茄子とじゃがいもの炒め物は、味付け次第で大きく変わります

茄子とじゃがいもの組み合わせは、グラタンや夏野菜カレーなどによく使われます。
他にも炒め物としても美味しく食べられますので、人気の組み合わせの食材と言えます。
そんな茄子とじゃがいもを使った炒め物は、味付けのやり方次第で味わいが大きく変わります。
ここでは、その味付けのバリエーションをいくつかご紹介しますので、大量に茄子とじゃがいもを消費したいという方や、茄子とじゃがいもを存分に堪能したいという方は、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

梅干しに天日干しが必要な理由と雨が降った時の対処方法について

梅干しを作る時に欠かせないのが天日干し。丁度梅雨明けの土用の頃に行うことから土用干しと言われています...

大根で作る常備菜・美味しい煮物のレシピと保存方法を解説

一年中スーパーで購入できる野菜の一つが「大根」です。大根で作る煮物が大好きだという人もいるのではない...

鶏モモで作る便利な冷凍作り置き!下味冷凍で平日乗り切りレシピ

平日は仕事が終わるのが遅くて、いつも夕食の準備が大変という方も多いと思います。そんな時には、鶏モモに...

天日干しのやり方【野菜を干す】コツや美味しい食べ方を紹介

野菜を天日干しすると無駄なく保存もできて、料理にも簡単に使うことができて便利です。そんな野菜の天日干...

ナスのさっぱり簡単レシピ!旬のナスで美味しいおかずを作ろう

暑い夏は食欲が落ちてあまり食事を摂れないこともあります。そんな時は、旬のナスを使ったさっぱり美味しい...

ナスを使った常備菜を作り置きして毎日のお弁当に活用しよう

常備菜としても活躍するナス。お弁当に入れるおかずとして使う人も多いでしょう。しかし、炒めもの...

大根の漬物を干す理由は?干した大根で作るたくあんの作り方

大根の漬物を作るとき、まずは大根を干すという工程があります。今まで大根の漬物を作ったことがない人...

なすとパプリカと豚肉を使った料理のレシピについて知りたい

なすとパプリカは、美味しい夏野菜として人気のある食材です。この2つの野菜を美味しく調理しようと思...

鶏モモの作り置き冷凍で料理を時短!人気レシピやおすすめ下味

鶏モモ肉を使った料理は子供にも人気です。そんな鶏モモ肉に下味をして作り置き冷凍しておけば毎日の料理も...

ナスの作り置き簡単レシピと失敗しない作り置きのコツ

忙しい時に助かるのが、日持ちのする作り置きおかずです。仕事で帰りが遅くなった時にも、冷蔵庫の中にいく...

味噌汁の作り置きは夏に注意!賢く保存して上手に活用するコツ

味噌汁の作り置きは夏にしておくと、暑い思いをせずに簡単に味噌汁を食卓に出すことができます。しかし、夏...

なすで作る作り置きレシピ!常備菜のメリットと保存容器の選び方

お仕事をしている奥様たちにおすすめなのが「作り置きレシピ」です。仕事を終えて帰ってきてから夕食作...

茄子でさっぱり冷たい美味しい料理!冷やした茄子のレシピを紹介

気温が高くなる時期は、冷たいメニューが食べたくなることもあります。茄子を使ったさっぱり冷たい料理を作...

なすの作り置きレシピ!日持ちするナス料理の作り方と保存期間

仕事をしながら家事や育児をこなす忙しい主婦の方の中には、食事の献立を考える時間がなかったり、なかなか...

ナスの味噌炒めは日持ちバツグン!アレンジして作ってみよう

お弁当のおかずとしても人気の「ナスの味噌炒め」。 でも、わざわざ朝作るのは大変ですよね。実は...

茄子とじゃがいもにごま油の風味がマッチする中華炒め

夏野菜の定番と言えば、茄子。
茄子に合わせる野菜は同じく夏野菜のトマトやズッキーニなどが有名ですが、意外とじゃがいもも美味しいのをご存知ですか?

茄子とじゃがいもを一緒に調理するなら、おすすめなのは中華炒め。

  1. 茄子とじゃがいもは乱切りにして、フライパンで炒め揚げにします。
  2. 生姜一片を薄切りにしたものと、唐辛子を1本加えて炒め合わせたら、酒と醤油と砂糖を同量ずつ使ってシンプルに味付けしましょう。
  3. 仕上げにごま油を回しすれば完成です。
実はこの味付けは、地三鮮(ディーサンセン)という中国東北地方の名物料理を参考にしています。
地三鮮にはピーマンや長ネギも入るので、冷蔵庫にあったらぜひ加えてみてくださいね。
胡麻油の香りが食欲をそそる、野菜の味を楽しめる一品に仕上がります。

茄子とじゃがいもがおしゃれな前菜になる洋風炒め

茄子とじゃがいもの組み合わせが素晴らしいところは、味付けをかえるだけで全く別の料理になることです。

先程は中華炒めにしましたが、次は洋風の炒めものでご紹介しましょう。

ところで、洋風炒めと耳にして頭に思い浮かべる味付けは何ですか?
トマトと思った方もいらっしゃると思いますが、今回はコンソメを使います。
トマト味は後ほどご紹介しますね。

茄子とじゃがいものコンソメ炒め

コンソメをスープや煮物以外に使ったことがないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は炒め物に使ってもとっても美味しく仕上がりますよ。

  1. 茄子やじゃがいもは5mmに厚にカットしましょう。
    大きなものは半月型にしてもOKです。
    じゃがいもは火が通るのに時間がかかるので、軽く電子レンジで加熱してもOKですよ。
  2. フライパンにオイルをひいて、茄子とじゃがいもを炒めたら、コンソメと塩コショウで味付けするだけです。
  3. 仕上げに黒胡椒を振ると味がしまってグッと美味しくなりますよ。
    辛味の苦手なお子様用なら省いても構いません。パプリカパウダーを散らすと色よく仕上がるので、おもてなしにもおすすめです。

茄子とじゃがいもを味噌で炒める美味しいレシピ

茄子とじゃがいもの炒めものは、味付けを変えるだけで毎日楽しめるほど別な料理になりますよね。

次にご紹介するのは茄子とじゃがいもの味噌炒めです。

茄子とじゃがいもだけでも美味しいのですが、みそ炒めにするなら豚肉を加えたいですね。
豚肉の脂は味噌との相性が抜群です。

豚肉はバラ肉でも、細切れ肉でも、ブロックでもOKですが、脂があった方が美味しく仕上がりますよ。

  1. 茄子とじゃがいもをカットしてフライパンで炒めて、味噌と砂糖を大さじ2、酒大さじ1、醤油小さじ2で味付けします。
  2. スタミナ風のみそ炒めがお好きな方は、ニンニクのすりおろしや生姜のすりおろしも加えましょう。
    市販のチューブでもOKです。

ご飯の進む味に仕上がりますよ。

ピリッとカレー味が美味しい茄子とじゃがいもの炒め物

次は子供も大人も大好きなカレー味でご紹介しましょう。

カレーライスの具材としては、茄子もじゃがいもの定番ですから、合わないわけがありありません。

炒め物でカレー味にするときにはカレー粉を使うのが手軽ですよ。
ただし、カレー粉は意外と辛味が強いので、辛味の苦手な方は甘口のカレールーなどを砕いて使ってもOKです。
カレールーの場合には、事前に水や酒などで溶いておきましょう。
また、炒める具材にひき肉を加えると旨味がUPしますし、肉の脂で辛味も少し和らぎます。

茄子とじゃがいものカレー味炒め

  1. 茄子とじゃがいもはカットしてフライパンで炒めて、ひき肉も炒めて火を通します。
    じゃがいもに早く火を通したいときは、事前に電子レンジで加熱しておくと良いでしょう。
  2. ひき肉の脂を全体に絡めたら、カレー粉と酒、醤油少々で味付け、塩と胡椒で調えます。
カレーライスよりも手軽に出来て、カレーライスのようにご飯の進む一品です。
他の野菜を加えても美味しいので、冷蔵庫整理にもおすすめですよ。

茄子とじゃがいもと相性ピッタリな、トマト炒め

最後にご紹介するのは、茄子とじゃがいものトマト味炒めです。

洋風味でトマトを期待した方も多かったと思います。
茄子とトマトの組み合わせは定番中の定番ですよね。
茄子のとろみのトマトの酸味の相性は抜群。
もちろんじゃがいもとの相性も抜群ですよ。

  1. 炒め煮にするので、茄子とじゃがいもは少し厚めにカットてください。
    じゃがいもは電子レンジで火を通しておいた方が、調理がスムーズになりますよ。
  2. トマトはくし形にカットします。
  3. フライパンで茄子を炒めて、しんなりとしたら火を通したじゃがいもとトマトも加えて炒め合わせます。
  4. バターを少し入れて絡め、ケチャップと砂糖を2:1で加えて塩と胡椒で味を調えます。

大人が食べる場合には、ペッパーソースを少し加えて辛味をつけるのがおすすめです。

茄子の他にピーマンやズッキーニなどを加えても美味しく仕上がりますよ。