キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

冬に食べたい料理の定番についてご紹介いたします

日本は季節によって気温や湿度が変わりますので、それぞれの季節で食べたいものも変わるのはごく自然なことだと言えます。
なかでも冬に食べたくなる料理の定番といったら、どんなものがあるのでしょうか。
ここでは、冬に食べたい定番料理についてご紹介しますので、冬に食べるものに迷う方などは是非参考にしてみてください。

関連のおすすめ記事

鍋の残り汁で雑炊を作る時のポイント!ひと手間加えてプロの味に

鍋のシメといえば、残り汁を使った雑炊ではないでしょうか。 うま味が凝縮された残り汁で作った雑炊は、...

鍋の残り汁をカレーにリメイク!あえて残してカレーを楽しもう

鍋の残り汁が余ったら、カレーにリメイクしてみてはいかがでしょうか。 雑炊や麺類が定番かもしれません...

鍋に魚を入れる前の下処理が大切!臭みを残さない魚の下処理方法

鍋料理は野菜もしっかり取れて栄養満点。残り汁で作る雑炊も美味しいものです。 魚を使った鍋も美味しい...

鍋は肉のタイミングで美味しさアップ!ベストなタイミングを紹介

鍋に肉を入れるタイミングに悩んだことはありませんか? どうせなら美味しく鍋が食べたい、せっかくの良...

カレー鍋に入れる具材の中で人気のものは何か

カレー鍋は、冬だけではなく、暑い夏にも美味しく食べられる人気の鍋のひとつです。 その中に入れる具材...

鍋の材料に定番の人気の具材!鍋パーティーで揃えるべき食材

鍋に使う材料は、各家庭によりさまざまだと思います。また、育った地域によっても違いがあるかもしれません...

鍋にあう魚の種類は?季節ごとの旬な魚と鍋料理についてご紹介

鍋というと冬を連想してしまいますが、魚をメインにした鍋料理なら、その魚が美味しい旬の時期に食べるのが...

鍋に野菜を入れるなら栄養満点の鍋に最適な野菜がおすすめ

鍋は調理が簡単な上に手軽に野菜もとれる、栄養満点の料理ですが、いつもご家庭ではどんな鍋をしてどんな野...

カレー鍋の人気のレシピ。カレー粉や入れる材料やおすすめレシピ

カレーが好きな人、鍋が好きな人はたくさんいますが、2つを合わせたカレー鍋もおすすめです。 今回は、...

夕ご飯におすすめなレシピを紹介!冬にぴったりなあったか料理

寒い時期に食べたくなるのは体を温めてくれる料理ですよね。しかし、毎日の夕ご飯ともなると献立を考えるの...

鍋にはキャベツと白菜どちらが合う?作る鍋によく合う野菜

寒い季節になると鍋が恋しくなります。鍋は冷蔵庫に残っている材料を一掃できるのも、嬉しい点ですよね。 ...

鍋のスープに塩麹を使う時のポイントや、レシピについて知りたい

鍋をする時に一番のポイントとなるのがスープです。 さまざまなものがスープに使われますが、この記事で...

冬の料理の定番といえば、鍋料理

冬の料理の定番と言えば、やっぱり鍋料理です。家族や友達など、大人数でひとつの鍋を囲んでつつくのは楽しい時間ですし、体も温まります。いろいろな味や具材を楽しめるのも鍋の良い所で、シメも楽しみのひとつです。

大人数で食べるイメージがありますが、一人や少人数でも手軽に楽しめる鍋のスープ等も販売されていますし、野菜が多くヘルシーなイメージがあるので女性でも罪悪感なく食べやすいのも魅力です。

そんな鍋は、寄せ鍋やちゃんこ鍋、キムチ鍋、もつ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶが定番ですが、湯豆腐やすき焼きなども鍋料理のひとつです。

地域性のある鍋で言えば、きりたんぽが入った秋田のきりたんぽ鍋、鮭の入った北海道の石狩鍋や羊肉のジンギスカン、茨城のあんこう鍋、里芋が入った山形のイモ煮、高級食材のイメージがある山口県のふぐちりなどがあります。

少し変わり種だと、カレー味やトムヤムクン風の味、豆乳や牛乳が入ったスープを使ったり、大根おろしを入れてみぞれ鍋にしたり、とろろを入れた鍋もあります。

冬に食べたい定番の料理といったら、おでんも欠かせません

冬の定番料理と言えばおでんも欠かせません。おでんも鍋料理の一種といえますが、寒くなってくるとコンビニでもおでんが登場し、匂いや見た目に惹かれてしまう人も多いでしょう。優しい味と低カロリーの具材が多いのも嬉しいですよね。

でも、家でコトコト味が染みるまで煮込むのは少し大変です。手軽に楽しみたいならコンビニで変えますし、スーパーなどでも温めるだけで食べられるパックに入ったおでんも販売されています。

おでんの具は大根や卵、ちくわ、こんにゃく、はんぺん等が定番ですが、洋風の具材なら、ウインナーやロールキャベツ、トマトなどがあります。
専門店や地域によっては定番以外の具材も楽しめますし、専門店だと扱いの難しい豆腐なども楽しめます。

自宅で作る場合は、だしが濁ってしまうのが悩みという人も多いですが、透き通っただしをキープするには具材を入れる順番やタイミングと火加減がポイントです。

ぐつぐつ煮込んでしまうとスープが濁るだけでなく荷崩れの原因にもなります。ぐつぐつ言わない位の弱い火加減で、火の通りにくい具材から入れて煮込みます。練り物や油を使っている物も濁りの原因になるので後半に入れましょう。

冬の寒さを温めてくれる定番の料理なら、スープもおすすめ

寒い冬には温かい汁物が体を温めてくれる定番料理です。

味噌汁なら寒くなると豚汁が食べたくなったりしませんか?

具沢山のミネストローネやクラムチャウダー、シチューはそれだけでメイン料理としても成立します。

特にとろみの付いているシチューは寒くなると食べたくなる一皿ではないでしょうか。

シチューは市販のルーを使えば簡単に作れてしまうのも魅力的ですが、1度に4皿分程度出来るのでクリームシチューやブラウンシチューは残ってしまいやすいという人もいるでしょう。

我が家では、ホワイトシチューの翌日は茹でたマカロニとチーズでグラタン風にしたり、ご飯とチーズでドリア風にして雰囲気を変えて食べます。ブラウンシチューはオムライスや煮込みハンバーグのソースとして使ったり、スパゲッティーのソースにすることも出来ます。

寒い冬に食べたい、定番のあったか料理といったら

冬でも麺類は食べたくなりますよね。

冬の麺料理の定番と言えば、鍋焼きうどん

味が染み込んだ熱々のうどんは、普通のうどんとは違った魅力があり、冬に見かけると食べたくなる料理です。

家で鍋焼きうどん用の鍋を持っている人は少ないかもしれませんが、アルミ容器に入った一人前の鍋焼きうどんも売っているので、手軽に食べられます。

寒い時期に普通のラーメンやそば、うどんも美味しいですが、寒い日はあんかけがお勧めです。

スープにとろみがついて冷めにくくなるので、最後まで温かさが続きやすいです。

ラーメンの上にトッピングするもやしや野菜炒めを水溶き片栗粉であんかけにしたり、そばやうどんの出汁に水溶き片栗粉でとろみをつけるだけで簡単にあんかけに出来ます。

とろみのあるスープならカレーうどんもあんかけのようにとろみがあるスープで、温かさが続きやすいです。

冬食べたくなる定番といったら、あれも忘れてはいけません

個人的に寒くなり始めると急に恋しくなるのは、肉まんです。

テレビCMやコンビニの広告も見かける機会が増えて、肉まんの美味しい季節になったんだなぁとそれで季節を感じることもあります。

コンビニではその年によって内容が変わるので、コンビニのレジのところに肉まんを蒸すケースが登場すると、ついチェックしてしまう人も多いのではないでしょうか。

私は、「肉まんください」というか我慢するか、短いレジの間に葛藤することがよくあります。

肉まん、ピザまん、あんまんはもはや定番中の定番ですが、コンビニでは色々な味が出ています。ゲームやキャラクターとコラボした肉まんが出ることもあり、見た目も話題になります。

スイーツ系を出すこともあり、チョコやカスタードなどデザート感覚で食べることが出来る物もあります。

専門店の肉まんは少しお高いですが、大きくて具材がたっぷり詰まっていて美味しいだけでなく食べ応えも充分です。小腹が空いたときに食べると、お腹がいっぱいになりすぎてしまうこともあります。

肉まんはそのまま食べるのが基本ですが、ひと手間加えて食べることも出来ます。少し割って醤油を垂らしたり、からし醤油や酢醤油を付けて食べると風味がアップして感じます。スライパンで両面焼くと表面さくっと中が少しもちっとした生地に替わり、いつもと違う食感が味わえます。ゴマ油をひけば風味も増します。