キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

ナスとトマトを使った簡単マリネレシピ。あと1品のお助けレシピ

ナスとトマトがたくさんある時には、さっぱりと食べられるマリネもおすすめです。
そこで、ナスとトマトを使った、簡単マリネレシピをご紹介します。
マリネはちょっとした副菜にもなり、暑くて食欲のない時でも、食べやすいメニューです。食卓にあと1品欲しい、という時にもぴったりな簡単レシピ。もう少し野菜が欲しいという時の献立にもいかがですか?

関連のおすすめ記事

茄子とズッキーニを使った料理について知りたい

茄子とズッキーニは、美味しい夏野菜として人気の食材です。 その2つを入れた料理を作ろうと思ったら、...

豚ひき肉で作るハンバーグ!煮込みハンバーグを手軽に作る方法

子供が大好きな豚ひき肉のハンバーグ、いつもと少し見た目を変えて煮込みにしようかと思うときがあります。...

フレンチの前菜を簡単に自宅でおもてなしするポイントを紹介

自宅でフレンチを楽しむなら前菜も簡単におもてなしするのが基本です。 では、ゲストを呼んで自宅でフレ...

ナスのチーズ焼きのレシピ、ケチャップ味にプラスしたい食材も

ナスが美味しい時期になると、必ずといっていいほど食べたくなるのがナスを使ったケチャップ味のチーズ焼き...

豚ひき肉を使った簡単美味しいジューシーハンバーグレシピ

ハンバーグのレシピというと、合いびき肉を使うレシピが多いと思いますが、豚ひき肉を使っても、ジューシー...

冷凍グラタンをアレンジすればいつも以上に美味しくできます

そのまま食べても美味しい冷凍グラタンですが、食べすぎて飽きてしまったときにはアレンジしてみてはいかが...

豚ひき肉とキャベツと玉ねぎを使って出来る料理

何か料理を作ろうと思った時に、豚ひき肉とキャベツと玉ねぎがあったら、それに食材をいくつか足すだけで色...

なすとじゃがいもを使ったグラタンの作り方について知りたい

なすとじゃがいもを使った美味しい料理はいくつかありますが、中でもグラタンは、見た目も味もボリューム満...

ナスとトマト缶にひき肉を合わせた晩ごはんに食べたいレシピ

冷蔵庫にナスとひき肉、ストックのトマト缶があれば、まず思い浮かぶレシピはスパゲッティです。しかし、こ...

人気の焼きトマトレシピ特集! チーズを使っていろいろ作ろう

生のトマトが苦手な子どもにおすすめな「焼きトマト」。しかし、どんなメニューを作ればいいのか悩んでしま...

ナスとチーズをケチャップで味付け!子供が大好きなナス料理

ナスが美味しい季節になると、シンプルな煮浸しや焼きナスが食べたくなりますよね。 でも子供は、そ...

BBQのチーズフォンデュにおすすめな具材をご紹介

BBQをする時に人気なメニューのひとつがチーズフォンデュです。 慣れている人は、自分の好きな具材を...

【小鉢のレシピ】洋風料理にあう副菜と副菜を作るコツとポイント

毎日の料理の献立を考えるのは意外と大変ですよね。メインの主菜はすぐに決まっても小鉢に盛る副菜が決まら...

フレンチに出てくる前菜!きれいなゼリー料理の正体について

フレンチの前菜にゼリーのような料理が出されることがありますよね。味もよく見た目もきれい!家でも作って...

簡単にピザが作れる!フライパンで焼くピザの作り方を紹介

デリバリーのピザも美味しいですが、お家で簡単にピザが作れたら嬉しいですよね。子供も大好きなピザをフラ...

ナスとトマトで作る電子レンジを使った簡単マリネレシピ

ナスのマリネを作るとき、ナスは加熱してからマリネ液に漬けますが、夏の熱い時期なら火を使った調理はしたくないですよね。ナスを電子レンジで加熱すると、火も使わない上に簡単に出来上がります。
夏野菜の代表でもあるナスとトマトを使ったマリネを、電子レンジで作ってみましょう。

ナス2本にトマト2個を用意してください。

ナス

洗ってからヘタを切り落とし、食べやすい大きさに切ります。一口大の乱切りが良いでしょう。

水に10分ほどつけてアク抜きをしたら、電子レンジで加熱して柔らかくします。600Wの電子レンジで3分半を目安に、加熱具合を確かめてください。

トマト

くし形に切ります。

マリネ液を用意

酢50ml、砂糖大さじ2杯半、醤油大さじ2杯弱を加えて良く混ぜてください。ここで、お好みで豆板醤を少し加えても美味しいですよ。

マリネ液の中に加熱したナスとトマトを漬け込みます。冷蔵庫に入れて冷やしたら出来上がりです。
玉ねぎのスライスや加熱したかぼちゃを加えても美味しいですよ。

ガーリックの風味が美味しいナスとトマトのマリネレシピ

暑い日が続くと食欲が落ちてしまいがちですが、さっぱりとしたマリネなら食べられたりもしますよね。そんなマリネもニンニクを効かせて食欲の増す1品に仕上げてみましょう。

ナス2本は洗ってヘタを切り落とし、幅1センチの輪切りにしてください。水につけてアク抜きをしたら、熱湯に入れてサッと茹でておきます。ザルにあげて冷ましてください。または電子レンジで加熱しても良いですよ。
トマトは1センチの角切りにします。ニンニクはみじん切りにしてください。

マリネ液の材料を混ぜます。オリーブオイル大さじ2、酢大さじ2、砂糖大さじ、みじん切りにしたニンニク、塩こしょうをよく混ぜてください。オレガノやバジルといったハーブを加えるのもおすすめです。

マリネ液の中に切ったナスとトマトを加えてひと混ぜし、冷蔵庫で冷やします。マリネ液が馴染んだら完成です。刻んだパセリを散らして盛り付けてくださいね。

トマトと焼きナスの梅風味マリネレシピ

マリネに梅干しを加えて梅風味の和風マリネもおすすめです。ここでは生のナスから調理しますが、残った焼き茄子があればそれを使っても良いですよ。

ナス2本を使った場合の作り方です。ナスはヘタを切り落とし、食べやすい大きさの乱切りにいます。水にさらしてアク抜きをしておきます。
トマトはくし型に切り、大葉は千切りにするか細かく刻んでおきます。

  1. ごま油でナスを焼いてください。
  2. ナスが柔らかくなったところで、トマトも加えてサッと炒めます。
  3. ここへ酢大さじ2、砂糖大さじ1、梅干しと大葉を加えて混ぜたら火を止めます。
  4. 焼き茄子で作るときは、マリネ液を作っておき、そこに焼きなすとトマトを漬け込んでください。

容器に移し、冷めてから冷蔵庫に入れてください。食べる前に鰹節を乗せると美味しいですよ。

新鮮で美味しいナスの選び方

旬のナスはみずみずしくて味も格別ですが、新鮮なナスの見分け方はご存知ですか。収穫したての新鮮なナスを選ぶと、いつもの料理も更に美味しく作ることができますよね。

ナスの色

日差しをしっかりとあびて良く育ったナスは、皮にハリがあり、ツヤのある黒っぽい色をしています。ナスは水分を多く含んでいる野菜なので、収穫から時間がたつとともに中に水分が抜けていき、身にハリがなくなり皮がしぼんだようになってきます。

手に取ったときにずっしりとした重みがあり、皮にハリがあるナスを選んでください。

ナスのトゲ

ナスのヘタには小さな鋭いトゲがあります。このトゲは収穫から時間がたつと見えなくなってしまいますので、ヘタにトゲがあるかどうかも新鮮なナスの見分け方のポイントになります。ナスのヘタのトゲは小さいですが、むやみに触ると指にささりますので気をつけてくださいね。私もこのトゲが指にささったことがあるのですが、チクチクと傷み、あまりに小さいので抜くのが大変でした。

ナスの皮が茶色くなっていたり、ハリがなくしぼんでいるものは収穫してからかなり時間がたってしまっているナスです。そのようなナスは中も黒ずんでいる場合がありますので、選ばないように気をつけてくださいね。

トマトは冷凍保存しておくと便利

トマトも夏にとても美味しくなる野菜のひとつです。新鮮なトマトがたくさんあるときや、食べきれずに残ってしまいそうなときは冷凍保存するのがおすすめです。冷凍したトマトは解凍しないでそのまま料理に使うこともできるので、忙しいときにはとても助かります。

まるごと冷凍、または切ってから冷凍する

まるごと冷凍する場合は、トマトをきれいに洗ってからヘタを取り除き、水分をしっかりと拭き取ってください。1こずつラップで丁寧にくるんだら、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫に入れます。このとき、ヘタの部分を下にして入れてください。

まるごと冷凍したトマトは、熱湯につけなくても皮を剥くことができます。解凍して熱湯にくぐらせるという面倒な手間を省くことができるのも嬉しいですよね。

トマトをカットしてから冷凍するときは、ラップの上に薄く平らにのせたら、しっかりとラップで包みます。厚みを出さないことで冷凍を早めることができますし、料理に使いたいときは必要な分のところでパキッと割ることができます。解凍しないで凍ったまま料理に使うことができます。

夏野菜のナスとトマトはさっぱりとしたマリネがおすすめです。時間があるときに作って冷蔵庫に入れておき、夏の定番の作り置きおかずにしてくださいね。