おもてなし料理で和食を振る舞いたい。秋にぴったりなものは

自宅の友達や家族が集まるパーティーを開催する時は、おもてなし料理で楽しませたいですよね。
秋の季節におすすめなのはズバリ和食です。
かぼちゃやナス、鮭にサンマと、秋は和食にぴったりな美味しい食材がたくさんあるからです。
そんな美味しい食材を活かせるおもてなし料理のメニューやアイデアについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

茶碗蒸しを電子レンジで調理!どんぶり茶碗蒸しを上手に作るコツ

茶碗蒸しが無性に食べたくなること、ありませんか?しかし蒸し器やせいろを出してきて作るのは、ちょっと面...

鍋の翌日に食べたい簡単美味しいアレンジレシピ!残りをリメイク

寒い季節には家で鍋をする機会も増えます。ついつい多く作ってしまう鍋は、鍋に具材を入れたけど、結局食べ...

お家の味噌汁の塩分濃度は適正?推奨されている塩分濃度について

塩分濃度の注意をして料理づくりをしていますか?外食やスナック菓子の味になれてしまうと、お家の食事の味...

豚ひき肉を使ったレシピ!子供にも大人にも人気のそぼろ丼

そぼろ丼は大人にも子供にも人気の料理の1つ。手軽に作れることもあり、昼食にそぼろ丼を作る方も多いので...

ナスとチーズの組み合わせに味噌味がピッタリとハマる料理を紹介

ナスとチーズの組み合わせは両方とも、トロトロの食感で子供にも大人にも人気です。そこに味噌をプラスする...

ナスの煮浸しは酢でさっぱり!美味しい作り方とコツを紹介

ナスの煮浸しは酢を入れることでさっぱりして、暑い夏にもピッタリです。そんな酢が入ったナスの煮浸し...

重曹の代用でベーキングパウダーは不可!美味しい黒豆の作り方

黒豆を煮る時、重曹を使って黒豆を作る方法があります。ですが、自宅に食用の重曹がないと黒豆作りに使うこ...

片栗粉のわらび餅は冷蔵庫はNG?食感が変わる理由と対処法

わらび餅はもちもちとした食感が特徴。子供にも大人にも人気がある和菓子の一つです。そんな美味し...

ナスの素揚げはフライパンで!少ない油で上手に揚げるコツ

天ぷら用鍋を使ってナスの素揚げをする人も多いかもしれませんが、実はフライパンで簡単に揚げることができ...

夕ご飯の献立は何にする?和食の献立の考え方とおすすめレシピ

毎日の夕ご飯の献立に悩んだ経験がある主婦の方は多いのではないでしょうか。家族が喜ぶ献立の考え方や、お...

【大根の漬物】甘酢漬けの美味しい簡単レシピをご紹介

大根の漬物といえばたくあんやぬか漬けが思い浮かびますが、手軽に作れる甘酢漬けもおすすめです。また漬物...

ナスの焼き浸しの人気のレシピを大特集!簡単に作れます

ナスを使う料理の中でもさっぱり食べられる焼き浸し。いつもナスは炒めものとして食べる人にもぜひ作ってほ...

舞茸・ごぼう・豚肉で作る晩ごはんに食べたい美味しいレシピ

スーパーに行く時間がなくて、冷蔵庫の中の食材だけで夕食の準備をするということもあると思います。冷蔵庫...

なすと相性がピッタリ!豚肉を使ったさっぱりポン酢レシピ

旬の野菜を食べることは美味しいだけではなく、体にもその季節に合った作用を得ることができます。 例えば...

ナスで簡単電子レンジで作るおかず!ごま油が香る美味しいレシピ

暑くてキッチンに立ちたくないという日には、電子レンジ調理がおすすめです。ただでさえ暑いキッチンで火を...

秋におすすめな和食のおもてなし料理といえば、やっぱり鮭

秋にお客様をお招きするなら、ほっこりと和める和食のおもてなし料理がおすすめです。

秋は収穫の秋、食欲の秋とも言われ、食材の美味しい季節ですよね。
おもてなしするなら、旬の食材ははずせまん。

秋の食材と言うとどんなものが思い浮かぶでしょうか?

一番始めにご紹介したい食材は「鮭」です。

鮭は余すところなく食べることのできる魚で、いろいろな料理を楽しめる食材です。
美しいピンク色をしていますから、食卓を華やかに彩ってくれますよ。

鮭を使ったおもてなし料理なら、鮭ちらしはいかがでしょう?

酢飯に焼き鮭としそを混ぜて、錦糸卵やいくらで盛り付けます。

いくらのかわりに、サーモンのお刺身やスモークサーモンなどを飾るのも素敵ですよ。
バラの形にすると、とても華やかな盛り付けが出来ます。

また、北海道郷土料理であるちゃんちゃん焼きなどもおすすめです。
気取らずに、大人数でワイワイ楽しめるおもてなし料理なるはずです。

秋はサンマを使った和食のおもてなし料理もおすすめ

秋が旬の魚は鮭だけではありません。
サンマも夏から秋にかけては脂がのってとても美味しいですよね。

サンマを使った秋の和食のおもてなし料理なら、一番おすすめなのは、シンプルに塩焼きです。

他の料理もある場合には、1/3もしくは半分くらいにカットしてから焼くと良いでしょう。
大根おろしなどの薬味と一緒に盛り付けてくださいね。

サンマは塩焼き以外にも美味しく食べることのできる魚です。
大葉や梅肉、大葉とチーズなどの組み合わせと一緒に巻いて焼くのも美味しいですよ。

また、サンマ料理としては定番の甘露煮も絶品ですよね。
圧力鍋を使えば骨まで食べることが出来ます。

他にも炊き込みご飯にしたり、竜田揚げや南蛮漬けにしたり、フライにしたりといろいろな調理法で楽しむことができる魚です。

秋はかぼちゃが美味しい季節、和食のおもてなし料理で楽しませよう

秋に美味しいのは魚だけではありません。
秋の野菜と言えば、かぼちゃです。

かぼちゃを使っておもてなし料理を作るなら、煮物がおすすめです。

しかし、煮物にするとおもてなし料理と言うよりは家庭料理という感じの仕上がりになってしまいますよね。
そこでおすすめなのが餡かけです。
ひき肉や海老で餡かけにして、青ネギなどを散らすと美しい仕上がりになりますよ。

他にも揚げ浸しなどがおすすめです。
かぼちゃの他にオクラ、パプリカ、ナスなどを揚げ浸しにすると、とてもカラフルな料理になります。
大根おろしを乗せて、かいわれ大根などで緑も少し添えたら、和食とは思えない華やかさになりますよ。
揚げ浸しは冷えても美味しいので前菜としてお出しするのもおすすめです。

かぼちゃはいろいろな料理に使うことが出来ますが、スイーツにも使える野菜ですよね。
お食事の締めやお口直しに、かぼちゃデザートを用意するのはどうでしょう。
裏ごししたかぼちゃを白玉粉と混ぜてみたり、寒天を使って冷菓子にするのもいいですね。
きんつばやういろうなどにするのもおすすめですよ。

かぼちゃは色合いも綺麗ですから、ぜひおもてなし料理に使って頂きたい野菜です。

和食でおもてなし料理を作るなら、秋に美味しいナス料理もおすすめ

秋に美味しい野菜はかぼちゃの他にも有名なものがありますよね。
「秋ナスは嫁に食わすな。」といいますよね。嫁いびりの言葉として浸透していますが、実はナスは体を冷やすから嫁には控えさせようという思いやりのある解釈もあるそうですよ。少々話がそれてしまいましたが、それほど美味しい秋ナスならおもてなし料理にもぴったりだとお話したかったのです。

ナスの料理はいろいろありますが、おすすめは皮の色が綺麗に見える料理です。

和食はどうしても全体的に茶色くなりがりですよね。
ナスの紫色は、茶色っぽい食卓の良い差し色となってくれます。

先程ご紹介した揚げ浸しにするのもおすすめですが、胡麻和えなどのシンプルな副菜に仕上げるのがおすすめです。
ちょっとした箸休めになりますよね。

もうすこし華やかさがほしい時には、餡かけにするものおすすめです。
ナスの皮は完全に取らずにストライプのようにところどころ向いてから4等分くらいにして優しい味のだし汁で煮ましょう。
味が染みて柔らかくなったら、エビや黄菊を使って餡かけにします。
ナスの皮の紫と海老の赤、黄菊の黄色が相まって、料亭にも負けない美しい料理になりますよ。

秋の和食のおもてなし料理に欠かせない、きのこの美味しい料理

最後は秋の食材の代名詞といっても過言ではない、きのこをご紹介します。

きのこは脇役的なイメージが強い食材ですが、メインをはれる位の味を持っていますよね。
そこで、お肉と合わせてみるのはいかがでしょう?
お肉は料理のメイン的存在ですが、きのこは脇役にとどまらずメインに並ぶ美味しさです。
この2つをさっぱりとおろしポン酢などで頂くと、簡単なのに味わい深い料理になりますよ。

もちろん、締めのご飯物として炊き込みご飯にしたり、前菜として和風マリネなどにするのもおすすめです。

旨味の強い食材なので、前菜でもメインでも締めでも使えます。

きのこは醤油味でも塩味でも、甘めでも絡めでも、酢などの酸味とも相性が良いでので、他の料理とかぶらない味付けにすると、最後まで楽しめるおもてなし料理になるはずです。