キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

大根の漬物を干す理由は?干した大根で作るたくあんの作り方

大根の漬物を作るとき、まずは大根を干すという工程があります。今まで大根の漬物を作ったことがない人は、どうして大根を干してから漬物を作るのか、その理由がわからない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、大根の漬物を作るときに干す理由と、美味しいたくあん漬けの作り方をお伝えします。

手作りのお漬物はとっても美味しいもの。上手にたくあん漬けを漬けて、食卓に並べてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

野菜のおかずを冷凍で作り置き!お弁当も時短できるコツとレシピ

野菜を使ったおかずを冷凍して保存しておけば、料理も時短でできるようになります。 もちろんお弁当のお...

ナスのさっぱり簡単レシピ!旬のナスで美味しいおかずを作ろう

暑い夏は食欲が落ちてあまり食事を摂れないこともあります。そんな時は、旬のナスを使ったさっぱり美味しい...

干し野菜のかぼちゃレシピを紹介!時短で美味しく食べるコツ

最近干し野菜を使ったレシピがとても人気があります。 例えば、かぼちゃが使い切れないときは干し野菜に...

茄子でさっぱり冷たい美味しい料理!冷やした茄子のレシピを紹介

気温が高くなる時期は、冷たいメニューが食べたくなることもあります。茄子を使ったさっぱり冷たい料理を作...

天日干しのやり方【野菜を干す】コツや美味しい食べ方を紹介

野菜を天日干しすると無駄なく保存もできて、料理にも簡単に使うことができて便利です。そんな野菜の天日干...

豚ひき肉のそぼろレシピ。冷凍保存できる便利な簡単そぼろ

豚ひき肉のそぼろは、そのまま白いご飯にのせても美味しいですし、料理の材料にもアレンジができたりと、あ...

なすで作る作り置きレシピ!常備菜のメリットと保存容器の選び方

お仕事をしている奥様たちにおすすめなのが「作り置きレシピ」です。仕事を終えて帰ってきてから夕食作...

ナスを使った常備菜を作り置きして毎日のお弁当に活用しよう

常備菜としても活躍するナス。お弁当に入れるおかずとして使う人も多いでしょう。 しかし、炒めもの...

大根を使った副菜の人気レシピについてご紹介

晩ご飯などを作る時に、メインと一緒に考えるのが副菜です。 その中でも大根は甘めに味付けしたり、辛く...

鶏モモで作る便利な冷凍作り置き!下味冷凍で平日乗り切りレシピ

平日は仕事が終わるのが遅くて、いつも夕食の準備が大変という方も多いと思います。そんな時には、鶏モモに...

梅干しに天日干しが必要な理由と雨が降った時の対処方法について

梅干しを作る時に欠かせないのが天日干し。丁度梅雨明けの土用の頃に行うことから土用干しと言われています...

味噌汁の作り置き・常温保存はOK?保存方法と賞味期限を解説

毎日食事のたびに味噌汁を作ることを面倒に感じている主婦の方もいるのではないでしょうか。味噌汁を作り置...

なすの作り置きレシピ!日持ちするナス料理の作り方と保存期間

仕事をしながら家事や育児をこなす忙しい主婦の方の中には、食事の献立を考える時間がなかったり、なかなか...

野菜の常備菜を作り置きして冷凍保存!お弁当にも便利に活用

忙しい朝のお弁当作りを少しだも楽にしたいと毎日頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 ...

なすとパプリカと豚肉を使った料理のレシピについて知りたい

なすとパプリカは、美味しい夏野菜として人気のある食材です。 この2つの野菜を美味しく調理しようと思...

スポンサーリンク

大根で漬物を作るときに干す理由は?干すと旨味がアップする

毎朝、大根を食べる方、日本中、沢山いると思います。特に、大根を漬物にして食べる方、いますよね。自分でつけている方もいますよね。でも、その時に、大根を干す方が美味しいと感じている方、いると思います。

どうして、大根を乾かした方がいいのでしょうか?
大根は乾燥させた方が、栄養が高まるからです。

大根の漬物は、高齢者の方が好まれると思います。その年齢の方も、できるだけ栄養を毎日、取りたいと思ってますよね?

方法は簡単といえば、簡単。大根を乾かすだけです。これで、もっと栄養を大根から取ることができますよ。

味もよくなりますよね。是非試して下さい。それであなたの毎日のご飯も変わると思います。

日光にあてたら、もっといいですよ。栄養がもっととれますよ。カルシウムも入っているので、骨にもいいですよね。

大根で漬物を作ろう!大根を干す方法

大根を漬物にして、冷蔵庫の中に入れてる方、日本中にいますよね?作り方は大体ご存知ですか?

先程も説明させて頂きましたが、大根は干した方が、栄養価も高まりますし、味もよくなります。

大根を干すのは1週間くらい

そのくらい経つと、水分を減らせます。なので、切り干し大根を作ることができるんです。

2週間もあればこれで、切り干し大根は作れます。簡単でしょ?余裕でこんなことで切り干し大根は作れるというレベルなんです。

外に干すのなら、11月とか12月がベストみたいですね。その時期に大根の漬物をつけて下さい。また、太い大根より、細い大根の方が、大根を漬物にするには、あっています。選ぶ時は、細い大根を選んで漬物にして下さいね。

大根で漬物を作るときに干す期間の目安

大根で漬物を今、作ろうとしていますか?その大根、干すつもりでいますか?だとすると、次の期間を目安にして、大根を干して下さい。

  • 大根がへの字に曲がっている場合は1週間です。
  • つの字の場合は2週間になります。

これだけ曲がれば、大根から水分が抜けていますから。これで十分に切り干し大根が出来上がるんです。

逆に言えば、これだけの日数あれば、大根は切り干し大根になるんですね。ちょっとした自然の原理とも言えますね。

普通は10日くらいなんですが、上記の日数も参考にして下さい。

それでも、あまり大量に食べなければ、あなたは健康でいられます。切り干し大根も美味しいですから。

干す場所も、風がある方がいいと思います。冷たい風に当たった方が、大根にはいいみたいですけどね。適切な場所を選んで、干して下さいね。

大根の漬物を作ってみよう!たくあん漬けの作り方

大根の漬物を朝食のためにでも、作ってみたいと思っていますか?では、どうやって、大根の漬物をを浸けれるのか、その作り方を説明します。

まず、大根をよく洗って、葉っぱの部分を切ります。そして、外に干します。どのくらいの期間、外に干さなくてはいけないかというと、大根がくの字になるまで、外で干して下さい。そして、米ぬかと塩を入れて、つけて、糠を入れて、それで、終了になります。

面倒な方は、大根をあなたの好きなサイズに切って、それから米ぬかが入っている容器に大根を入れて下さい。それで、大根の漬物は作れます。

より家庭的に作るのなら、売っている米ぬかを使用して大根の漬物を作った方がいいと思います。

あなた自身が作るのもオリジナル性があっていいとは思いますが、売っている米ぬかで終わらせるというのも手です。色々混ぜ合わせて作るより、米ぬかを使って、大根の漬物を作って下さい。

大きいものではなく、小さいサイズを作るのなら、米ぬかの方が早いと思います。特に味の調節もしなくてもいいなら、米ぬかを使って下さい。

手作りの大根の漬物の食べごろと長期間保存する方法

米ぬかを使用したり、他の方法を使って大根の漬物を作ろうとしている方。一旦、大根の漬物を作ったら、いつくらいまでが食べごろなのか、干し大根であれば、食べごろは2-3週間になります。ただし、それには、保存する環境も整える必要があります。

保存する時は空気が触れない密封した容器を使う

手作りの大根の漬物を作る時は、その漬物が空気に触れないように、密封した容器を使用して下さい。また、塩の量に関しては、体によくないからと、減塩はしないで下さい。

適切な量の塩を使って、大根の漬物を作るのがポイントになります。

適切な量の塩を使うことにより、大根の漬物は、もっと長く保存することができます。また、保存する時の温度は、あまり高くない温度になります。漬物を作る時、高い温度は長期保存にはむきません。その点に関しても、注意しながら、手作りで大根の漬物を作って下さい。そうすれば、長い間、大根の漬物を保存することはできますよ。大根を長い期間、保存したければ、塩加減、温度の環境を整えることですね。それが守れていれば、あなたでもちゃんと作れます。美味しいものができますよ。