キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ナスで美味しい炒め物料理!人気のナスの炒め物レシピを紹介

炒め物の材料として人気のナス。油で炒めて調理をすることで、とっても美味しいトロッとした食感になり、ご飯がすすむおかずになります。

ナスは油だけでなく、豚肉や味噌との相性も抜群です。そんなナスを使った美味しいレシピをチェックしてみましょう。

ここでは、ナスを使った人気の炒め物料理のレシピについてお伝えします。

ポン酢で味付けしてさっぱり・ピーマンと一緒に炒めて美味しいレシピなど、大人から子供まで人気の高いレシピをご紹介しますので、是非作ってみてください。

関連のおすすめ記事

ナスの焼き浸しの人気のレシピを大特集!簡単に作れます

ナスを使う料理の中でもさっぱり食べられる焼き浸し。いつもナスは炒めものとして食べる人にもぜひ作ってほ...

ナスの煮浸しは酢でさっぱり!美味しい作り方とコツを紹介

ナスの煮浸しは酢を入れることでさっぱりして、暑い夏にもピッタリです。 そんな酢が入ったナスの煮浸し...

自宅でも焼き鳥をホットプレートでパリッと美味しく焼く方法

自宅で焼き鳥をする時にはホットプレートを使って焼く方も多いと思います。ホットプレートならば、一度にた...

【大根の漬物】甘酢漬けの美味しい簡単レシピをご紹介

大根の漬物といえばたくあんやぬか漬けが思い浮かびますが、手軽に作れる甘酢漬けもおすすめです。また漬物...

茶碗蒸しに白だしが人気!味が決まる理由と簡単レシピ

茶碗蒸しはプルプルとして舌触りがよく、子供から大人まで人気のメニューの1つです。しかし普段はなかなか...

ナスで簡単電子レンジで作るおかず!ごま油が香る美味しいレシピ

暑くてキッチンに立ちたくないという日には、電子レンジ調理がおすすめです。ただでさえ暑いキッチンで火を...

卵天ぷらの簡単な作り方とポイント、美味しく仕上がる裏技も伝授

卵の天ぷらは破裂しそうだし難しそう…と思っていませんか?卵の天ぷらは、作り方やポイントを抑えれば誰で...

片栗粉のわらび餅は冷蔵庫はNG?食感が変わる理由と対処法

わらび餅はもちもちとした食感が特徴。子供にも大人にも人気がある和菓子の一つです。 そんな美味し...

丼の種類と美味しいレシピ!一般的に人気の丼と誕生の由来を解説

日本には色々な食べ物があります。丼もそのうちの一つで、様々な種類がある料理です。丼は家庭でもよく作ら...

お家の味噌汁の塩分濃度は適正?推奨されている塩分濃度について

塩分濃度の注意をして料理づくりをしていますか?外食やスナック菓子の味になれてしまうと、お家の食事の味...

肉じゃがの残りを使った簡単美味しいアレンジレシピ

肉じゃがを作ると、いつも作り過ぎて残ってしまう、という方も多いと思います。次の日に食べる肉じゃがも、...

茄子を使った料理レシピ。簡単に作れる茄子の便利副菜

茄子は炒め物や漬物など、よく食卓に登場する野菜です。そんな茄子を使った簡単な調理方法や、新鮮な茄子の...

簡単!朝食に和食を作るときのポイントやおすすめレシピを紹介

朝はいつも忙しいのでできれば簡単に朝食を作りたいですね。そこで、おすすめなのが和食朝食です。和食なら...

冷凍ご飯のレシピ【和風アレンジ】簡単で美味しいおすすめを紹介

冷凍ご飯を使ったレシピには和風アレンジのものもあります。 冷凍ご飯を使った簡単に作れる和風アレンジ...

重曹の代用でベーキングパウダーは不可!美味しい黒豆の作り方

黒豆を煮る時、重曹を使って黒豆を作る方法があります。ですが、自宅に食用の重曹がないと黒豆作りに使うこ...

さっぱりした味が人気のレシピ!豚肉とナスの炒め物

ナスと相性が良い食材と言えば豚肉ですが、私はナスと豚肉が冷蔵庫にあると、ついつい人気定番の味噌炒めを作ってしまうので、夫にもよく「またナスの味噌炒か…」と、飽きられてしまいます。

定番メニューを打破する、夏におすすめ「ナスのポン酢炒め」

暑い夏や食欲がない日にも、サッパリとしたポン酢の風味で箸が止まらなくなりますので、ぜひ多めに作ってメインおかずとして使ってみてください。

【材料】(2人分)

  • ナス2~3本は、縦に半分に切り、細長くカットします。
  • 豚バラ肉の薄切りは150gを食べやすい大きさにカットしておきましょう。
  • サラダ油
  • ごま油
  • ポン酢
  • 小ねぎは小口切りにして、お好みでトッピングします。

【手順】

  1. フライパンに油を引いて、豚バラ肉とナスを炒め、ナスがしんなりするまで中火で炒めます。
  2. キッチンペーパーでフライパンや食材に付いた余分な油を拭き取り、ポン酢を大さじ2程度回しかけて絡めましょう。
  3. 火を止めて、ごま油を少量かけてサッとなじませたら、器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

ご飯のお供に人気!ピーマンとナス・豚肉を使った炒め物

ナスと相性がいい食材といえば、豚肉の他にもピーマンが思い浮かびますよね。
夏に旬を迎えるピーマンは、収穫時期がナスと重なることもあり、一緒に食卓にのぼることが多いのではないかと思います。

つい味付けを人気の味噌にしたくなる所ではありますが、ナスに合うのは味噌だけではありません。先程紹介した「ポン酢」の次は、「醤油」と「みりん」を使ってご飯にぴったりの甘辛いタレを使ったナス炒めを紹介したいと思います。

ナスとピーマンと豚肉の甘辛炒め

【材料】(2人分)

  • ナス2~3本は、縦に半分に切り、細長くカットします。
  • ピーマン2個も縦半分に切って、細長くカットします。(ししとうでも美味しいです。)
  • 豚バラ肉の薄切りは150gを食べやすい大きさにカットしておきましょう。
  • ニンニク1片は薄くスライスします。(ニンニクが苦手な方はいれなくてもOK)
  • サラダ油
  • 醤油
  • みりん

【手順】

  1. フライパンに油を引いて、ニンニクスライスを弱火でじっくり炒めます。
  2. ニンニクの香りが立ったら、ナス、豚肉、ピーマンを順に入れて火を通します。
  3. 醤油大さじ2、みりん大さじ2(お好みで味を調整してください)を入れてサッと混ぜて具材と絡め、器に盛り付けたら完成です。

ナスがあれば簡単・美味しい!人気のナスの味噌炒め

ナスの炒め物を、味噌以外の味付けで2つ紹介してきました。
しかし、ナスの炒め料理で絶対に外せないのが、やはり人気の「ナスの味噌炒め」ですよね。

主婦の方であれば、誰もが知っているナスの味噌炒めだとは思いますが、改めてここでレシピを紹介させて下さい。

ナスの味噌炒め

【材料】(2人分)

  • ナス3本を縦半分に切って、細長くカットします。
  • 味噌
  • 調理酒
  • みりん
  • しょうゆ
  • サラダ油
  • ごま油
  • ラー油
  • 白ごま

【手順】

  1. 合わせ調味料を作っておきましょう。味噌大さじ1、調理酒、みりん、砂糖大さじ2、醤油小さじ1、ごま油少量、ラー油適量をボウルに合わせておきます。
  2. フライパンに多めに油を引き、ナスがしんなりするまで炒め、1で作った合わせ調味料を入れて合わせます。
  3. タレがナスに馴染んだら、白ごまを振りかけてサッと混ぜ、器に盛り付けて完成です。

ナスだけでも十分美味しいですが、先程紹介したようにナスとの相性抜群なピーマンや豚肉などを一緒に入れても美味しいです。

私は甘めが好きなので、砂糖とみりんを入れていますが、糖分が気になる方はみりんだけにしたり、砂糖の量を減らしたりすることで調整していただければと思います。

炒め物に向いているナスは?色々なナスの種類

ナスにはいろいろな種類があるのをご存知ですか?

よく炒め物に使われる、スーパーなどでも見慣れたナスは、「長ナス」「加賀ナス」「米ナス」などと呼ばれるもので、紫色の皮に、パンパンにハリのある大振りな実が特徴的ですよね。

その他にも、漬物に使われる「小ナス」や「水なす」、皮が白い「白ナス」や、ピーマンのような緑色の皮をした「青ナス」などがあり、種類によって、「焼き向き」「生食向き」「揚げ物向き」など様々です。

いつも食べているナスの他にも、ナスが旬の時期になると、スーパーには様々な種類のナスが並ぶことがありますので、普段は手を付けることがないナスにも挑戦して、いつもとは違う調理方法に挑戦してみるのもおすすめです。

ナスの炒めを作るときは油の量に注意を

油と相性が良いナスは、油炒め、天ぷら、豚肉炒めなど、ついつい多めの油と合わせてしまいますよね。

油と合わせると、ナスがトロトロと口の中でほどけるので本当に美味しくてやみつきになってしまうのですが、油の使いすぎには注意が必要です。

油の脂質は、私達の体のエネルギーになる栄養素のため、体温調節やお肌の潤い、集中力の持続などのためには欠かせません。
しかし食の欧米化により、油の摂取量が高まった現代の日本では、料理一品に使う油の量を制限することも多くなりましたね。

脂質のとりすぎは、ご存知の通り肥満などの原因になるため、摂りすぎはNGです。
ついうっかり大量の油と炒めてしまいがちなナスですが、お肉からでる油を上手に使ったり、少量の油で揚げ焼きにするなどして、長時間油に接しないようにすることが大切です。