キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

茄子でさっぱり冷たい美味しい料理!冷やした茄子のレシピを紹介

気温が高くなる時期は、冷たいメニューが食べたくなることもあります。茄子を使ったさっぱり冷たい料理を作って、家族を喜ばせてあげたいと考えるお母さんもいるのではないでしょうか。

茄子は夏が旬の野菜だとも言われています。そんな美味しい茄子を使って、食卓にさっぱりとした茄子のメニューをプラスしましょう。

ここでは、茄子を使って作るさっぱりと冷たいメニューやレシピについてお伝えします。家族の喜ぶ顔を想像しながら、美味しい茄子料理を作ってください。

関連のおすすめ記事

シュウマイはレンジでも人気!美味しく作れる簡単レシピを紹介

シュウマイを電子レンジで簡単に作れたらと思っていませんか?手軽に電子レンジで作れるシュウマイは美味し...

大根で作る常備菜・美味しい煮物のレシピと保存方法を解説

一年中スーパーで購入できる野菜の一つが「大根」です。大根で作る煮物が大好きだという人もいるのではない...

冷凍保存を便利に活用!野菜の作り置きレシピで簡単・時短料理

野菜で常備菜を作って作り置きをする時は、冷凍庫をうまく活用して冷凍保存をすると良いです。 毎日...

ナスの味噌炒めは日持ちバツグン!アレンジして作ってみよう

お弁当のおかずとしても人気の「ナスの味噌炒め」。 でも、わざわざ朝作るのは大変ですよね。 実は...

梅干しに天日干しが必要な理由と雨が降った時の対処方法について

梅干しを作る時に欠かせないのが天日干し。丁度梅雨明けの土用の頃に行うことから土用干しと言われています...

味噌汁の作り置き・常温保存はOK?保存方法と賞味期限を解説

毎日食事のたびに味噌汁を作ることを面倒に感じている主婦の方もいるのではないでしょうか。味噌汁を作り置...

鶏モモの作り置き冷凍で料理を時短!人気レシピやおすすめ下味

鶏モモ肉を使った料理は子供にも人気です。そんな鶏モモ肉に下味をして作り置き冷凍しておけば毎日の料理も...

豚ひき肉のそぼろレシピ。冷凍保存できる便利な簡単そぼろ

豚ひき肉のそぼろは、そのまま白いご飯にのせても美味しいですし、料理の材料にもアレンジができたりと、あ...

野菜の常備菜を作り置きして冷凍保存!お弁当にも便利に活用

忙しい朝のお弁当作りを少しだも楽にしたいと毎日頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 ...

野菜のおかずを冷凍で作り置き!お弁当も時短できるコツとレシピ

野菜を使ったおかずを冷凍して保存しておけば、料理も時短でできるようになります。 もちろんお弁当のお...

鶏モモで作る便利な冷凍作り置き!下味冷凍で平日乗り切りレシピ

平日は仕事が終わるのが遅くて、いつも夕食の準備が大変という方も多いと思います。そんな時には、鶏モモに...

ナスのさっぱり簡単レシピ!旬のナスで美味しいおかずを作ろう

暑い夏は食欲が落ちてあまり食事を摂れないこともあります。そんな時は、旬のナスを使ったさっぱり美味しい...

干し野菜のかぼちゃレシピを紹介!時短で美味しく食べるコツ

最近干し野菜を使ったレシピがとても人気があります。 例えば、かぼちゃが使い切れないときは干し野菜に...

【唐揚げの作り置き】冷凍保存して美味しく食べる方法をご紹介

子どもも大人も大好きな唐揚げ。下味をつける時間を省くためには、作り置きして冷凍保存しておくことがおす...

なすで作る作り置きレシピ!常備菜のメリットと保存容器の選び方

お仕事をしている奥様たちにおすすめなのが「作り置きレシピ」です。仕事を終えて帰ってきてから夕食作...

夏は茄子が美味しい季節!冷たい料理で食べても美味しい茄子

夏野菜の代表でもある茄子。暑い季節になると食べたくなりますよね。
夏は旬の茄子を使って、いろいろな料理を楽しみましょう。特に暑い日にはひんやりとした茄子料理がおすすめです。暑さで食欲が落ちてしまいがちな時こそ、冷たい茄子料理で元気をつけたいところですよね。

茄子の旬の時期は7月から8月にかけてになります。また、8月下旬から9月にかけて収穫される茄子も味がとっても良くなります。茄子はまさに暑い時期に旬を迎えるのですね。茄子はハウス栽培で一年中食べることはできますが、一番美味しくなる旬の時期こそたくさん食べて楽しみたいところです。

茄子を使った料理はたくさんありますが、暑い夏には冷たい茄子料理がおすすめです。冷蔵庫でよく冷やした茄子なら、食欲が落ち気味の時でもたくさん食べられますよね。

美味しい茄子でさっぱり冷たいメニューを作ろう!美味しい茄子の見分け方

茄子を買うときは、新鮮なものを見分けることも大切です。

収穫してから時間がたった茄子は味も落ちてしまいます。せっかくの旬の茄子も、しおれてしまっては美味しくいただけません。

新鮮な茄子は全体的にぷっくらと膨らんでいてハリがあります。皮は濃い色をして光沢があるものが良いです。

収穫したての茄子のヘタには、鋭いトゲがあります。茄子を持つときはむやみにヘタに触らないことが一番です。指先が痛いと思っていたら茄子のトゲが刺さっていたという経験があります。小さいトゲなので気が付かず、ただただチクチクと痛かったです。よく見たら小さなトゲが刺さっていることに気がつきましたが、小さいので抜くのも一苦労です。茄子のヘタには触れないようにしてくださいね。
この茄子のトゲは時間がたつとともになくなってしまいます。収穫から時間がたった茄子はヘタも萎れてきますので、ヘタの状態もよく見てください。ヘタの切り口がみずみずしいこともポイントです。

茄子は収穫すると、中の水分が徐々に抜けていきます。時間がたった茄子の皮にはシワができ、全体的にしぼんだような状態になります。

茄子を買うときは、黒光りをしていてヘタにトゲがあり、持ったときにずっしりと重みを感じられるものを選んでくださいね。

茄子のさっぱり冷たいレシピ・冷たい焼きナスを美味しく食べよう

冷たいナス料理と言ったら、焼きナスを思い浮かべますよね。さっぱりとして食べやすく、ナスの味もしっかり感じられます。暑い時期こそよく冷やした焼きナスが一番です。

さっぱり冷たくして食べる焼きナスの作り方

  1. 茄子は魚焼きグリルで焼いていきます。焼く前に、茄子の皮に竹串で数箇所穴をあけておいてください。
  2. 魚焼きグリルの網の上に茄子を並べたら、強火で焼いてください。皮が焦げて黒くなり、身が柔らかくなるまで、10分から15分ほどかけて焼いていきます。
  3. 茄子を取り出して粗熱を取ったら、指で皮をむいてください。
  4. 茄子を焼いている間につけ汁を用意しておきましょう。醤油と酢をほぼ同量で混ぜてください。味は好みで調整してくさいね。酢を多めにした方がさっぱりとします。
  5. 茄子を容器に敷き詰めたら、上からつけ汁をかけてください。そのまま冷蔵庫で冷やします。食べるときには茄子の上にすりおろした生姜と鰹節をかけてください。

さっぱり冷たい茄子のマリネ・美味しいマリネの作り方

さっぱり冷たい茄子料理ならマリネもおすすめです。

時間があるときに作って冷蔵庫に入れておくことができるので、忙しいときも便利ですよね。ここでは中華風のマリネをご紹介します。

茄子のマリネの作り方

  1. 茄子は食べやすい大きさに切り、水につけてアク抜きをします。5分くらい水につけておいてください。
  2. 耐熱容器にアクを抜いた茄子を入れ、塩をごま油を少々かけておきます。茄子をかき混ぜて、茄子の表面にまんべんなくごま油がつくようにします。
  3. 耐熱容器に蓋をするかラップをかけ、電子レンジで5分ほど加熱してください。この間に調味料を作っておきます。
    醤油と酢を合わせたところににんにくと生姜をおろして加えます。醤油大さじ1に対して酢は大さじ6加えてください。にんにくと生姜はお好みの量で加えてください。
  4. 茄子が柔らかくなったら電子レンジから取り出し、調味料をかけて漬けておきます。冷蔵庫でひんやりと冷やしてくださいね。

冷たい茄子のさっぱり料理・茄子の和え物のレシピ

茄子が余ったら和え物を作って食卓の一品にしましょう。和え物なら簡単にでき、冷たくしても美味しくいただけます。

さっぱり冷たい茄子の和え物

  1. 茄子は縦に細切りにし、水に5分ほどつけてアク抜きをしてください。
  2. 耐熱容器にアク抜きした茄子を並べ、ラップをかけて電子レンジで5分ほど加熱します。茄子が柔らかくなったら取り出してください。
  3. 茄子が冷めないうちに味付けをします。醤油と酢、ごま油に生姜をおろしてから加えます。調味料をかけて混ぜたら、冷蔵庫に入れて冷やしておきます。食べる前にごまをかけてくださいね。
茄子は調理方法が豊富にありますが、暑い夏は冷たい料理で楽しみましょう。茄子が大量にあるときはマリネなどを多めに作っておくと良いですし、余った茄子で簡単な和え物を作ることもできます。茄子の旬の時期にはパスタやカレーなど、いろいろな料理に茄子もも使ってみてくださいね。