キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

鍋にはキャベツと白菜どちらが合う?作る鍋によく合う野菜

寒い季節になると鍋が恋しくなります。鍋は冷蔵庫に残っている材料を一掃できるのも、嬉しい点ですよね。

そこでここでは鍋に向いている野菜について、キャベツは白菜の代用になるのか?キャベツや白菜によく合う鍋の種類についてもご紹介をいたします。

またどちらを使用したら良いのか、迷った時の選び方についても紹介をしていますので、鍋を作る際に役立ててください。

関連のおすすめ記事

鍋にあう魚の種類は?季節ごとの旬な魚と鍋料理についてご紹介

鍋というと冬を連想してしまいますが、魚をメインにした鍋料理なら、その魚が美味しい旬の時期に食べるのが...

鍋は肉のタイミングで美味しさアップ!ベストなタイミングを紹介

鍋に肉を入れるタイミングに悩んだことはありませんか? どうせなら美味しく鍋が食べたい、せっかくの良...

鍋のスープに塩麹を使う時のポイントや、レシピについて知りたい

鍋をする時に一番のポイントとなるのがスープです。 さまざまなものがスープに使われますが、この記事で...

鍋の残り汁をカレーにリメイク!あえて残してカレーを楽しもう

鍋の残り汁が余ったら、カレーにリメイクしてみてはいかがでしょうか。 雑炊や麺類が定番かもしれません...

カレー鍋に入れる具材の中で人気のものは何か

カレー鍋は、冬だけではなく、暑い夏にも美味しく食べられる人気の鍋のひとつです。 その中に入れる具材...

夕ご飯におすすめなレシピを紹介!冬にぴったりなあったか料理

寒い時期に食べたくなるのは体を温めてくれる料理ですよね。しかし、毎日の夕ご飯ともなると献立を考えるの...

カレー鍋の人気のレシピ。カレー粉や入れる材料やおすすめレシピ

カレーが好きな人、鍋が好きな人はたくさんいますが、2つを合わせたカレー鍋もおすすめです。 今回は、...

鍋の材料に定番の人気の具材!鍋パーティーで揃えるべき食材

鍋に使う材料は、各家庭によりさまざまだと思います。また、育った地域によっても違いがあるかもしれません...

冬に食べたい料理の定番についてご紹介いたします

日本は季節によって気温や湿度が変わりますので、それぞれの季節で食べたいものも変わるのはごく自然な...

鍋の残り汁で雑炊を作る時のポイント!ひと手間加えてプロの味に

鍋のシメといえば、残り汁を使った雑炊ではないでしょうか。 うま味が凝縮された残り汁で作った雑炊は、...

鍋に魚を入れる前の下処理が大切!臭みを残さない魚の下処理方法

鍋料理は野菜もしっかり取れて栄養満点。残り汁で作る雑炊も美味しいものです。 魚を使った鍋も美味しい...

鍋に野菜を入れるなら栄養満点の鍋に最適な野菜がおすすめ

鍋は調理が簡単な上に手軽に野菜もとれる、栄養満点の料理ですが、いつもご家庭ではどんな鍋をしてどんな野...

豚バラやベーコンの鍋や重ね煮には白菜がおすすめ

寒い季節には温かい鍋は最高のごちそうですよね?
調理も楽なので、頻繁に作るというご家庭も多いと思います。さて、お鍋の材料といえば、お肉や魚の他に野菜やきのこを加えますよね?

鍋野菜の代表と言えば、白菜です。

スーパーなどのお店では、寒くなってくると必ず並ぶようになりますよね。

白菜を鍋の主役にするなら、おすすめはミルフィーユ鍋です。

ミルフィーユ鍋は白菜と豚肉を交互に重ねたものを蒸し煮する料理です。

白菜と豚肉を交互に重ねたものを鍋に詰めると、スイーツのミルフィーユに似ていることからそう呼ばれるようになったのでしょう。
ミルは「千枚」、フィーユは「葉」を意味するフランス語で、たくさんの葉が重なり合った様子がパイの層に似ていることから名付けられたスイーツです。

豚肉を使う時には、鶏ガラスープの素で味付けするのが手軽でおすすめですが、豚肉の代わりにベーコンを使ってコンソメで味付けしたり、人参やきのこなどを一緒にサンドするのもおすすめです。お肉から出た出汁をたっぷりと吸った甘みのある白菜を、堪能してくださいね。

水炊きの鍋を作るなら白菜よりキャベツが美味しい

鍋野菜といえば白菜が定番ではなう、あえてキャベツを使うこともありますよね?

白菜の代用として使う場合もありますが、あえて始めからキャベツを用意して作って欲しい鍋と言えば、水炊きです。

水炊きは鶏の旨味を味わうとてもシンプルで繊細な料理です。

白菜は水分が多いので煮るとクタクタになって、スープも薄まってしまり水っぽくなってしまいますよね。
それではせっかくの出汁も残念なことに。

その点キャベツだと、煮るので柔らかくなりますが歯ごたえは残り、水っぽくなることもないで水炊きにはピッタリの野菜なのです。

他にも、きのこ類や人参、ネギなどもおいしいですよ。
しらたきなどを入れる方もいらっしゃいますが、スープが薄くなることを考えると乾燥しているタイプがおすすめですよ。

キャベツと白菜の栄養素を比べてみる

キャベツと白菜のレシピは、意外と煮ていますよね。
鍋もそうでうですが、炒め物や餃子など、どちらを使うとよいのか迷うことが多いです。
キャベツと白菜どっちを選ぶべきか悩んだ時には、栄養素で比べてみるのも良いでしょう。

キャベツの栄養素として代用的なのは、食物繊維ではないでしょうか。
たくさん食べたらスッキリしたという友人もいましたが、キャベツに食物繊維が豊富という話はよく耳にしますよね。

また、キャベツにはキャベジンと呼ばれる整腸作用のある成分も含まれています。
整腸剤の名前にも使われているので、聞いたことのある栄養素でしょう。
これは白菜にはない栄養素です。

また、キャベツにはビタミンCも意外と多く含まれていて、白菜の倍くらい多いのです。

白菜がキャベツよりも多い栄養素はカロテンやカリウムで、細かく見ていくと他にもいくつかありますが、どれも突出しているわけではありません。

ですから、総合的に見るとやはり白菜にはない栄養素を持つキャベツの方が栄養素的には勝っているイメージがあります。
栄養素の豊富さで選ぶなら、キャベツをおすすめします。

とはいえ、味で比べるとどちらも引けを取らないくらいに美味しく、幅広い料理に使える野菜なのは言うまでもありません。

鍋にキャベツと白菜、どちらを入れるか迷った場合は

お鍋を作るときに、キャベツにするか、白菜にするか迷った時には、何を基準に選んでいますか?
おすすめは、煮込んだときのそれぞれの特徴で選ぶことです。

味の濃い鍋の場合や素材の味を楽しむ鍋ならキャベツ、出汁のしみた具材を楽しむ鍋なら白菜がおすすめ

白菜はたくさんの水分を含んでいますが、鍋つゆで煮るとその水分が出る代わりに鍋つゆをしっかり吸い込みます。
そのため、クタクタの白菜は鍋つゆの味がしっかりと染み込んだ、美味しい具材となりますよね?
クタクタ白菜の人気はここにあります。

その点キャベツは、煮込んでもそれほど鍋つゆに染まってくれません。
自己主張が強く、煮込んでも自身の味をしっかり保ち、歯ごたえもある程度残します。
ですから、濃い味の鍋つゆでも負けることがなく、美味しく頂くことができるのです。

それぞれの特徴を理解すると、作る鍋に合わせて最適な野菜を選ぶことが出来ますね。

鍋にキャベツと白菜両方入れて楽しむのもあり

お鍋を作る時には、レシピに合わせてキャベツもしくは白菜のどちらかだけを使うことが多いと思います。
しかし、これまでご紹介したように、キャベツにはキャベツの、白菜には白菜の、それぞれ違った良さがあります。

それぞれの野菜に合わせて調理するのがベストと言いたいところですが、美味しいお出汁を吸った白菜もシャキシャキ歯ごたえのキャベツも捨てがたいですよね。

個人的にはキャベツも白菜も両方使った良いとこ取りな欲張り鍋がおすすめです。

白菜とキャベツ両方を使ってお鍋を作ると時のポイントは白菜重視で考えることです。
お出汁を楽しめるシンプルな味付けにして、白菜から出る水分を考えて少し濃い目の塩加減にしておくと良いでしょう。

シンプルな和風だしの鍋も合いますが、一番おすすめしたいのは豆乳鍋です。
豆乳のコクとにんにく風味の汁を吸った白菜は美味ですし、トッピングに辛めのひき肉などを添えるとシャキシャキなキャベツとの相性が抜群です。
食感も味もバラエティに富んで最後まで飽きることなく食べることが出来ますよ。