キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

なすで作る作り置きレシピ!常備菜のメリットと保存容器の選び方

お仕事をしている奥様たちにおすすめなのが「作り置きレシピ」です。仕事を終えて帰ってきてから夕食作りに取り掛かるのはとても大変。特に、帰宅時間が遅くなってしまうと、それから始まる夕食作りにうんざりすることもあります。

そんな時は作り置きレシピを活用すると便利です。毎日の食事作りを少しでも楽にできるように、作り置きレシピを作っておきましょう。

ここでは、ナスを使った作り置きレシピについてご紹介します。美味しいなす料理を作り置きして、食卓に一品プラスしましょう。

また、常備菜のメリットや保存容器の選び方についてもご紹介しますので、こちらも是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

野菜のおかずを冷凍で作り置き!お弁当も時短できるコツとレシピ

野菜を使ったおかずを冷凍して保存しておけば、料理も時短でできるようになります。 もちろんお弁当のお...

シュウマイはレンジでも人気!美味しく作れる簡単レシピを紹介

シュウマイを電子レンジで簡単に作れたらと思っていませんか?手軽に電子レンジで作れるシュウマイは美味し...

天日干しのやり方【野菜を干す】コツや美味しい食べ方を紹介

野菜を天日干しすると無駄なく保存もできて、料理にも簡単に使うことができて便利です。そんな野菜の天日干...

梅干しに天日干しが必要な理由と雨が降った時の対処方法について

梅干しを作る時に欠かせないのが天日干し。丁度梅雨明けの土用の頃に行うことから土用干しと言われています...

鶏モモで作る便利な冷凍作り置き!下味冷凍で平日乗り切りレシピ

平日は仕事が終わるのが遅くて、いつも夕食の準備が大変という方も多いと思います。そんな時には、鶏モモに...

ナスを使った常備菜を作り置きして毎日のお弁当に活用しよう

常備菜としても活躍するナス。お弁当に入れるおかずとして使う人も多いでしょう。 しかし、炒めもの...

味噌汁の作り置きは夏に注意!賢く保存して上手に活用するコツ

味噌汁の作り置きは夏にしておくと、暑い思いをせずに簡単に味噌汁を食卓に出すことができます。しかし、夏...

茄子で作る作り置き常備菜!美味しいレシピと常備菜のメリット

毎日忙しくお仕事をしているママたちは、できるだけ簡単に食事の支度を済ませたいと考えるものです。 ...

茄子とじゃがいもの炒め物は、味付け次第で大きく変わります

茄子とじゃがいもの組み合わせは、グラタンや夏野菜カレーなどによく使われます。 他にも炒め物としても...

ナスの味噌炒めは日持ちバツグン!アレンジして作ってみよう

お弁当のおかずとしても人気の「ナスの味噌炒め」。 でも、わざわざ朝作るのは大変ですよね。 実は...

野菜の常備菜を作り置きして冷凍保存!お弁当にも便利に活用

忙しい朝のお弁当作りを少しだも楽にしたいと毎日頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 ...

ナスのさっぱり簡単レシピ!旬のナスで美味しいおかずを作ろう

暑い夏は食欲が落ちてあまり食事を摂れないこともあります。そんな時は、旬のナスを使ったさっぱり美味しい...

茄子でさっぱり冷たい美味しい料理!冷やした茄子のレシピを紹介

気温が高くなる時期は、冷たいメニューが食べたくなることもあります。茄子を使ったさっぱり冷たい料理を作...

ナスの肉巻きの中で、人気の味付けのものについて知りたい

ナスの肉巻きは、作り方は簡単なのに美味しいので、ナスを使ったメニューの中でも人気のあるもののひとつで...

なすの作り置きレシピ!日持ちするナス料理の作り方と保存期間

仕事をしながら家事や育児をこなす忙しい主婦の方の中には、食事の献立を考える時間がなかったり、なかなか...

なすで常備菜を作ろう!なすとトマトで作る作り置きレシピ

毎日の食事作りを楽にしてくれる方法として人気の「作り置き」。

新しいスタイルのようですが、実は日本には昔からある食事作りの方法です。

「常備菜」という言葉を耳にしたことがありませんか?
常備菜とは日持ちするおかずのことを指していて、まさに作り置き用のおかずなのです。常備菜の定番には、煮豆や煮物、佃煮、きんぴらなどがあります。

なすは夏になると安く売られることも多く、頻繁に食卓を彩る野菜ですよね。

ここではなすを使った常備菜をご紹介しましょう。

はじめにご紹介するのは、なすと同じく夏野菜としてメジャーなトマトと一緒に作る作り置きレシピです。

ナスとトマトを一緒に使う料理は色々ありますが、「作り置き」することを考えるならしっかり火を通す煮込みがおすすめです。

玉ねぎとトマトを煮込んだトマトソースで、ナスも一緒に煮込みます。
メインメニューにしたいなら、ナスをレンジで加熱して柔らかくしてから裂け目をつくり、ひき肉を詰めてからトマト煮にするのがおすすめです。
ひき肉を使うとトマトソースもグッと美味しく仕上がりますよ。

ピリッと辛いなすの作り置きレシピ・中華風のなす料理

次は夏に食べたくなるピリッと辛いなすの作り置きレシピをご紹介しましょう。

スタミナいっぱいに仕上げたいので、豚挽き肉と生姜、ニンニクも使います。
ピリッとした辛さはコチュジャンを使って出しますよ。

  1. フライパンにごま油を挽いてみじん切りの生姜とニンニク、コチュジャンを炒めて香りを出したら、豚肉とカットしたなすを炒めて火を通します。
  2. オイスターソースと少しの砂糖、醤油で味を調えたら完成です。
水分を加えて水溶き片栗粉でとろみをつけると、麻婆茄子になりますよ。
春雨などを加えても美味しいですね。
ただし、とろみをつけてしまうと日持ちは期待できなくなってしまうので注意しましょう。

さっぱり味の作り置きレシピ・なすで作る和風の常備菜

トマトを使った洋風、コチュジャンとオイスターソースを使って中華風ときたら、次に食べたくなるのは和風ですよね。

なすを和風の作り置きにするときには、シンプルなレシピがおすすめです。

なすのもっともシンプルな食べ方。
それは、焼きなすではありませんか?

とろりとしたなすは絶品ですよね。

焼き茄子を食べるときには、かつお節と生姜醤油という方が多いと思います。
もちろん、それらで和えて作り置きとしても良いのですが、おすすめは梅をつかったレシピです。
梅肉とかつお節をまぶしてから、めんつゆで和えましょう。
さっぱりとして、夏に嬉しい一品です。

焼きなすにするのが面倒な方は、鍋にめんつゆと梅肉、鰹節、カットしたなすを入れて煮るのもおすすめです。
作りたてよりも、冷やしてからの方が美味なので、作りおきにぴったりですよ。

常備菜で一品プラス!常備菜を作り置きするメリット

常備菜を作り置きするのはは、日々の食事の支度を楽にするためという方が多いでしょう。
時間がない夕飯の支度を軽減してくれたり、お弁当のおかずとしても活躍してくれます。
途中まで調理して作り置きして置くだけでも、調理の時短になりますよね。

常備菜を作り置きのメリットは、食事の支度を楽にしてくれるだけではありません。

たくさんの品数を食べることができるというメリットもあるのです。

たくさんの品数と食べられるということは、いろいろな食材を摂取できるということ。
いろいろな食材を食べられると、栄養バランスを取りやすくなる効果が期待できますよね。

和食の基本は一汁三菜。
毎日メイン料理の他に副菜2品を作るのは至難の技ですが、常備菜を作り置きしておけば、メイン料理+作り置きおかずでバランスをとることができます。

作り置きレシピ成功のコツ!保存容器の選び方

なすはもちろん、他の食材を使って作り置きおかずを作ったときには、保存方法も工夫してみませんか?

とりあえず家にあるタッパーでも問題はありません。
しかし、食べるときにはお皿に移し替えてから、電子レンジで温めなくてはいけませんよね?

例えば、ガラスの保存容器を使って保存していたら、レンジで温めたらそのまま食卓へ出すことができます。
ガラス容器は電子レンジが使えますし、見た目的にも◎ですね。
ガラス容器以外には、蓋付きの陶器の容器もおすすめです。

冷たいまま出すおかずであれば、ホーロー容器もおすすですよ。
素朴な姿が和みますよね。
和食にも洋食にも合うシンプルな姿も使い回しがききとても魅力的です。

見栄え的には多少劣りますが、耐熱プラスチック容器も作り置きおかず用に使えます。
いろいろなサイズが揃っているので使いやすいですし、安価なのでとりあえず作り置きに挑戦してみたいという方には、とてもおすすめの容器です。

容器をこだわって選ぶと、食事の手間を少し減らすことができますから、作り置きを続けようと思ったときには、お気に入りの容器を揃えてみてくださいね。