キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

フレンチの前菜を簡単に自宅でおもてなしするポイントを紹介

自宅でフレンチを楽しむなら前菜も簡単におもてなしするのが基本です。
では、ゲストを呼んで自宅でフレンチをおもてなしするときには、どんな前菜を作ったらいいのでしょうか?

そこで、自宅でフレンチをおもてなしするときの前菜のポイントやおすすめについてお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、おうちフレンチの前菜のポイントやおすすめレシピ、盛り付けの簡単なテクニックもわかり、お客様を喜ばせることができるはずです。
ぜひゲストと一緒に自宅フレンチを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セロリの葉も美味しく食べるスープ。トマトとの相性抜群レシピ

野菜をたくさん摂りたい時に食べたいのが色々な野菜を入れたスープです。 セロリ、トマト、じゃがい...

【小鉢のレシピ】洋風料理にあう副菜と副菜を作るコツとポイント

毎日の料理の献立を考えるのは意外と大変ですよね。メインの主菜はすぐに決まっても小鉢に盛る副菜が決まら...

ナスとトマト缶にひき肉を合わせた晩ごはんに食べたいレシピ

冷蔵庫にナスとひき肉、ストックのトマト缶があれば、まず思い浮かぶレシピはスパゲッティです。しかし、こ...

ナスとトマトを使った簡単マリネレシピ。あと1品のお助けレシピ

ナスとトマトがたくさんある時には、さっぱりと食べられるマリネもおすすめです。 そこで、ナスとトマト...

簡単にピザが作れる!フライパンで焼くピザの作り方を紹介

デリバリーのピザも美味しいですが、お家で簡単にピザが作れたら嬉しいですよね。子供も大好きなピザをフラ...

豚ひき肉を使った簡単美味しいジューシーハンバーグレシピ

ハンバーグのレシピというと、合いびき肉を使うレシピが多いと思いますが、豚ひき肉を使っても、ジューシー...

なすとじゃがいもを使ったグラタンの作り方について知りたい

なすとじゃがいもを使った美味しい料理はいくつかありますが、中でもグラタンは、見た目も味もボリューム満...

フレンチに出てくる前菜!きれいなゼリー料理の正体について

フレンチの前菜にゼリーのような料理が出されることがありますよね。味もよく見た目もきれい!家でも作って...

茄子とズッキーニを使った料理について知りたい

茄子とズッキーニは、美味しい夏野菜として人気の食材です。 その2つを入れた料理を作ろうと思ったら、...

豚ひき肉で作るハンバーグ!煮込みハンバーグを手軽に作る方法

子供が大好きな豚ひき肉のハンバーグ、いつもと少し見た目を変えて煮込みにしようかと思うときがあります。...

豚ひき肉とキャベツと玉ねぎを使って出来る料理

何か料理を作ろうと思った時に、豚ひき肉とキャベツと玉ねぎがあったら、それに食材をいくつか足すだけで色...

冷凍ご飯をリゾットに。トマトは完熟・缶詰で作れる簡単レシピ

冷凍ご飯のストックが冷凍庫に、熟れすぎたトマトが冷蔵庫にねむっていませんか? これらを足して美味し...

ナスとチーズをケチャップで味付け!子供が大好きなナス料理

ナスが美味しい季節になると、シンプルな煮浸しや焼きナスが食べたくなりますよね。 でも子供は、そ...

人気の焼きトマトレシピ特集! チーズを使っていろいろ作ろう

生のトマトが苦手な子どもにおすすめな「焼きトマト」。しかし、どんなメニューを作ればいいのか悩んでしま...

BBQのチーズフォンデュにおすすめな具材をご紹介

BBQをする時に人気なメニューのひとつがチーズフォンデュです。 慣れている人は、自分の好きな具材を...

スポンサーリンク

自宅でフレンチをおもてなしするときの前菜のポイント

メイン料理と合う前菜を考える

フレンチと言えば、高級で上品な雰囲気の中味わう華やかな料理や、改まった席での会食というイメージですよね。

そんな特別感満載のフレンチをホームパーティーのおもてなしに出したいと考える人もいるでしょう。

フレンチ料理の中でも、カジュアルな前菜なら作り方もさほど難しくなく、見た目も華やかなので、おもてなしには最適な料理のひとつです。

フレンチの前菜をおもてなし料理に出す時は、見栄えや味で決めるというよりは、メインの料理を何にするかによって、そのメインに合う前菜を考えることがポイントです。

例えば、メインをボリュームのある肉料理にする場合、前菜をテリーヌやキッシュにしてしまうと、メイン料理を充分に楽しむことが出来なくなってしまいます。

この場合は、マリネやサラダ、カルパッチョなどさっぱりいただける前菜がベストです。

フレンチは目でも楽しむ料理

そのため、一品ごとお皿に盛り付けて出すと、よりおもてなし感も出て喜ばれます。

自宅で簡単にできるフレンチにおすすめな前菜レシピを紹介

ボイルエビと野菜のサラダ

見た目も華やかで食べるのがもったいないくらいのフレンチはお店で食べるというイメージが大きく、家で作るなんて無理と思う人もいるかもしれませんが、レシピ次第では簡単な作り方で、見栄えも良い料理を作ることは可能です。

中でもおすすめは「エビ」を使った前菜です。
ボイルされたエビは、紅白の色が華やかでおもてなしにはぴったりの食材です。味も淡白なので、様々な料理に合うというのもポイントです。

その中でも、レタスなどの葉野菜や、アボカドと合わせたサラダにすれば、緑と赤が食卓に彩りを添えてくれます。

容器をカクテルグラスなど凝ったものにすることで、見た目も一層華やかになります。

フレンチはソースが重要な役割を持つ料理

最後に、ソースを回しかければ、素敵な前菜が一品、あっという間に完成します。

おうちフレンチの前菜を華やかにする簡単テクニック

フレンチはお皿がキャンパス。見せ方を工夫しよう

せっかくのおもてなし料理も、お皿に雑に盛り付けられていたら、いくらおいしかったとしても味は半減してしまいます。

普段の食事ならまだ良いですが、おもてなしは相手に楽しい時間を美味しい食事をしてもらうことが目的なので、盛り付けもおもてなし料理の一部であり、フレンチでは重要なことです。

よく、フレンチはアートのようだと言われますよね。

お皿をキャンパスに見立て、料理を絵画のように盛り付けることで、1枚のアートが完成します。

そのため、料理を入れるお皿も、入れる料理の色合いや盛り付けによって最適の物を選ぶ必要があります。

形も丸いだけではなく、四角や長方形、素材もガラスや陶器など様々な組み合わせで料理の見え方はまるで違うものになります。

盛り付けの基本は立体感

サラダなどは平べったく均一に盛り付けるより、立体感を出すように高さを意識して盛り付けることで、より美味しそうに見せることが出来ます。

簡単アレンジでいつもの料理もフレンチに変身させることもできる

いつもよりひと手間かけてフレンチ料理に

特別な日などに、フレンチのお店でフルコースを食べたことがあるという人もいるでしょう。

本格的なフランス料理のフルコースと言えば、前菜から始まり、メインの肉や魚料理、デザートなど時間を置きながら、一品ずつ出されるというスタイルが思い浮かびます。

ひと皿ごとに、調理された食材がアートのように盛り付けされていて、食べるのがもったいないほどですよね。

フレンチの高級食材である、フォアグラや、キャビア、黒トリュフなどは買いに行くスーパーでも手に入りにくく、ましてや高級品なので、普段から家で食べているという人は一部のセレブと呼ばれるような人くらいでしょう。

でも、普段食べているものを使ってフレンチっぽく見せることが出来ます。

ポイントは”盛り付け”と”ソース”

例えば、コーンポタージュなら、器をいつものお椀から平たいスープ皿に変え、上から黒胡椒をかけたり、パセリを散らすだけで、高級店で出るようなスープ料理に変身します。

ステーキも、小さめに切り、ボイルや揚げたしたアスパラやナス、れんこんなどを添え、お皿の余白にソースを添えるだけで、全く別物の肉料理になります。

少し手を加えることで、見た目も華やかになり、味が美味しくなるような気がするのは、料理の見た目が味に影響しているということを裏付けているのではないでしょうか。

ゲストと一緒に自宅フレンチを楽しむのが大切

ホームパーティーの醍醐味は料理と会話を楽しむこと

家にゲストを招いておもてなしをする場合、作った料理は美味しいうちに味わってほしいというのがホストの願いでもありますが、ゲスト側からすると、お店に料理を食べに来ているのではなく、ホストとの会話を楽しみたいと思っている人がほとんどです。

自分が友人のホームパーティーに招かれたとして、色々話して楽しみたいと思っていたのに、ホストは料理の準備に忙しく、キッチンにこもりっきりだったら、ちょっとがっかりしませんか?

自分がホストとしてゲストを家に招く時は、料理だけではなく、場を雰囲気を作るということも忘れてはいけない要素です。

フレンチ料理を作るのは、準備に時間がかかるものも多いですが、可能な限り、準備を前もってしておけるものは準備をしておき、お客さんが来たら料理を出すだけの状態にしておき、料理と会話を楽しむのが理想的です。