皿にまとめて加熱するのでもいいでしょう。
加熱時間を長くしてしっかりと熱を加えて蒸らし時間をなくしてもいいですが、ふんわりとしたシュウマイを食べたければ蒸らし時間をとるといいですね。

包まないシュウマイなら簡単に電子レンジでも作れて人気

電子レンジでの加熱は簡単だけど、シュウマイを包むのが苦手…という人もいるでしょう。
シュウマイを作る時に、必ず包まなければいけないということはありません。
シュウマイの皮を刻んでまとわせるだけなので、さらに簡単に作ることができます。
基本的なシュウマイのタネの材料は変わりません。
皮に工夫が必要です。
シュウマイの皮は、重ねて細切りにします。

この時に太さがあるよりもより細かいほうが、仕上がりの見た目が素敵になります。
シュウマイの皮をまとわせるので、長い状態のままよりは短いほうが作業もしやすいので、状態をみて半分に切ってつかうのもいいでしょう。

シュウマイのタネを丸めて皮を付けていくのですが、タネをもって皮を付けるよりも、転がして付ける方法のほうがきれいに、そして簡単にできるので個数が多くてもそれほど大変ではありません。
その際は1個ずつ丁寧に行いましょう。
その方が、タネもつぶれにくいですし、皮もタネの全体につけやすいです。

あとは、電子レンジで加熱して完成です。
この時ラップをふわりとかけることと、シュウマイを蒸す時間を忘れないようにしましょう。
並べる時も大きいお皿に隙間をあけて並べるか、シュウマイの個数を少しずつにして複数回加熱するとくっつかずに見た目がきれいなシュウマイが出来上がります。

電子レンジで作れるおすすめ人気シュウマイの作り方

シュウマイの皮を使わなくても、キャベツがあればシュウマイを作ることができます。

材料は4人分です。
ひき肉300g、キャベツ半分、塩、オイスターソース小さじ4、酒小さじ2、醤油小さじ2、ゴマ油小さじ4、チューブしょうが、片栗粉小さじ4です。

  1. 作り方はまず、キャベツはみじん切りにしてから長いようであれば2~3cmの長さに切ります。
    芯は取り除いてもいいですし、使うならみじん切りにしてシュウマイの具として使ってください。
  2. 千切りキャベツには塩をかけておき、水分が出たら絞ったりペーパーで取り除きましょう。
  3. ボウルにひき肉と調味料をいれて、しっかりと粘り気がでてまとまるまで混ぜます。
  4. そこにキャベツの芯のみじん切りをいれてさらに混ぜます。
  5. キャベツを大きめのお皿に広げておきます。
  6. シュウマイのタネは手でコロコロと丸めて作ります。
    できたタネは広げたキャベツの上において、まんべんなくつけます。
  7. お皿にできたシュウマイをのせて、ふんわりとラップをしたら500Wで2分半程度加熱したら完成です。

キャベツを使うと緑が鮮やかなので、食欲をそそります。
また、野菜を使っているのでよりヘルシーですね。

冷凍保存しておけばお弁当のおかずにもおすすめ

シュウマイを作る時にあえて多めに作っておくこともおすすめです。
その理由は、作ったシュウマイを冷凍保存することが可能だからです。

シュウマイは大きさがそれほど多くないので、お弁当のおかずの隙間を埋めたいときなどにあると便利です。
しかし、そのたびに朝からシュウマイを作るのは現実的に考えて大変ですよね。
ですので、夕飯にシュウマイを作った時はまとめて作っておくことができたらいいでしょう。

冷凍する時に気を付けることは、冷凍する時にシュウマイ同士がくっつかないようにすることと、きちんと密閉して冷凍することです。
食べる時は電子レンジで解凍して食べますが、この時にそのままお皿にのせて加熱すると皮がくっついて剥がれてしまう可能性があるので、クッキングシートやラップをしいてから電子レンジで加熱しましょう。

シュウマイはフライパンでも美味しく作れます

シュウマイを作る時間を短縮したいと思ったら、フライパンを使った大きなシュウマイがおすすめです。

この方法だと、シュウマイを包む必要もありません。

  1. シュウマイのタネをいつもどおりに作ったら、フライパンに油をしいて全体にタネを敷き詰めていきます。
  2. そして、その上にシュウマイの皮を隙間のないように並べます。
  3. そうしたら、フライパンに蓋をして蒸し焼きにして火が通れば完成です。

フライパンからお皿に盛り付けた後は、そのまま食卓にだして食べる時に切り分けながら食べてもいいですし、事前に切り分けて小皿に取り分けてだしてもOKです。

そのまま出す時は、具材をプラスしたり盛り付けの工夫をするとよりキレイな仕上がりになります。
シュウマイは大人が作り、飾り付けは子どもにしてもらうのも喜ばれそうです。

作り方は簡単ですが、火が通るのに時間がかかるので焼いている時は火が通ってるかきちんと確認してくださいね。