キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冷凍グラタンをアレンジすればいつも以上に美味しくできます

そのまま食べても美味しい冷凍グラタンですが、食べすぎて飽きてしまったときにはアレンジしてみてはいかがでしょうか。

どんなアレンジ方法も簡単に作ることができるので、忙しい朝や休日のお昼などにおすすめです。小腹が減ったときにも役立ちそうですね。

冷凍グラタンプラスパスタやうどんなど常備してある食材で作るアレンジレシピを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

豚ひき肉とキャベツと玉ねぎを使って出来る料理

何か料理を作ろうと思った時に、豚ひき肉とキャベツと玉ねぎがあったら、それに食材をいくつか足すだけで色...

簡単にピザが作れる!フライパンで焼くピザの作り方を紹介

デリバリーのピザも美味しいですが、お家で簡単にピザが作れたら嬉しいですよね。子供も大好きなピザをフラ...

【小鉢のレシピ】洋風料理にあう副菜と副菜を作るコツとポイント

毎日の料理の献立を考えるのは意外と大変ですよね。メインの主菜はすぐに決まっても小鉢に盛る副菜が決まら...

フレンチに出てくる前菜!きれいなゼリー料理の正体について

フレンチの前菜にゼリーのような料理が出されることがありますよね。味もよく見た目もきれい!家でも作って...

セロリの葉も美味しく食べるスープ。トマトとの相性抜群レシピ

野菜をたくさん摂りたい時に食べたいのが色々な野菜を入れたスープです。 セロリ、トマト、じゃがい...

茄子とズッキーニを使った料理について知りたい

茄子とズッキーニは、美味しい夏野菜として人気の食材です。 その2つを入れた料理を作ろうと思ったら、...

豚ひき肉を使った簡単美味しいジューシーハンバーグレシピ

ハンバーグのレシピというと、合いびき肉を使うレシピが多いと思いますが、豚ひき肉を使っても、ジューシー...

なすとじゃがいもを使ったグラタンの作り方について知りたい

なすとじゃがいもを使った美味しい料理はいくつかありますが、中でもグラタンは、見た目も味もボリューム満...

ナスとトマト缶にひき肉を合わせた晩ごはんに食べたいレシピ

冷蔵庫にナスとひき肉、ストックのトマト缶があれば、まず思い浮かぶレシピはスパゲッティです。しかし、こ...

フレンチの前菜を簡単に自宅でおもてなしするポイントを紹介

自宅でフレンチを楽しむなら前菜も簡単におもてなしするのが基本です。 では、ゲストを呼んで自宅でフレ...

ナスとズッキーニとパプリカを使った料理について知りたい

ナスとズッキーニとパプリカは美味しい夏野菜として人気があります。 スーパーなどでも売られますが、家...

人気の焼きトマトレシピ特集! チーズを使っていろいろ作ろう

生のトマトが苦手な子どもにおすすめな「焼きトマト」。しかし、どんなメニューを作ればいいのか悩んでしま...

BBQのチーズフォンデュにおすすめな具材をご紹介

BBQをする時に人気なメニューのひとつがチーズフォンデュです。 慣れている人は、自分の好きな具材を...

豚ひき肉で作るハンバーグ!煮込みハンバーグを手軽に作る方法

子供が大好きな豚ひき肉のハンバーグ、いつもと少し見た目を変えて煮込みにしようかと思うときがあります。...

ナスのチーズ焼きのレシピ、ケチャップ味にプラスしたい食材も

ナスが美味しい時期になると、必ずといっていいほど食べたくなるのがナスを使ったケチャップ味のチーズ焼き...

スポンサーリンク

冷凍グラタンの簡単アレンジかさ増しでボリュームアップ

冷凍食品には色々ありますが、その中でもグラタンはとても人気のあるメニューです。
ホワイトソースとチーズのクリーミィな味わいが、あと引く美味しさですよね。
加熱するだけですぐに食べられるのも、冷凍食品の魅力です。しかし、冷凍のグラタンはあまり量が多くないのが残念な点ですよね。
具材も自分で作る時に比べるとやはり少なめでしょう。

冷凍グラタンは、少しのアレンジがおすすめです。

アレンジといっても、食べたい具材を追加するだけです。
ブロッコリーやじゃがいも、かぼちゃなどの野菜類はいかがでしょう?
食べごたえがグッとアップしますが、野菜なので罪悪感を感じずにすみますね。

意外なところでは、豆腐やお麩もおすすめですよ。
ツルンとした食感や、ソースを吸ったお麩は想像以上に美味しいです。

ブロッコリーなど見栄えの良い食材であれば上にのせるだけでもOKですが、そうでない場合には容器の底に並べましょう。
グラタンは冷凍のままであれば、容器をひねって簡単に取り出すことが出来ますよ。追加する具材を底に並べたら、外したグラタンで蓋をするように戻します。
あとは電子レンジで加熱すればOKです。

追加食材は先に火を通しておくのが上手にアレンジするポイントです。
お豆腐を使う時には、少し温めてからアレンジすると、加熱ムラ無く美味しく食べる事が出来ますよ。

冷凍グラタンをアレンジすると手作り感がでます

冷凍グラタンはとても美味しいメニューですが、いつも同じではつまらないですよね。
そんな時にもアレンジが大活躍です。同じ見た目だから毎日夕食に出すのは気が引けるなら、全く違う見た目にしてしまえば良いのです。

冷凍グラタンを春巻きに包んでアレンジして揚げてしまいましょう。

グラタンは冷凍のまま容器から取り出して、適度な大きさにカットします。
春巻きの皮の大きさに合わせてカットしてくださいね。
グラタンだけを巻いてもOKですし、ハムや野菜、チーズなどを更に追加して巻くのもおすすめですよ。
包んだら、美味しい焼色になるまで揚げて完成です。

揚げるのは面倒という方は、餃子の皮で包んでから焼く方法もおすすめですよ。

少し手間はかかりますが、衣をつけて揚げれば、クリームコロッケにすることも出来ますよ。

冷凍グラタンを使ったメインになるアレンジレシピ

冷凍グラタンは温めるだけで食べられるので、とても便利な食品です。
しかし、グラタンだけではやや物足りないですよね。

冷凍グラタンをメイン料理へ格上げするアレンジ方法

用意するのは、パスタです。

そういうとすでに想像できてしまったかもしれませんね。
予想通りだと思いますが、パスタに絡めてメイン料理にします。

冷凍グラタンを電子レンジで解凍してから鍋に入れて、チーズと塩、黒胡椒で味を濃いめに調整しましょう。
そこに茹でたパスタを加えて和えたら完成です。
食べる時にも黒胡椒をたっぷりと振るのがおすすめですよ。

より味にこだわりたいなら、玉ねぎやベーコンを炒めてからソースを作るのもおすすめです。
この2つが加わると風味が増すのでおすすめです。

冷凍グラタンをみんなで食べることができるアレンジ方法

次にご紹介するのは、少ない冷凍グラタンをアレンジしてみんなで食べられるように量を増やすメニューです。
みんなで冷凍グラタンを食べたいと思っていたのに、数が少なかったというときに挑戦してみてくださいね。

冷凍グラタンのかさ増しアレンジメニューはシチューです。

シチューもグラタンも使われているのはホワイトソースですから、作り変えることも簡単ですよ。

シチューに入れたい具材と水を鍋にいれて火を通します。
冷凍食品のミックスベジタブルを使うと手軽ですよ。
同じく冷凍食品のハンバーグや焼売、ウィンナーなども加えると味よく仕上がります。

具材に火が通ったら冷凍グラタンを入れて混ぜ合わせて、コンソメと塩、胡椒などで味を調えたら完成です。

濃厚な味わいに仕上げたい時には、水は極力少なめで具材を煮て、牛乳を使ってグラタンを伸ばしてみてください。
まろやかなシチューにアレンジ出来ますよ。

冷凍グラタンは朝食にもおすすめ

最後にご紹介するのは、冷凍グラタンを使った朝食メニューです。

いつもどおりに温めて食べても良いのですが、時間がなくてまとめてパパっと食べたい時には、トーストにするのがおすすめです。

食パンに冷凍グラタンを塗って、ピザ用チーズをのせてとろけるまで焼いたら完成です。
グラタンは、電子レンジを使うか自然解凍するかして柔らかくしてから使ってくださいね。
手軽にお惣菜パンが作れますよ。

もしもホットサンドメーカーがあるなら、ぜひグラタンを挟んで作ってみてくださいね。
ベーコンやウィンナーなど味の濃いものも一緒に挟むのがおすすめですよ。
クリーミィなホワイトソースに、ベーコンやウィンナーの塩気がとても良く合います。