キーワード
  1. 洋食
  2. 和食
  3. マナー
  4. 弁当
  5. 裏技

鍋の材料に定番の人気の具材!鍋パーティーで揃えるべき食材

鍋に使う材料は、各家庭によりさまざまだと思います。また、育った地域によっても違いがあるかもしれません。
ホームパーティーなどでも人気の鍋ですが、その場合には、好き嫌いの比較的少ない定番の材料を使うのがおすすめです。
そこで、鍋に入れたい定番の材料をご紹介します。材料を購入するときには、まずは定番のものを準備しましょう。
また、お子様がいる場合には、お子様受けの良い具材もプラスしたいものです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕ご飯におすすめなレシピを紹介!冬にぴったりなあったか料理

寒い時期に食べたくなるのは体を温めてくれる料理ですよね。しかし、毎日の夕ご飯ともなると献立を考えるの...

鍋にはキャベツと白菜どちらが合う?作る鍋によく合う野菜

寒い季節になると鍋が恋しくなります。鍋は冷蔵庫に残っている材料を一掃できるのも、嬉しい点ですよね。 ...

鍋にあう魚の種類は?季節ごとの旬な魚と鍋料理についてご紹介

鍋というと冬を連想してしまいますが、魚をメインにした鍋料理なら、その魚が美味しい旬の時期に食べるのが...

鍋に野菜を入れるなら栄養満点の鍋に最適な野菜がおすすめ

鍋は調理が簡単な上に手軽に野菜もとれる、栄養満点の料理ですが、いつもご家庭ではどんな鍋をしてどんな野...

鍋は肉のタイミングで美味しさアップ!ベストなタイミングを紹介

鍋に肉を入れるタイミングに悩んだことはありませんか? どうせなら美味しく鍋が食べたい、せっかくの良...

カレー鍋の人気のレシピ。カレー粉や入れる材料やおすすめレシピ

カレーが好きな人、鍋が好きな人はたくさんいますが、2つを合わせたカレー鍋もおすすめです。 今回は、...

鍋の残り汁で雑炊を作る時のポイント!ひと手間加えてプロの味に

鍋のシメといえば、残り汁を使った雑炊ではないでしょうか。 うま味が凝縮された残り汁で作った雑炊は、...

鍋のスープに塩麹を使う時のポイントや、レシピについて知りたい

鍋をする時に一番のポイントとなるのがスープです。 さまざまなものがスープに使われますが、この記事で...

冬に食べたい料理の定番についてご紹介いたします

日本は季節によって気温や湿度が変わりますので、それぞれの季節で食べたいものも変わるのはごく自然な...

カレー鍋に入れる具材の中で人気のものは何か

カレー鍋は、冬だけではなく、暑い夏にも美味しく食べられる人気の鍋のひとつです。 その中に入れる具材...

鍋の残り汁をカレーにリメイク!あえて残してカレーを楽しもう

鍋の残り汁が余ったら、カレーにリメイクしてみてはいかがでしょうか。 雑炊や麺類が定番かもしれません...

鍋に魚を入れる前の下処理が大切!臭みを残さない魚の下処理方法

鍋料理は野菜もしっかり取れて栄養満点。残り汁で作る雑炊も美味しいものです。 魚を使った鍋も美味しい...

スポンサーリンク

鍋の材料の定番、白菜は欠かせない野菜

鍋の定番野菜、白菜が鍋料理に合う理由

肌寒くなって来た頃、土鍋を引っ張り出して鍋料理を作るという家庭は多いのではないでしょうか。

鍋料理は、具材をたっぷり食べられますし、油を使わないためヘルシーなど、嬉しいことがたくさん詰まった料理で、冬の料理の定番です。

具材を変えたり、スープの味を変えることで、同じ鍋料理でありながら、まったく違う味わいが楽しめるということも、鍋料理の醍醐味ですよね。

鍋に入れる具材として、定番の野菜と言えば、冬野菜の”白菜”です。

シャキシャキとした歯ごたえや、ほんのりとした甘みも感じられる白菜は、クセがないため、様々な味付けにマッチする、まさに鍋料理には最適の野菜です。

白菜は、緑色の葉っぱの部分と、白い芯の部分で食感や味が違うということも、同じ野菜なのに2通りの味が楽しめるようで、面白いですよね。

鍋料理に白菜を入れることで、たっぷりの量を美味しく食べられるので、野菜不足で悩んでいる人にとっては鍋料理は理想的な食事と言えるでしょう。

白菜は、水に溶けやすい性質を持っているので、白菜を煮込んだスープにも白菜の甘みが出て、スープを飲むことで白菜の栄養を摂ることが出来ます。そのため、白菜を使った鍋料理では、具材だけではなくスープも併せて飲むことがおすすめです。

鍋で煮込むことによって、柔らかくなり”かさ”が減る白菜は、鍋にたっぷり入れて、しっかり栄養を摂りたいですね。

鍋に多く登場する定番の具材

きのこや野菜を鍋料理でたっぷり摂取

鍋料理とひと言で言っても、寄せ鍋や湯豆腐、ちゃんこ鍋、火鍋、キムチ鍋…と種類は豊富にあります。それぞれの味付けで決まった具材はないので、好みの具材を入れられるというのも鍋料理が人気の理由ではないでしょうか。栄養バランスを考えると、野菜だけの鍋や肉だけの鍋はバランスが悪いので、野菜や肉、魚など、栄養が違う具材をバランスよく入れた鍋が理想的です。

中でも、きのこは鍋料理には定番とも言える具材です。

個人的には、”しめじ”がとにかく好きなので、鍋料理にしようと決めたら、2パックは入れてしまうくらいです。しめじを始めとするきのこは、煮込むことで、柔らかくなり、スープにきのこの出汁が出るなど、鍋料理にはもってこいの食材です。

きのこは、食物繊維やビタミンなど栄養価が高いのに、ヘルシーな食材ということで、女性には嬉しい食材のひとつ。

鍋に色々な種類のきのこを入れて、味わいを比べてみるのも良いですね。

鍋に入れたい定番の魚介の材料

どんな味付けにも合う”白身魚”は鍋料理の鉄板

鍋は、普段料理をあまりしない人でも、具材をスープで煮込むという簡単な作り方なので、失敗が少なく、チャレンジしやすい料理のひとつです。

私が20代の頃、一人暮らしをしていた友人の家に招待された時、その友人が手際よく冷凍庫にある物を使ってパッと作ってくれたのが”トマト鍋”でした。その友人は料理が得意というイメージがなかったので、失礼ながら恐る恐る口にしたのですが、あまりの美味しさにビックリ!それから、友人に影響されてトマト鍋を自分で作るようになったことは言うまでもありません。そのトマト鍋に入っていた具材には、ムール貝やタラの切り身などの魚介が入っていて、魚介の旨味がトマトと絶妙にマッチしていました。例えるなら、イタリア料理にある”ブイヤベース”のような味です。

魚介は、鍋料理の定番具材でもありますが、種類によっても味わいが違います。

特に、タラをはじめとする白身魚は、淡白な味なので、どんなスープにも合います。

一年中手に入りやすい鮭も、鍋料理にはぴったりの魚介です。

鮭は、北海道の郷土料理”ちゃんこ鍋”で使われるように、味噌などの主張の強い味付けにも負けない、個性がある魚です。

旬の魚を鍋に入れて、旬の味覚を楽しむこともできる鍋は、家族で分け合いながらワイワイ食べたいですね。

鍋で子供も大好きな材料は

鶏つみれは鍋スープの出汁にもなる

野菜や具材を普段よりたっぷり、かつヘルシーに食べられる鍋料理は、子供にもたっぷり食べてほしい料理ですよね。

普段、あまりご飯が進まない子供でも、子供の好きな鍋の具材にすることで、子供も喜んで食べてくれそうです。

子供が食べやすい具材で代表的な具材が”ウインナー”や”鶏のつみれ”です。

どちらもやわらかく、噛みやすいので、好きなお子さんも多いのではないでしょうか。

中でも、鶏肉のつみれを入れることで、鶏の出汁がスープに広がるので、優しい味付けになります。

私の5歳の子も、鍋は大好きなのですが、白菜や春菊などは食べてもなかなか噛み切れず、いつまでも口に残るのであまり口にしてくれなかったのですが、”レタス”に変えてみたところ、よく食べてくれるようになりました。

栄養バランスを考えつつ、子供が喜ぶ具材で鍋料理を作ってみるのもおすすめです。

鍋のシメの楽しみ方

白湯鍋ならラーメンでシメるのがおすすめ

鍋料理と言えば、最後に余ったスープで作るシメが楽しみという人もいるのではないでしょうか。

私は、まさにシメ派で、メインの鍋料理よりもシメを楽しみにしています。
そのため、鍋料理が好評でスープが残り少なくなってくると、シメの分のスープを先に取っておくという姑息な手段を使うほど。鍋の色々な具材から出た旨味たっぷりのスープで作るシメは、鍋料理ならではの楽しみですよね。余った鍋スープに白米、卵、ネギを入れるだけで、スープの旨味がたっぷり出た雑炊、鶏肉を出汁にした白湯スープなら、ラーメンの麺を入れることで、美味しいラーメンが簡単に出来ます。

また、変わり種のトマト鍋などは、パスタもよく合います。

スープがたっぷり余っていれば、スープパスタのようになり、チーズを加えることで、濃厚な味が楽しめますよ。