キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

鍋に野菜を入れるなら栄養満点の鍋に最適な野菜がおすすめ

鍋は調理が簡単な上に手軽に野菜もとれる、栄養満点の料理ですが、いつもご家庭ではどんな鍋をしてどんな野菜を入れているでしょうか。
どうせ鍋をするなら、美味しく栄養がとれる鍋に!ということで、鍋に最適な野菜や鍋に野菜を入れる時のポイントについてご紹介したいと思います。
鍋でよく使う白菜も切り方を変えるだけで、より味が染みやすく食感もよくなります。おすすめです。

関連のおすすめ記事

鍋は肉のタイミングで美味しさアップ!ベストなタイミングを紹介

鍋に肉を入れるタイミングに悩んだことはありませんか? どうせなら美味しく鍋が食べたい、せっかくの良...

鍋のスープに塩麹を使う時のポイントや、レシピについて知りたい

鍋をする時に一番のポイントとなるのがスープです。 さまざまなものがスープに使われますが、この記事で...

鍋の材料に定番の人気の具材!鍋パーティーで揃えるべき食材

鍋に使う材料は、各家庭によりさまざまだと思います。また、育った地域によっても違いがあるかもしれません...

カレー鍋に入れる具材の中で人気のものは何か

カレー鍋は、冬だけではなく、暑い夏にも美味しく食べられる人気の鍋のひとつです。 その中に入れる具材...

鍋の残り汁をカレーにリメイク!あえて残してカレーを楽しもう

鍋の残り汁が余ったら、カレーにリメイクしてみてはいかがでしょうか。 雑炊や麺類が定番かもしれません...

鍋にはキャベツと白菜どちらが合う?作る鍋によく合う野菜

寒い季節になると鍋が恋しくなります。鍋は冷蔵庫に残っている材料を一掃できるのも、嬉しい点ですよね。 ...

冬に食べたい料理の定番についてご紹介いたします

日本は季節によって気温や湿度が変わりますので、それぞれの季節で食べたいものも変わるのはごく自然な...

鍋の残り汁で雑炊を作る時のポイント!ひと手間加えてプロの味に

鍋のシメといえば、残り汁を使った雑炊ではないでしょうか。 うま味が凝縮された残り汁で作った雑炊は、...

鍋にあう魚の種類は?季節ごとの旬な魚と鍋料理についてご紹介

鍋というと冬を連想してしまいますが、魚をメインにした鍋料理なら、その魚が美味しい旬の時期に食べるのが...

カレー鍋の人気のレシピ。カレー粉や入れる材料やおすすめレシピ

カレーが好きな人、鍋が好きな人はたくさんいますが、2つを合わせたカレー鍋もおすすめです。 今回は、...

夕ご飯におすすめなレシピを紹介!冬にぴったりなあったか料理

寒い時期に食べたくなるのは体を温めてくれる料理ですよね。しかし、毎日の夕ご飯ともなると献立を考えるの...

鍋に魚を入れる前の下処理が大切!臭みを残さない魚の下処理方法

鍋料理は野菜もしっかり取れて栄養満点。残り汁で作る雑炊も美味しいものです。 魚を使った鍋も美味しい...

手軽に作れる鍋は、野菜がたっぷりとれる栄養満点の料理

私は、簡単、時短で作れる料理とは?と聞かれると真っ先に思いつくのが鍋料理です。たくさんの野菜を食べれることはもちろんですが、特に寒い時期は身体が温まりますよね。ダシが残っていたら、翌日は雑炊にしても食べることができるので、食べ方を工夫することで、より一層美味しく食べることのできる料理ですよね。

鍋に入れる主役の野菜達には、たくさんの栄養と身体にもたらす効能があります。

疲れた時にこそ、たっぷりと栄養をとって免疫力を上げたいものです。

野菜は生ではたくさん食べることが、なかなかできませんよね。

しかし、鍋料理だと野菜に味が染み込むことで、さらに美味しくなるものがたくさんあり、たくさんの量を食べることができます。

鍋料理の野菜の定番と言えば、白菜、キャベツ、ネギ、しめじ、しいたけ、えのき、しゅんぎく、人参など、まだまだたくさんありますが、こうして書き出すときのこ類が多いですよね。

きのこ類の栄養素にはたくさんの食物繊維が含まれていて、カロリーも低いのでたくさん食べることができて栄養も満点で嬉しいですよね。

鍋にどんな野菜を入れるべき?加熱しても栄養がとれる野菜と加熱することでより栄養がとれる野菜

鍋料理なら、どんな野菜でも合うのでは?と思ってしまいがちですが、実は加熱しても栄養がとれる野菜と加熱することでより栄養がとれる野菜があるのです。

どんな野菜なのか気になりますよね。

  • 熱を加えると良い野菜には、にんじんやブロッコリーです。
    その他にもまだまだありますが、にんじんやブロッコリーは熱を加えても栄養素が失われないと言われています。
  • 加熱することでより栄養がとれる野菜はキノコ類とトマトです。

その理由は、簡単に説明するとキノコ類は免疫力を上げてくれる効果があり、トマトは熱を加えることで、リコピンを体の中に取り入れることができます。

キノコ類とトマトは熱を加えることで、身体にとって、たくさんの栄養効果をもたらす栄養がたくさん含まれている野菜なのです。

鍋の種類別、栄養を考えた時にプラスαで加えたい野菜

栄養をたくさん摂ることのできる野菜鍋を食べる場合には、どんな鍋にすれば良いのでしょうか。

たくさんの野菜を食べることができ、尚且、栄養を摂取したい時におすすめなのが「ちゃんこ鍋」です。

ちゃんこ鍋と言えば、たくさんの野菜がふんだんに入っていますよね。
いつもの鍋の野菜の他に、更に栄養価を高めたいのであれば、鮭やしいたけなどをプラスαで加えることで、丈夫な骨をつくる働きのあるビタミンDを摂取することができます。

また、野菜の他にも、プラスαでうどんやおもちなども入れてみてはいかがでしょうか。
締めのだしで食べるうどんは、格別に美味しいですよね。

また、雑炊にしても美味しく食べることができます。

栄養価も大切ですが、自分の好きな一品を食材をプラスαしてみるのも良いでしょう。

どうせ鍋をするなら、ひと手間加えて、さらに美味しく栄養がとれる鍋で食べたいものですよね。

いつもの鍋がさらに美味しくなる、鍋に野菜を入れる時のポイント

簡単に作ることのできる鍋料理ですが、野菜を鍋に入れる時にはどのような手順で入れているでしょうか?切り方も入れ方も、思うまま適当に…という方もいるかと思います。しかし、入れ方を工夫するだけでいつもの鍋がさらに美味しくなる、鍋に野菜を入れる時のポイントがあるのです。

入れ方を工夫し、いつもの鍋をさらに美味しくする作り方

  1. 鍋のダシによって選ぶ野菜を決めることが大切なポイントです。
  2. 火の通りにくい固い野菜は下茹でをしておきましょう。
  3. 野菜を切る時に大きさを揃えて切りましょう。
  4. 味が染み込むまで時間のかかるものから鍋に入れましょう。
  5. 最後に下茹でをした野菜を入れましょう。
特にアクの出る野菜は下茹でしておき、アクを取り除いておきましょう。これだけのことをしておくだけでも、いつもの鍋がさらに美味しくなりますので、是非試してみてください。

鍋でよく使う野菜の一つ白菜は、3通りの切り方でより美味しくなる

鍋料理に欠かせない野菜と言えば、定番中の定番「白菜」ですが、切り方によって美味しさが変わり、3通りの切り方でより美味しくなるのを知っていますか?

白菜には固い部分があったり、柔らかい部分がある野菜なので、切り方に少し手間を加えることで、さらに美味しく食べることできる野菜なのです。

鍋料理に白菜を入れる時の切り方

  • 白菜の白い固い部分をそぎ切り
  • 表側の葉と裏側の白い芯の部分を千切り
  • 裏側の白い葉はざく切り

この3つの方法で白菜を切り分けておき、上からの順番に鍋に入れていきましょう。

※上記の2つ目までは軽くレンジで温めて、芯の部分を柔らかくしておきましょう。

ひとつの白菜を3つに切り分けることで、味のしみ方や食感を楽しむながら味合うことができます。白菜は水分がたくさん出る野菜なので、鍋に入れる際にはしっかりと水分を切っておきましょう。そうすることで鍋のダシを吸収してくれるので、たっぷり水分が染み込み、さらに美味しくなりますよ。